Thanks for your help. We've received your bug report.
Cycling '74 creates software for innovation and exploration.


Mira


Maxパッチのインターフェースへ接続しiPadでミラーリング、それがMira。

iPadをMaxに簡単接続。

ネットワーク接続はすべてMiraが内部処理。Maxパッチのコントロールをすぐさまスタートできます。mira.frameオブジェクトをパッチ内にドロップするだけで、その領域内の対応UIオブジェクトがMiraに表示されます。

Maxパッチをコントロール。

ひとつのiPadで複数のMaxパッチをコントロールすることも、複数のiPadでひとつのパッチを操作することもどちらも可能。Miraは、追加オブジェクトを必要とせず、パッチを直接コントロールします。OSCやMIDIメッセージ、外部エディター、追加パッチングは一切必要ありません。

ひとつのパッチからモジュラーコントロールリグを構築。

Maxに追加したmira.frameは、すべて新しいタブとしてMiraに表示されます。複数のmira.framesを組み合わせてさまざまなコントロールセットを作成し、すぐさま使用することができます。

サポート・オブジェクト



  • button、live.button
  • toggle、live.toggle
  • dial、live.dial
  • slider、live.slider、rslider、multislider、kslider
  • live.tab、live.text
  • comment
  • panel
  • fpic
  • message box
  • number、flonum、live.numbox
  • gain~、meter~
  • mira.multitouch、mira.motion

特徴



  • 任意数のMaxパッチをデバイスから自動コントロール
  • 新しいmira.frameオブジェクトでパッチ内に表示領域を作成
  • 複数のmira.frameオブジェクトを使用してMira内にタブ表示
  • mira.frame内のほとんどのUIオブジェクトをMiraに表示可能
  • 新しいmira.multitouchオブジェクトによるジェスチャコントロール
  • 新しいmira.motionオブジェクトで加速度センサーデータをデバイスから送信
  • ズームとパンでデバイス上の表示を調整
  • 複数のMiraを使用してひとつのパッチをコントロール。コラボレーティブなパフォーマンスが可能に
  • WiFiまたはアドホックネットワークに対応