MI7 Japan Home
news store products service pro blog
[ 販売店一覧 | 会社概要 | プライバシー&ポリシー | 採用情報 ]

[ « マルチトラックレコーディングの歴史 第2回 | BLOG Topへ | 第13章 ヒップホッププログラミングII » ]
安西 史孝安西 史孝 (あんざい ふみたか)

作編曲家。ご存知「うる星やつら」をはじめ、これまでに数多のアニメや映画などの音楽を手掛ける。今もなおバラエティからドキュメンタリー、教育番組に至るまでの多方面に渡ってそれらの楽曲が二次使用され続けており、名前を知らなくてもその曲は誰もが必ず耳にしているはず。日本で最初にFairlightを導入するなど、黎明期からコンピュータ・ミュージックやシンセサイザーを積極的に活用した人物としても有名。
安西史孝の音源研究所

第1回:Matrix Pattern Sequencerを鍵盤で転調

この連載では、Reason 3.0をメインに取り上げながら、シンセサイザーやシーケンサーを使いこなすためのTIPSをムービーでご紹介して行きます。
まず第1回目の今回は、Reason 3.0のMatrix Pattern Sequencerでパターンを組みながら、それをMIDIキーボードの鍵盤で演奏して転調させていく方法について取り上げてみます。


このブログはQuickTimeムービーでご提供します。下記のリンクからダウンロードしてご覧ください。
[11分32秒]

※ムービーの再生にはQuickTime Player 7以降(無償)が必要です。
icon Video iPodをお持ちの方は左のアイコンをiTunesへドラッグしてください


[ 掲載日時: 2006年06月02日 | この記事のURL ]

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mi7.co.jp/blog/mt-tb.cgi/25

トラックバック


連載記事
 MI7社長ブログ
 Podcasterになろう!
 Pro ToolsとReason道場
 Relationship Cubase&Reason
 SoundStudy
 トラックメイキングの現場から
 安西史孝の音源研究所
 初級音楽理論講座

月別記事一覧

RSS 2.0

Movable Type 3.2-ja-2