Control Studio One

Studio One Professionalのワイヤレス・リモート・コントロール・アプリ

柔軟なコントロール性能がフリーで

PreSonusのStudio One Remoteアプリは、Studio One Professionalオーナーのセカンド・スクリーンであり、様々なコントロールを可能とするiPad、AndroidタブレットおよびWindowsダブレット用アプリ。一般的なトランスポートやミキサーのコントロールだけでなく、編集/エフェクト/オートメーション/イベント/インストゥルメント、そしてマクロ機能などの各コマンドに加え、パワフルなXYベクター・パッドでエフェクト・チェーンを制御できるなど、次世代のワイヤレス・タッチ・コントロール性能をProfessionalオーナーへ無償提供します。

Google Play で手に入れよう

好きな場所からリモート・ミキシング

Studio One Remoteのミックス・ページでは、インサート、センド、入出力、キュー・ミックスを含むStudio Oneのミックス・コンソールをタッチ操作でコントロールできます。マーカーやアレンジ・セクションを使用して、トランスポート・バーとタイムライン・ルーラーもシームレスにナビゲート。内蔵メーター・ブリッジをソングのオーバービューとして使用できます。iPad、AndroidタブレットまたはWindowsダブレットが同じネットワークに接続していれば、いつでもどこでもコントロールが可能なのです。

エフェクトもタッチ操作でコントロール

あらゆるチャンネルのエフェクト・チェーンを、ユーザー定義可能なマクロを使用してコントロールできます。マクロ・コントロールは、エフェクト・チェーン内のプラグインの重要なパラメーターのほとんどに素早いアクセスを提供。また、アサイン可能なノブ8系統、ボタン8系統、そしてパワフルなXYベクター・パッド2系統を使用して、個々のプラグインをコントロールすることまでも可能としています。Studio One純正のNative Effects™は、予めプログラムされており、サードパーティ製AU/VSTプラグイン・パラメーターはStudio OneのControl Link機能を使用して簡単にアサイン可能です。

より迅速で効率的なワークフロー、コラボレーションも可能

コンピューターから離れた場所で、録音中に録音モード、プリカウント、メトロノームを設定できます。個別のフェーダーで複数のキュー・ミックスを調整し、マーカーを保存および呼び出しでき、アレンジ・セクションのコントロールを使用すれば曲構成を構築または変更できます。Studio Oneのパワフルでカスタマイズ可能なキー・コマンドとマーカーを使用して、編集ワークフローを更にスピードアップ可能。Studio One Remoteでは、同一ネットワーク上で実行されているStudio One Professionalをコントロールできます。複数のタブレットを利用して、それぞれにインストールされた複数のStudio One Remoteから1インスタンスのStudio Oneをコントロールすれば、コラボレーションやワークスペースの拡張も可能なのです。

実績のテクノロジー

スタジオおよびライブ・ミキシング向けコントロール・アプリのパイオニアであるPreSonus。Studio One RemoteもPreSonusらしいスピーディで直感的な操作と使用性を備えています。Studio One Remoteは、即戦力に優れたPreSonusのコントロール・ソフトウェアCapture for iPad、UC Surfaceと同じPreSonus UCNETプロトコルが使用されており、信頼性の高いネットワーク接続とリモート・コントロールを実現しています。


関連情報

remixed by HATAKEYAMA

Chihei Hatakeyama氏がFamily Basikの楽曲をドローン・リミックス。そのStudio Oneマルチトラック・ファイルを特別提供中。

Studio One

次世代の64Bit DAWソフトウェア

Capture for iPad

iPad用ライブ・レコーディング・アプリ

Studio 192

26入力32出力USB 3.0オーディオ・インターフェース

Studio 192 Mobile

22入力26出力USB 3.0オーディオ・インターフェース

Quantum

26入力32出力Thunderboltオーディオ/MIDIインターフェース

Quantum 2

22入力24出力Thunderboltオーディオ/MIDIインターフェース