Thanks for your help. We've received your bug report.
Cycling '74 creates software for innovation and exploration.


- MAX WORKSHOP -
Maxを使ったアルゴリズム作曲 feat. akihiko matsumoto

 

Maxを使ったアルゴリズム作曲ワークショップ

コンピューター・プログラミング環境Cycling '74 Maxを使って、アルゴリズム作曲を習得する丸2日間の集中ワークショップです。講師は日本のMaxシーンをリードし、11月に1stフルアルバム「Preludes for Piano Book I」をリリースしたばかりの松本昭彦氏。日本ではまだほとんど紹介されていないアルゴリズム作曲技法を本格的に体験できる貴重な機会となります。

※アルゴリズム作曲:伝統的な五線譜による作曲のように音符を一つ一つ考えて音楽を作るのではなく、メタ的に音符を生み出す仕組みや規則、理論のようなものを考え、コンピュータのプログラミング等を用いて計算で音楽を構築する作曲法

《講師プロフィール》

松本昭彦:東京藝術大学大学院修了。学生時代は現代音楽の作曲や音楽理論、プログラミングを専門領域とし、東京大学工学部研究員を経てアーティスト・プログラマーとして活動する。2016年、ポストヒューマニズムをコンセプトにピアノ音楽から人間らしい作曲や演奏プロセスを徹底的に排除したコンピュータ生成によるCDアルバム「Preludes for Piano Book 1」をリリース。近年では東京モーターショーのイベント音楽や日本科学未来館の展示音楽の作曲、六本木ヒルズのクールジャパンオフィスのエントランス照明やスマートイルミネーション横浜の音響・照明作品、InterBEEでの池上通信機のマルチチャンネルインスタレーションを手がけており、大学や放送局、建設会社、自動車メーカー等の研究機関のためのプログラムの開発やワークショップ等、音楽やアートに留まらない多岐にわたる創作活動を行っている。
松本昭彦氏の公式サイト

《ワークショップ概要》

  • 日時:2017年1月14日土曜と1月21日土曜の2日間(2回ともご参加頂ける方が対象)
    10:00〜19:00(9:30開場、希望者は初日の19:00から懇親会あり|料金別途)
  • 場所:東京都港区赤坂2-22-21 mEx-Lounge
  • 講師:松本昭彦
  • 定員:先着10名
  • 受講料:一般30,000円(税込)、学生10,000円(税込)、後日クレジットカードにてお支払い頂きます。

《ワークショップ内容》

  • アルゴリズム作曲の歴史、理論、技術の概要の解説
  • 打ち込みや五線譜による作曲とは違う音楽の自動生成プログラムの開発
  • 作曲技法、様式の変遷の歴史の概観とコンピュータアルゴリズムを使ったモデル化
  • Maxを使ったサウンドプログラミング、自動作曲プログラミング
  • 各自自由課題の設定と添削

《受講対象の方》

  • 自動生成的な音楽に興味を持っている方
  • 計算によるシステマティックな作曲を開拓したい方
  • コンピュータの力を借りて新しい表現を考えたい方
  • 電子音楽だけでなく器楽に機械的な作曲を導入したい方
    ※Maxについてエキスパートである必要はありません。

《申し込み方法》

以下のフォームに必要事項を入力してエントリーしてください。なお、受講料は後日クレジットカードにてお支払頂きます。本ワークショップに関してご質問がありましたら購入前のご相談からお問い合わせください。