More than a USB microphone

エフェクト、ミキサー、ループバックを統合した新世代のUSBマイクロフォン

セットアップ動画

MyPreSonusアカウント作成方法

Universal Controlインストール方法

Studio One Artistインストール方法

よくある質問

マイクの音量が小さい

マイクゲインが適切に設定されているか確認してください。

マイクや再生音にノイズや音切れが生じる

USBケーブルをPCから一旦抜いて、挿し直してください。またPCを再起動してみてください。Universal Controlを一旦アンインストール後、再インストールしてください。

タイピング音や周りの騒音を拾う

標準スタンドと机の間にクッション性のあるものを挟むことで改善する場合があります。また、HPFの設定を大きく("160"など)に設定したり、マイクの指向性を切り替えることも有効です。また、必要に応じてマイクスタンドを使用することで最大限に振動を防ぐことができます。

Revelatorをマイクスタンドで使いたい

マイク本体をデスクトップ・スタンドから取り外し、付属のブームスタンドアダプターを底面のネジ穴に装着することで、5/8インチ径のマイクスタンドに装着することができます。マイクスタンドが3/8インチ径の場合は、市販の変換ネジを使用することで装着することができます。

初期設定に戻したい

Universal Controlの設定画面(右上の歯車アイコンをクリック)で、“すべてをリセット”のリセットボタンをクリックします。

マイクのポーラパターンは変更できますか?

Revelatorには単一指向、無指向、双指向、3種類のポーラパターンが搭載されています。パターンは、Universal Controlの設定メニュー(画面右上の歯車アイコンをクリック)から選択できます。デフォルトでは、単一指向に設定されています。

ループバックのエフェクトが効きません

EQやコンプレッサーなどのRevelator内蔵のDSPエフェクトはマイク入力のみ有効です。

Universal Controlでマイク入力メーターは振れているのに、ヘッドフォンなど出力メーターが振れない

Universal Controlの再起動を試してください。それでも改善されない場合は、コンピューターの再起動を行なってください。

プリセットのマイク音声は録音時に反映されますか?

初期設定では反映されます。この設定はUniversal Controlで変更することができます。設定メニュー(画面右上の歯車アイコンをクリック)から“USB ストリーム出力の Fat Channel”をオフにすることで、処理がモニタリング時のみに有効となります。

DAWを使用して、マイク音声とループバック1/2のサウンドをそれぞれ録音することはできますか?

可能です。例えばSkypeのオーディオ設定で“Revelator”を選択すると、その音声はUniversal Controlのプレイバック入力に立ち上がります。この入力をUniversal Control上で“ループバック1”出力にルーティングすることにより、Studio OneのLoopback Input 1 (L/R)にSkypeからの音声が流れるようになります。Windowsの場合は、Skypeのオーディオ設定で“Loopback Output 1 L/R”を選択すると、Studio OneのLoopback Input 1 (L/R)にSkypeからの音声が流れるようになります。

macOSでマルチモード時に44.1k/48kHz以外が選択できない

マルチモードではサンプルレート44.1kおよび48kHzのみ使用できます。

Windows OSのサウンドで出力を切り替えても、Universal Controlに変更が反映されません。

コンピューターの再起動が必要です。

Windowsでマルチ/シングルの設定はどのように行いますか?

Windowsでは選択するドライバーによってモードが変わります。このためUniversal Contorol上では、Macと異なり設定項目がありません。また2つのドライバを両方使用してのループバックも可能です。

  • ASIOドライバー = [PreSonus DSP USB Series]と表示されます
  • WDMドライバー = [HP Out L/R], [Loopback Output 1 L/R], [Loopback Output 2 L/R]と表示されます

例えば、Skypeの場合はWDM、Studio Oneの場合はASIOドライバーを選択します。Universal Contorolではこの両方の音声をミックスすることが可能です。

Revelatorが認識しない/接続が不安定

USBポートとハブを確認してください。USBケーブルをPC/Macから一旦抜いて挿し直してください。また、複数のUSBポートが搭載されたPC/Macをお使いの場合は、別のポートに挿し変えてみてください。バスパワーのUSBハブにRevelatorを接続している場合は、PC/MacのUSBポートに直接接続する、またはセルフパワー(電源供給可能なもの)のUSBハブをお使いください。

Lightningコネクタ搭載のiOSデバイスに接続すると“Revelator : this accessory requires too much power”と表示される。

供給される電力が不足しています。 Lightning - USB 3カメラアダプタを使用し、電源を供給してください(USB-C - Lightningケーブルは使用できませんのでご注意ください)。MFi認証のあるものを使用してください。iOSデバイスに付属の10または12W USB 電源アダプタを使用してください(5W USB 電源アダプタでは電力不足となります)。

RevelatorをUSB-Cポート搭載のiPad Proに直接接続して使用することはできますか?

Revelatorは追加の電源供給することなく、直接接続で意図されたとおりに機能します。直接接続ではiPadを充電することはできませんが、別途USB-C Digital AV Multiportアダプタなどを使用することで、同時に電源供給を行なうことができます。

iOS/iPadOSでSkypeなどの通話系アプリを使用すると音声入出力が機能しない

RevelatorなどUSBオーディオデバイスは以下のアプリで動作しないことが確認されています。これはApple社の仕様による制限です。

  • Skype、Discord、iMessage、Clubhouse、FaceTime、iOS通話アプリなど

なお、Revelatorは以下のような録音編集アプリでは動作します。

  • GarageBand、Capture Duo、ボイズメモ

*Mac/Windows上ではこの制限はありません。