基礎的な機能ブロックをつなぎ合わせることで独自のソフトウェアを構築できるCycling '74 MAX。アーティスト/クリエイター達が制作したオリジナル・パッチを解説&ダウンロード提供するサンレコ連動企画「MAXで作る自分専用パッチDevice 49」では、サウンド/映像エンジニアの秋山大知氏がご登場です。エレクトロニカ・ユニットmacaroomでライブ演奏を行うために開発した「生演奏のテンポに追従するリズムを自動生成」パッチを紹介。このパッチで自動生成音楽と生演奏との共存にチャレンジを。

 
MI7公式Facebook
 
MI7公式Instagram
 
MI7公式Twitter
 
MI7公式LINE
 
MI7公式SoundCloud
 
MI7公式YouTube
 

このメールニュースは、MI7 Japan Webサイトでお申し込み頂いた方、および弊社取り扱い製品のユーザー登録時にメール配信をご希望頂いた方へお送りしています。メールニュースの申込/メールアドレスの変更/配信停止をご希望の方はこちらから手続きをお願い致します。文中の記載事項はメール配信時点のものであり、将来的に予告なく変更される場合があります。本メールはリンク先のWebサイトに関する内容を保証するものではありません。Webサイトへのご質問などは該当サイトの管理者宛にお問い合わせください。本メールの著作権は株式会社エムアイセブンジャパンに帰属します。主旨を改変しない範囲での引用、転載は自由に行って頂いて結構です。ただし引用、転載の結果何らかの損失、トラブル等が生じた場合でも弊社は一切の責任を負いかねます。文中の会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。なお、意匠上問題がない限り商標を示す(TM)、(R)等のマークは省略しています。

Copyright (c) 2022 MI7 JAPAN All rights reserved.