Volume 1

コンポーズ、ミックス、そしてプロデュース

ドラムマシンやシンセ・トラックをクリエイト。ボーカルやアコースティック・ギターをミックス。そして、エレクトリック・ギターを録音し、ミックスを仕上げる。SoftubeのVolume 1は、音楽制作の重要なタスクを解決するようデザインされたプラグイン・バンドル。業界トップクラスのプラグイン16種類と、90分に渡るミックス・チュートリアル・ビデオが提供されます。

スペシャル・オファー:4月30日までVolume 1が驚きの39,800円!

  
ユーザーのために

Volume 1は総額20万円相当のSoftubeプラグイン16種類で構成されたバンドルです。

Click to show Made For You

Volume 1は、ユーザーとユーザーの制作ニーズからスタートしています。現代の音楽制作における一般的なシチュエーションを11つに特定し、それらの状況に役立つツールを追加することにより誕生しました。

ボーカルのミキシング
  • トーンとダイナミクスを修正(Summitユニット)
  • 自然な空間感を付加(TSAR-1 Reverb)
  • サウンドにダーティさを(Saturation Knob)
  • ワイドでディープなダブリング(Fix Doubler)
  • 特徴的なディレイ(Tube Delay)
Click to show The Best Brands
最高のブランド達

オーディオ界の有名ブランドの製品を使用して音楽を制作:Summit Audio、Trident Audio Developments、Drawmer Electronics、Doepfer Musikelektronik、Fix Audio Designs。

エレクトリック・ギターをミックスおよび録音
  • 実機そのもののアンプ・サウンド(Vintage Amp Room)
  • ギターのコンソールEQを微調整(Trident A-Range)
  • サウンドに厚みを付加(Fix Doubler)
  • サウンドを際立たせる(Fix Flanger)
  • スラップバックからロング・エコーまで(Tube Delay)
Click to show World Class Sound
ワールドクラスのサウンド

パッケージにはいくつもの賞に輝いた16のプラグインが付属。ビヨンセやブラック・サバス、テイラー・スウィフトやカニエ・ウェスト、アデルやコールドプレイまで、さまざまなアルバムに関わるプロデューサーが使用するツールが満載です。

シンセ・サウンドをクリエイト
  • シンセ・サウンドの作成をスタート(Modular)
  • 付属の6つのDoepferモジュールを使用(Modular)
Click to show Learn From the Best
一流から学ぶ

このページで紹介されている事例ビデオは無償で視聴可能です。Volume 1ユーザーは、こちらに加えて、グラミー賞ノミネートを獲得したエンジニア、ライアン・ウェスト(ジェイ・Z、エミネム、カニエ・ウェスト)をフィーチャーしたpureMixチュートリアル・ビデオを視聴可能です。90分以上に渡る詳細な説明をお楽しみください。

ミックス・バス・プロセッシング
  • パンチと鮮明さ(Drawmer S73)
  • ミックスにまとまりを付加(Summit Audio)
  • 繊細なEQ微調整(Summit Audio)
Click to show Insane Value
スーパー・バリュー

Volume 1にバンドルされるプラグインの総額は20万円以上。いつでも70% OFFなのです。

アコースティック・ギターをミックス
  • ダイナミクスを優しくコントロール(Summit Audio TLA-100A)
  • 魅惑的なサウンドに(Summit Audio EQF-100)
  • トラックを拡大(Fix Doubler)
  • 空間感を付加(TSAR-1 Reverb)
シンセやキーボードをミックス
  • シンセ・ベースのモノをステレオに(Fix Doubler)
  • ピアノを明るく華やかに(Drawmer S73)
  • オルガン・サウンドを調和させる(Fix Flanger)
Click to show Upgrades Available
アップグレード可能

Volume 1に含まれるプラグインを所有されているならば、MI7のMYページから特別価格でVolume 1へアップグレードすることが可能です。

ドラムマシンのサウンド
  • ダーティで大胆なドラム・ビートを作成(Heartbeat)
  • アナログ・マシンのようにサウンドを微調整(Heartbeat)
  • オートパンとエフェクトを使用してよりエキサイティングなサウンドに(Heartbeat)
Click to show Bigger and Bigger
ますますビッグに

Volume 1には、今後も定期的に新しいプラグインが追加される予定です。

アコースティック・ドラムをミックス
  • ドラム・バス・ダイナミクス(Summit Audio TLA-100A)
  • 一般的なEQ微調整(Trident A-Range)
  • アグレッシブなダイナミクス(FET Compressor)
  • レッド・ツェッペリンのテープ・フランジ(Fix Flanger)
  • 空間感と雰囲気を付加(TSAR-1 Reverb)
Click to show Living in a Box
パッケージ版も

ダウンロード版だけでなく、Softube正規代理店にてVolume 1パッケージ版を購入することも可能です。

シンセ・ベースとベース・ギターをミックス
  • リアルなベース・アンプ(Bass Amp Room)
  • EQとダイナミクスを設定(Summit Audio)
  • 倍音を加えて存在感をアップ(Saturation Knob)
Click to show Word From the Pros
プロも納得

Wローリン・ヒルのプロデューサー/ミキサーであり、Electronic Artsでゲーム・オーディオ・スペシャリストを務めるX:144に、Volume 1をテストしてもらいました。 「Volume 1はやり手の強打者。ヴァイヴがすごくて、現在出回っているバンドルでも特にユニークなものになっている。Modularが含まれているというだけでも驚愕だね」と魅力を語っています。

電子ドラムをミックス
  • モーションとグルーヴを得る(FET Compressor)
  • 音の調整(Trident A-Range)
  • ダーク・ルームを追加(TSAR-1 Reverb)
クリックしてVolume 1パッケージを表示
クリックしてVolume 1スクリーンショットを表示

概要

  • 総額20万円相当のSoftubeプラグイン16種類から構成されるバンドル
  • pureMix.net制作による、ライアン・ウェスト(エミネム、ジェイ・Z、カニエ・ウェスト)をフィーチャーした90分のチュートリアル・ビデオが付属

Heartbeatはディープでパンチの効いた斬新なプラグインだ。頼りになるドラムマシン・ビートを必ず手に入れることができる

クリストファー・バーグ ー プログラマー/ミキサー/プロデューサー(デペッシュ・モード、ザ・ナイフ、Fever Ray)

Volume 1のサウンドデモ

Volume 1プラグインのサウンドを体感してください。

Volume 1 sound examplesSound examples from the Volume 1 plug-ins.
Volume 1を使用したリード・ボーカルのミキシング
Softube Modularでスタート
Softube Heartbeatを使用したカスタム・ドラム・マシーン・サウンドをクリエイト
Volume 1プラグインでシンセとリアル・ベースのミキシング
Volume 1でアコースティック・ドラムのミキシング
Volume 1でエレクトリック・ドラムのミキシング
Volume 1でシンセとキーボードのミキシング
Volume 1でのアコースティック・ギター
Volume 1でのエレクトリック・ギター
Volume 1でのミックス・バス処理
クリックしてクリストファー・バーグ(写真:フレドリック・ウィック)を表示

Heartbeatはディープでパンチの効いた斬新なプラグインだ。頼りになるドラムマシン・ビートを必ず手に入れることができる。

クリストファー・バーグ(プログラマー/ミキサー/プロデューサー(デペッシュ・モード、ザ・ナイフ、Fever Ray))

クリックしてリチャード・ディヴァインを表示

Softube Modularは画期的なバーチャル・モジュラ-・シンセサイザーだ。出先でラップトップを用いてパッチングして試す方法がやっと見つかったよ。今のところ最高に楽しいね。追加される新モジュールが楽しみだ!

リチャード・ディヴァイン(エレクトロニック・アーティスト/音楽プロデューサー(Warp、Schematic))

クリックしてWireWorld Studiosのマイケル・ワグナーを表示する

オリジナルのアナログTrident A-Rangeチャンネル・ストリップを使用していたので、ハードウェアとプラグインを比較することができるけど、この2つには全く違いがないよ。

マイケル・ワグナー(オジー・オズボーン、メタリカ、ドッケン、アリス・クーパー

クリックしてパトリック・ベルガーを表示

リバーブでは、タイム、プリディレイ、トーンといった主要なパラメーターへの素早いアクセスが重要だ。これら全てが手に入るし、リバーブのサウンドも美しい。TSAR-1のサウンドは最高だね!

パトリック・ベルガー(作曲家/プロデューサー/ミュージシャン(Santigold、Charli XCX、Robyn、ラナ・デル・レイ、Miike Snow))

クリックしてジョー・チッカレリを表示

Fix Flangerはテープとデジタル・ハードウェアのフランジングの最高の特性全てをキャプチャする。[Regenerate](リジェネレート)機能はダイナミックだけど常にコントロールが可能で、VSO機能はこれをユニークな存在にしている。ドラムのフランジング・エフェクトにパーフェクトなツールだね。

ジョー・チッカレリ(ミキサー/エンジニア/プロデューサー(ベック、U2、ザ・ストロークス、エルトン・ジョンなど))

クリックしてビリー・ブッシュ(写真:リンジー・バーンズ)を表示

Trident A-Rangeはお気に入りの卓だ。EQが最高に音楽的だからね。Softubeプラグインはそのユニークなカラーを完全にキャプチャしている。

ビリー・ブッシュ(ガービッジのスタジオ/ライブ・エンジニア、その他フォスター・ザ・ピープル、ミューズ、ベック、オフスプリングなど)

クリックしてビリー・ブッシュ(写真:リンジー・バーンズ)を表示

Summitは登場以来僕たちの主力ボーカル・リミッターになっている。Softubeは素晴らしいディテールでそのニュアンスを余すところなく捉えることに成功している。

ビリー・ブッシュ(ガービッジのスタジオ/ライブ・エンジニア、その他フォスター・ザ・ピープル、ミューズ、ベック、オフスプリングなど)

クリックしてアンドリュー・シェップスを表示

Bass Amp Roomはひと味足りないというときにパーフェクトなプラグインだ。DIトラックに加えてブレンドさせるだけだ。

アンドリュー・シェップス(メタリカ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、U2

クリックしてジョン・D・ノルテンを表示

アナログ機器からスタートしたから、どんなサウンドなのかは知っている。Softube製品の良いところは、アナログのエミュレーションが素晴らしいところだ。

ジョン・ノルテン(プリンス、レディ・ガガ、メイシー・グレイ

クリックしてスタジオのグレッグ・ウェルズを表示

TSAR-1は全てにおいて私たちの主力リバーブになった。

グレッグ・ウェルズ(プロデューサー/ソングライター(ケイティ・ペリー、ウィーザー、アデル、ティンバランド、ミーカ、ワンリパブリック、ピンク、デフトーンズ、ルーファス・ワインライトなど))

クリックしてアンドレアス・ティランダー(写真:ダニエル・カールソン)を表示

Heartbeatはダーティで大胆、危険だ。80年代のサウンドを模倣するだけに留まらない、ずっと多くのことができるドラム・シンセサイザーだ。Heartbeatなら独自のアイデンティティを生み出すことができる。

アンドレアス・ティランダー(プロデューサー/DJ/リミキサー/アーティスト

クリックしてSoftubeプラグインのあるスタジオのトニー・マセラティを表示

SoftubeのTrident A-Range Discrete Equalizerは素晴らしく温かみのあるEQで、いろんな要素をミックスに加味してくれる。だが、その真価はサチュレーション・ノブにある。少しだけ上げて特性を付加したり、しっかり上げて過度にサチュレートしつつも心地良いクールなサウンドにしたりできる。

トニー・マセラティ(伝説のミキサー(ジェイ・Z、ビヨンセ、ジェームズ・ブラウン、ジェニファー・ロペスなど))

クリックしてファブ・デュポンを表示

TSAR-1をソングのあるトラックに置いてみたんだ、気に入るかどうか確かめようとね。そうしたら、結局その後のミックスはこればかり使うことになったよ。

ファブ・デュポン(プロデューサー/ミキサー(ジェニファー・ロペス、トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズ、マーク・ロンソン

クリックしてジェフ・サノフを表示

Summit Tube EQは、エレクトリック・ギターでの新しい僕の秘密兵器さ。力強さと鋭さを与えながら、ギターを明るくする際に生じがちなとげとげしさを和らげてくれる。これなしでは出かけられないね。

ジェフ・サノフ(ブルース・スプリングスティーン、サラ・ブライトマン、グリーン・デイ、テレヴィジョン、マイケル・スタイプ

クリックしジョン・テヤーダを表示

HeartbeatはDSPドラム・モデリングの進化をはっきりと示している。これらのドラムには、非常に満足度の高い、ハードウェアのような倍音特性がある。これまでに試したドラム・プラグインとは違って、ミックスでの仕上がりが素晴らしい。最近はセットアップをコンパクトにしたいと思っているので、出先にもスタジオにも優れたツールだね。

ジョン・テヤーダ(エレクトロニック・ミュージック・アーティスト/音楽プロデューサー/DJ/レコード・レーベル・オーナー

クリックしてファブ・デュポンを表示

FET Compressorは本当に素晴らしいプラグインだ。

ファブ・デュポン(プロデューサー/ミキサー(ジェニファー・ロペス、トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズ、マーク・ロンソン

クリックしてスタジオのグレッグ・ウェルズを表示

Trident A-RangeとFET Compressorは極めてアナログっぽいサウンドだ。

グレッグ・ウェルズ(プロデューサー/ソングライター(ケイティ・ペリー、ウィーザー、アデル、ティンバランド、ミーカ、ワンリパブリック、ピンク、デフトーンズ、ルーファス・ワインライトなど))

クリックしてスティーヴ・リーヴァインを表示

Summit Audio EQF-100は、あるものからより高級なサウンドを得るのに非常にいい方法だ。

スティーヴ・リーヴァイン(プロデューサー/エンジニア(カルチャー・クラブ、ビーチ・ボーイズ、クラッシュ、ナタリー・マックール

クリックしてスティーヴ・リーヴァインを表示

Summit Audio TLA-100A CompressorはただのLA-2Aじゃないことは指摘しておくべきかもしれない。同じタイプの作業に向いているけど、よりモダンなコンセプトで、サウンドと雰囲気が違っている。

スティーヴ・リーヴァイン(プロデューサー/エンジニア(カルチャー・クラブ、ビーチ・ボーイズ、クラッシュ、ナタリー・マックール

クリックしてX:144(マゲド・ラガブ)を表示

Volume 1はやり手の強打者だ。ヴァイヴがすごくて、現在出回っているバンドルでも特にユニークなものになっている。Modularが含まれているというだけでも驚愕だね。

X:144(ローリン・ヒル、Qusai、EA Sports/Madden NFL、Solillaquists of Soundなど

クリックしてジョー・チッカレリを表示

A-Rangeプラグインはオリジナルのモジュールのトーンとエネルギーを全てキャプチャしている。オリジナルは希少だし維持も大変だけど、プラグインなら使用も簡単だ。70年代のクラシック・ロックのギター・トーンにはパーフェクトな主力エフェクトだよ。これはあの時代の安定性に欠けた機器にとってパーフェクトなソリューションだ。使用も簡単だし、セッションの途中でノイズを生じたりしない。このプラグインにないのは、ノイズやアーチファクトだけだ。スネア・ドラムやタムで優れた効果を発揮する。[Saturation](サチュレーション)コントロールではさらにトーンやコンプレッションのカラーをドラムに追加できる。フィルターは、EQを操作してから、スペクトルを整えるのに最適だ。ハードウェアじゃないのに、まるでモジュールを触っているような感じだ。

ジョー・チッカレリ(ミキサー/エンジニア/プロデューサー(ベック、U2、ザ・ストロークス、エルトン・ジョンなど))

クリックしてジョン・D・ノルテンを表示

Summitのミックス・ノブはデジタルのパラレル・コンプレッション機能を提供する。アナログ・サウンドとデジタル・ワークフローの優れた融合だ。

ジョン・ノルテン(プリンス、レディ・ガガ、メイシー・グレイ

クリックしてジェフ・サノフを表示

TSAR-1 Reverbは今や私の主力リバーブだ。サウンドがとにかく素晴らしい。そして操作はこれ以上ないほど簡単だ。好きなときに必要なアンビエンスを選択すれば、その他のリバーブのライブラリをスクロールできる。その明確さ、多用途さ、シンプルさは、使用をとにかく楽しいものにしてくれる。TSAR-1は20年前のハードウェアで、当時プラグイン・エミュレーションがあれば皆飛びついて購入しただろう。コンボリューションにさよなら、エボリューションにこんにちは、だね。

ジェフ・サノフ(ブルース・スプリングスティーン、サラ・ブライトマン、グリーン・デイ、テレヴィジョン、マイケル・スタイプ