Signature Microphones
Essential Microphones
USB Microphones
Handheld Microphones
Accessories
User Stories
8月末まで20%OFFセール実施
ものんくるボーカリストの吉田沙良氏がBottle Rocket Mic Lockerをインプレッション
moumoonボーカリストのYUKA氏がMouseをインプレッション
EMBER近日発売
BLUE Custom Shop、それは新しい価値を求めるアーティストへの特別な数量限定マスターピース
Blue Microphones ザ・テイスティング


ハードウェア・セットアップ ソフトウェア・セットアップ FAQ トラブルシューティング 製品マニュアル/インストールガイド


ハードウェア・セットアップ

Yetiは、プラグ&プレイのUSBマイクであり、使用するために特別なドライバーのインストールは不要です。付属のUSBケーブルを使いPC/Macに 接続し、お好きなレコーディング用ソフトウェアを起動するだけで、即座にレコーディングすることが可能です。YetiはMac OS X(10.11以上)、Windows 10、8、7に対応しております。なお、YetiはパソコンのUSBポートに直接接続し、USBハブやマルチプライヤーへの接続は行わないで ください。各OSのセットアップ手順は、下記をご参照ください。




MACINTOSH
  • 付属のUSBケーブルを使いYetiをMacintoshマシンに接続します。
  • アップルメニューから「システム環境設定」を開きます。
  • 「サウンド」を選択します。
  • 「出力」タブを選択し、「サウンドを出力する装置を選択」のリストから「Yeti Stereo Microphone」を選択します。
  • 「入力」タブを選択し、「サウンドを入力する装置を選択」のリストから「Yeti Stereo Microphone」を選択します。





WINDOWS
  • 付属のUSBケーブルを使いYetiをWindowsマシンに接続します。
  • マウスを画面の右下に移動し、Windows 8.1 Charms Barメニューを開き、「設定」を選択します。
  • 「コントロールパネル」を開き、「ハードウェアとサウンド」を選択します。
  • 「サウンド」を選択します。
    「再生」タブで「Yeti Stereo Microphone」を選択し、「既定値に設定」ボタンをクリックします。
  • 「録音」タブで「Yeti Stereo Microphone」を選択し、「既定値に設定」ボタンをクリックします。





ソフトウェア・セットアップ

Yetiをご使用いただけるソフトウェアは多く存在するため、セットアップの詳細に関しては、各ソフトウェアのマニュアルやオンライン・ユーザー・フォー ラム、テクニカル・サポート・ページをご参照ください。下に代表的なソフトウェアにおけるセットアップ手順をご紹介いたします。




GARAGEBAND(MAC)
  • 付属のUSBケーブルを使いYetiをMacintoshマシンに接続します。
  • GarageBandを起動します。
  • 「New Project」を選択し、
  • 「Vocal」をダブルクリックします。
  • 「GarageBand」ドロップダウン・メニューから「環境設定」>「Audio/MIDI」を選択します。
  • 「出力デバイス」及び「入力デバイス」に「Yeti Stereo Microphone」を設定し、「環境設定」画面を閉じます。
  • Yetiのミュートボタンが赤く点灯していることを確認します。





STUDIO ONE ARTIST(MAC)
  • 付属のUSBケーブルを使いYetiをMacintoshマシンに接続します。
  • Studio One Artistを起動します。
  • 「Studio One」ドロップダウン・メニューから「環境設定」>「オーディオ設定」を選択します。
  • 「オーディオデバイス」で「Yeti Stereo Microphone」を選択し、「適用」を押します。
  • Studio One Artistのスタート・スクリーンで「新規ソングを作成」を選択し、テンプレートを選ぶか、「空のソング」を選択します。
  • 「トラック」メニューから「トラックを追加」を選択し、「OK」を押します。
  • Yetiのミュートボタンが赤く点灯していることを確認します。
  • 作成したトラックの録音ボタンを押し録音待機状態にし、Studio One Artistスクリーン下部のトランスポート内の録音ボタンを押して録音を開始します。





STUDIO ONE ARTIST(PC)
  • 付属のUSBケーブルを使いYetiをMacintoshマシンに接続します。
  • Studio One Artistを起動します。
    「Studio One」ドロップダウン・メニューから「オプション」>「オーディオ設定」を選択します。
  • 「オーディオデバイス」で「Windows Audio」を選択し、コントロール・パネルをクリックします。
  • 「再生」で「Yeti Stereo Microphone」を選択します。
  • 「録音」で「Yeti Stereo Microphone」を選択し、「閉じる」を押します。
  • Studio One Artistのスタート・スクリーンで「新規ソンゴを作成」を選択し、テンプレートを選ぶか、「空のソング」を選択します。
  • 「トラック」メニューから「トラックを追加」を選択し、「OK」を押します。
  • Yetiのミュートボタンが赤く点灯していることを確認します。
  • 作成したトラックの録音ボタンを押し録音待機状態にし、Studio One Artistスクリーン下部のトランスポート内の録音ボタンを押して録音を開始します。





FAQ

Yetiを使用するのにソフトウェアやドライバーをインストールする必要はありますか?
基本的に、Yetiはソフトウェアやドライバー不要で動作します。オーディオを収録したり、エディットしたい場合は、これらの作業が行える、USBポートからのオーディオを受けられるソフトウェアをご用意ください。

Yetiにファンタム電源を供給するにはどうしたら良いですか?
YetiはパソコンのUSBポートから動作電源を受けます。Yetiの赤いLEDが点灯していれば使用可能です。

Yetiをアナログ・ミキサーで使用できますか?
Yetiはデジタル出力のみの仕様となっており、使用にはUSBポートを装備したデバイスが必要になります。

Yetiのサンプルレートとワード長を教えて下さい。
Yetiのデジタル出力は16 bit/48 kHz仕様となります。

サンプルレートを変更するにはどうしたら良いですか?
Yetiはシンプルな操作性とセットアップを優先して設計されており、サンプルレートは48 kHzに固定されています。

同時に2台以上のYetiを使うことはできますか?
マルチUSBコネクションに対応しているオーディオ編集ソフトウェアはいくつかあります。詳しくはソフトウェア・ベンダーまでお問い合わせください。

指向性とは何ですか?
指向性はどの角度の音をはっきりと捉えるころができるか、を示すものです。「無指向性」は全方向から来る音を均一に捉えることができ、「単一指向性」は正 面の音をはっきりと捉えることができます。単一指向性マイクでは、音源が正面から逸れるにつれて音のレベルが急激に下がります。Yetiを使用する際は、 用途に合った指向性を選択してください。

マイクに対してどの角度で話したら良いのでしょうか?
Yetiはサイドアドレス型マイクです。マイクに対して垂直の方向から音声を入力してください。





トラブルシューティング

Yetiに接続しているヘッドホンから音が聞こえない。/マイクが正常に動作しない。
USBケーブルとヘッドホンが正しく接続されているかご確認ください。またYeti本体のステータスLEDが点灯しているか(ミュート解除状態)、パソコ ンのオーディオ・メニューで音の入出力デバイスにYetiが正しくアサインされているかご確認ください。ヘッドホン・ボリューム・ノブが適切な位置まで上 がっているかご確認ください。

Yetiを接続するとスピーカーからフィードバック・ノイズが発生する。
Yetiをスピーカーやオープンバック型ヘッドホンと使う場合は、常にフィードバック・ノイズが発生する可能性があります。フィードバックを抑えるためのポイントはいくつかあります。

・スピーカーの音をマイクが拾ってしまわないように設置しましょう。
・スピーカー/ヘッドホンの音量を上げ過ぎないようにしましょう。

Yetiを接続する際は、必ずスピーカー/ヘッドホンのボリュームを下げ切った状態で行ってください。Yetiを接続し、セットアップが済んだ後で、スピーカー/ヘッドホンのボリュームを適宜調節してください。

音が歪む
マイク・ゲイン設定を下げるか、音のソースをYetiから離してお試しください。

音が小さい。
マイク・ゲイン設定を上げるか、音のソースをYetiに近付けてお試しください。




マニュアル



 
 Copyright ©  2019 Blue & MI Seven Japan, Inc. All rights reserved.
各種お問い合わせ | 修理のご相談 | メールニュース登録 | MI7ユーザー登録 | アーティスト・リレーション窓口 | プレス窓口