Stunning Rackmount Mixing and Processing Power.

StudioLiveシリーズIIIステージボックス/ラック・ミキサー

特徴

ローカル入出力

  • StudioLive 32R:
    • トータル34入力
    • 32 x マイク/ライン・チャンネル入力 + 2 RCA入力
    • 16 x ¼インチTRS FlexMix出力
    • 2 x XLR(L/R)メイン出力
    • ステレオ・ヘッドフォン出力
  • StudioLive 24R:
    • トータル26入力
    • 24 x マイク/ライン・チャンネル入力 + 2 RCA入力
    • 12 x ¼インチTRS FlexMix出力
    • 2 x XLR(L/R)メイン出力
    • ステレオ・ヘッドフォン出力
  • StudioLive 16R:
    • トータル18入力
    • 16 x マイク/ライン・チャンネル入力 + 2 RCA入力
    • 6 x ¼インチTRS FlexMix出力
    • 2 x XLR(L/R)メイン出力
    • ステレオ・ヘッドフォン出力

チャンネルとバス

  • StudioLive 32R:
    • 32 x 入力チャンネル
    • 2 x ステレオAux入力(AVBまたはUSB)
    • 1 x ステレオ・デジタル・リターン(SDカード、AVB、またはUSB)
    • 26 x バス:
      • 16 x FlexMix(Auxミックス、サブグループ・ミックス、マトリックス・ミックスとして)
      • 4 x 専用サブグループ
      • 4 x 内部エフェクト・センド
      • ステレオ・メイン・バス
    • 24 x Filter DCA、チャンネル・グループを簡単かつ柔軟にコントロール
  • StudioLive 24R:
    • 32 x 入力チャンネル
      • 24アナログ、AVBまたはUSB
      • 8 AVBまたはUSB
    • 2 x ステレオAux入力(AVBまたはUSB)
    • 1 x ステレオ・デジタル・リターン(SDカード、AVB、またはUSB)
    • 26 x バス:
      • 16 x FlexMix(Auxミックス、サブグループ・ミックス、マトリックス・ミックスとして)
      • 4 x 専用サブグループ
      • 4 x 内部エフェクト・センド
      • ステレオ・メイン・バス
    • 24 x Filter DCA、チャンネル・グループを簡単かつ柔軟にコントロール
  • StudioLive 16R:
    • 16 x 入力チャンネル
    • 1 x ステレオ・デジタル・リターン(SDカード、AVB、またはUSB)
    • 10 x バス:
      • 6 x FlexMix(Aux、サブグループまたはマトリックス・ミックスとしてデザイン可能)
      • 2 x 内部エフェクト・センド
      • ステレオ・メイン・バス
    • 6 x Filter DCA、チャンネル・グループを簡単かつ柔軟にコントロール

ネットワーク接続

  • 1 x Ethernetコントロール・ネットワーク・ポート
    • ダイナミック、セルフアサイン、マニュアルIPの各アドレス・モード
  • 1 x ロック機構付きXLR Ethernet AVBオーディオ・ネットワーク・ポート

レコーディング

  • 内蔵ステレオSDレコーダー
  • StudioLive 32R/24R:
    • 40x40 USBレコーディング・インターフェース
    • 55x55 AVBレコーディング・インターフェース
  • StudioLive 16R:
    • 18x18 USBレコーディング・インターフェース
    • 32x32 AVBレコーディング・インターフェース

シグナル・プロセッシング

  • すべてのチャンネルで直感的なFat Channelシグナル・プロセッシングが可能:
    • 設定のA/B比較
    • ハイパス・フィルターと極性反転
    • ゲート/エキスパンダー、サイドチェーン搭載
    • コンプレッサー、サイドチェーン搭載
    • 入力に4バンド・パラメトリックEQ
    • 出力に6バンド・パラメトリックEQ
    • リミッター
    • 各入力にディレイ
    • 各出力にディレイ
    • プロフェッショナルにプログラムされたプリセット・ライブラリ
  • 各入力で使用可能なビンテージEQとコンプレッサ―・モデル
    • パッシブEQ
    • ビンテージEQ
    • チューブ・コンプレッサー
    • FETコンプレッサー
  • 8 x 31バンド・グラフィックEQ
  • 内部エフェクト・バス:モダンおよびビンテージ・オプションを伴うリバーブおよびディレイの組み合わせ(StudioLive 32R/24Rは4系統、StudioLive 16Rは2系統)
  • 内蔵リアルタイム・アナライザー

シーンとプリセット

  • 最大100シーンを作成、保存、編集
  • シーン管理:
    • シーン・セーフ—指定の「セーフ」チャンネルに影響するシーン変更を防止
  • チャンネル設定を作成、保存、編集、チャンネル間でコピー/ペースト
  • 高度なチャンネル・プリセット・オプションを保存および呼び出し:
    • チャンネルの種類と名前
    • 入力設定(プリアンプ、+48Vファンタム電源、極性、パン)
    • Fat Channel A/B設定
    • バス・アサイン
    • Auxおよびエフェクト・センド・レベルとパン
    • 選択ボタンの色
  • 8 x クイック・シーン
  • 8 x ミュート・グループ

デジタル

  • スタジオ品質のコンバーター(ダイナミックレンジ:115dB)
  • 解像度24-bit、48 kHzオペレーション(44.1kHz対応予定)

アクティブに統合されたソフトウェア

  • UC Surfaceタッチ・コントロール・ソフトウェア(Mac®、Windows®、iPad®、Android 用)
  • Studio One®Artistデジタル・オーディオ・ワークステーション・ソフトウェア(MacおよびWindows用)
  • Capture™マルチトラック・レコーディング・ソフトウェア(MacおよびWindows用)
  • QMix®-UC Auxコントロール・ソフトウェア(iOS® およびAndroid™ 用、Apple App StoreおよびGoogle Playにて無償配布)