MI7 Japan|エムアイセブンジャパン
ニュース 製品情報 プロモーション ユーザーストーリー MI7楽割アカデミック・プログラム MI7 STORE MY PAGE
[ 学生注目!MI7新生活(音)楽割 | MI7グループ採用情報 | 教育機関/法人窓口 | お問い合わせ/ユーザー登録 ]       
KSdigital

KSdigitalは30年以上に渡り、ハイパフォーマンスなスタジオ・モニターの開発及び生産を行っています。電子音響や音響伝搬の分野、そして何より正確さとサウンドの中立性においてアナログ・テクノロジーに優るデジタル信号処理の分野における革新がKSdigitalの開発の拠りどころとなっており、現代の信号処理技術と長年に渡るスピーカーやコントローラー・スピーカーの製作、多数の放送局や劇場、ベルリンの国会議事堂などの複雑なサウンド・エンジニアリングの計画および実装の経験を結び付け、新世代の同軸モニターを誕生させました。

試聴可能ディーラー:宮地楽器神田店ロックオンカンパニー

COAXファミリーの開発コンセプト
COAXファミリーの開発にあたり、放射された音声信号が耳に到達する時間のずれをなくすことを考慮し続けました。インパルスが一切の遅延なく正確に再現されれば、再現されたインパルスと元のインパルスのリニア周波数と位相特性は一致します。KSdigitalの仕様に基づいて設計されたシャーシは、このような優れたインパルス・レスポンスを示します。アクティブ・フィルターのMOSFETテクノロジーを搭載したハイスピード・アンプは、サウンドの中立性の追求において他の追随を許しません。

アクティブ周波数クロスオーバー・ユニット
COAXファミリーには、周波数特性を補正するシステム・フィルター、2.5kHzでロー/ミッドレンジを振り分けてツイーターにつなぐ三次ベッセル・フィルター、超低周波の再現時にロー/ミッドレンジ・ドライバーの損傷から保護するチェビシェフ・フィルター、という3段階のフィルターが採用されています。ロー/ミッドレンジ・ドライバーの間に用意されたベッセル・フィルターには特別な役割があります。アナログ・ベッセル・フィルターを選択した理由は、クロスオーバー周波数帯全体に渡ってほぼ一定の遅延があるという特徴によります。これによって、フィルタリングされた信号の傾斜がクロスオーバー・ポイントで維持されます。このことは、点音源スピーカーにおけるサウンドの絶対的な中立性を追求するKSdigitalの理念を支えています。

ドライバー
COAXファミリーの同軸ドライバーは、点音源というコンセプトに最も貢献しています。同軸ドライバーによって、ユニット内で位相のずれを発生させずに全ての周波数を均一なレベルで放射でき、リスニング・ポイントによってサウンドが変化することはありません。ロー/ミッドレンジ・ドライバーのカーボン・ファイバー製振動膜も、点音源のコンセプトに一役買っています。カーボン・ファイバーは非常に硬質で軽量な素材なので、クリーンな低音と忠実なインパルスが再現されます。COAXファミリーのツイーターには、非常に軽量な織布によるドームが搭載されています。これらの素材はシステム内の共鳴を確実に抑え、ネオジウム磁石と共に極めて力強いインパルスと低音のトーンを生み出します。

出力ステージ
COAXファミリーの開発にあたっては、忠実なインパルスというコンセプトの他、出力ステージでの位相の正確な再現という点も重視しています。これらの出力ステージでは、新しいフィルターとドライバーの設計によってすでに実現されている高いレベルを保ったまま、高いインパルスのピークがクリーンに増幅され、追加のピーク・リミッターも、システム全体のオーバーロードを防いでいます。手作業でキャリブレートされた2つの出力ステージが、ハイブリッド・テクノロジーによって共に働きます。この高性能な出力ステージは、最適なインパルス伝送のために構築されています。100kHzの帯域幅があり、70W以上の高周波アンプはツイーターと、170W以上のロー/ミッドレンジ・アンプはロー/ミッドレンジ・ドライバーと連携して機能します。

KSdigitalのアクティブ2ウェイ同軸ニアフィールド・モニターでは、これらのテクノロジーを惜し気もなく投入し、開発および生産はドイツで行われおり高い耐久性/品質をも両立しています。


同軸モニターの優位点
COAXファミリーはニア・フィールド・モニターとして設計されているため、部屋による干渉は少なく、全体の音量は抑えられ、鮮明かつ正確に入力信号が再現されます。従来の2ウェイ・モニターでは、両方の音源(ロー/ミッドレンジとツイーター)から放射された音が同時にリスナーに到達するためにはモニター・スピーカーとリスナーとの間に数メートルの距離が必要であり、ある程度の距離を取ることで異なる2つの音源があることを感じにくくします。このため、通常モニター・スピーカーはスタンドに載せてワークステーションの後方に設置しモニター・スピーカー間の距離を長くし互いによる干渉を抑える必要があります。ただし、室内の反射と構造に比例して干渉は増加し、大きい音量で作業する必要も生じるのです。フィルターと出力ステージが組み合わさったCOAXファミリーの同軸構造は、どちらもリニア・フェーズ用に設計されており、COAXファミリーをワークステーションの直ぐそばに設置することが可能です。つまり、COAXファミリーによって、これらすべての問題は解消されるのです。


C5-Coax

KSdigital C5-Coax KSdigitalのC5-Coaxは、ロー/ミッドとツイーターを同軸にレイアウトした2ウェイ・アクティブ・ニアフィールド・モニターです。Coaxファミリー用に開発された同軸ドライバーを採用し、正にポイント・サウンド・ソース(点音源)のように機能。水平方向にも垂直方向にも軸のずれが無いため、リスニング・ポイントでは最適なパルス、周波数、位相特性を実現し、2ウェイながら同軸レイアウトにより天地左右が僅か220mmのコンパクト・デザインで設置スペースに困りません。コーン素材にカーボン・ファイバー、ツイーターにはネオジム磁石などの高品質マテリアルを採用することで、強力でドライな低音域と歪みや部分的な振動がない中音域を実現。さらに、バス/ミッドレンジの最適化されたデザインによりツイーターの優れたウェーブ・ガイドが形成されます。これらにより、リスニング・ポジションへ均一かつダイレクトなサウンドを演出し、このサイズのモニターでは考えられないほどの正確なサウンドを提供しています。

170Wものパワーと最高100KHzの周波数特性を実現した強力な出力ステージによって電気信号が音響出力へダイレクトにコンバートされます。また、ファイン・チューニングのためにベース/ハイトーン・イコライゼーションも用意。オーディオまたはビデオ編集でのメイン・ニアフィールド・モニターおよびコンソールでのブリッジ・モニターに適しています。

C5-Coaxの技術仕様:

  • 入力:XLR(2番HOT)、+4dBv、10 kΩ
  • 入力レベル:-10dB〜+6dBまでコントロール可能
  • シャーシ: 
    • 同軸
    • 1.45インチ・ネオジウム・ツイーター
    • 6.5インチ・カーボンファイバー・コーン
  • パワー:70W + 170W(最大SPL: 104dB)
  • 周波数特性:58Hz〜28kHz(±3dB)
  • イコライゼーション:ベース/ハイトーン・チューニング(±6dB)
  • サイズ:高220mm x 幅220mm x 奥230mm(ヒートシンク除く)、7.0kg

C8-Coax

KSdigital C8-Coax KSdigitalのC8-Coaxは、ロー/ミッドとツイーターを同軸にレイアウトした2ウェイ・アクティブ・ニアフィールド・モニターです。Coaxファミリー用に開発された同軸ドライバーを採用し、正にポイント・サウンド・ソース(点音源)のように機能。水平方向にも垂直方向にも軸のずれが無いため、リスニング・ポイントでは最適なパルス、周波数、位相特性を実現し、2ウェイながら同軸レイアウトにより天地左右が僅か240mmのコンパクト・デザインで設置スペースに困りません。コーン素材にカーボン・ファイバー、ツイーターにはネオジム磁石などの高品質マテリアルを採用することで、強力でドライな低音域と歪みや部分的な振動がない中音域を実現。さらに、バス/ミッドレンジの最適化されたデザインによりツイーターの優れたウェーブ・ガイドが形成されます。これらにより、リスニング・ポジションへ均一かつダイレクトなサウンドを演出し、このサイズのモニターでは考えられないほどの正確なサウンドを提供しています。

180Wものパワーと最高100KHzの周波数特性を実現した強力な出力ステージによって電気信号が音響出力へダイレクトにコンバートされます。また、ファイン・チューニングのためにベース/ハイトーン・イコライゼーションも用意。オーディオまたはビデオ編集でのメイン・ニアフィールド・モニターおよびコンソールでのブリッジ・モニターに適しています。

C8-Coaxの技術仕様:

  • 入力:XLR(2番HOT)、+4dBv、10 kΩ
  • 入力レベル: -10dB〜+6dBまでコントロール可能
  • シャーシ:
    • 同軸
    • 1.45インチ・ネオジウム・ツイーター
    • 8インチ・カーボンファイバー・コーン
  • パワー:80 W + 180 W(最大SPL: 106dB)
  • 周波数特性:42Hz〜28kHz(±3dB)
  • イコライゼーション:ベース/ハイトーン・チューニング(±6dB)
  • サイズ:高240mm x 幅240mm x 奥300mm(ヒートシンク除く)、8.0kg

本体画像 ※クリックで拡大します
KSdigital C5-Coaxフロント KSdigital C5-Coaxリア KSdigital C8-Coaxフロント KSdigital C8-Coaxリア
C5-Coax
フロント
C5-Coax
リア
C8-Coax
フロント
C8-Coax
リア


 


C5-Coax
オープンプライス
C8-Coax
オープンプライス
     

                   


※ エムアイセブンジャパンはKSdigital認定輸入販売元です。個人/並行輸入品は保証/保守/サポートが受けられませんので信頼あるエムアイセブンジャパンでお求めください。

KSdigital公式サイト


MI7マイページ

重要:ユーザー登録/管理やショッピングなど便利な機能/情報を集約したユーザー専用のページ、MI7マイページがスタート。誕生日を登録するともれなくクーポンもプレゼント中!KSdigitalをお持ちの方でユーザー登録を行っていない方は今すぐMI7マイページにご登録を。
MI7マイページに登録|ログインする


点音源のように機能する同軸デザイン
システム・フィルター、三次ベッセル・フィルター、チェビシェフ・フィルターの3段階フィルターを搭載
カーボン・ファイバー製振動膜
最大180Wものパワーと最高100KHzの周波数特性を実現するパワーアンプ搭載
信頼のMade in Germany
100V 50〜60Hz対応(PSE準拠)
日本語取扱説明書同梱


レビュー
サウンド&レコーディング・マガジン3月号

サウンド&レコーディング・マガジン3月号にてC5-Coaxのレビューが掲載。

「深みのある低域が気持ちよく中域の密度感も非常に高い」本澤尚之氏
オンラインで記事を読む


MI7 Japan Inc.

ニュース | 製品情報 | 正規ディーラー | お問い合わせ | プライバシー&ポリシー | 会社概要 | 採用情報
Black Lion Audio | Cycling '74 | KSdigital | LUCI | Make Music | MicW | Mogees | Namba Gear | PreSonus | Quantec | ROLI | Softube | Solid State Logic | Sonic Improvement | Tom Oberheim | Vicoustic | Zynaptiq