Everybody In the Band Can Hear Clearly Now

16x2 AVBネットワーク・パーソナル・モニター・ミキサー

AVBネットワーク・パーソナル・モニタリング

PreSonus® StudioLive® シリーズIIIファミリー・ミキサーとシームレスに連動するようデザインされ、AVB対応システムとも互換を有するEarMix™ 16Mパーソナル・モニター・ミキサーは、ステージ、サウンド・システム、スタジオ・レコーディング向けの高品質で拡張可能なネットワーク・モニタリング・ソリューション。EarMix 16Mには高性能ヘッドフォン・アンプを含むプロフェッショナル品質と機能性が搭載されており、あらゆるシチュエーションに必要なモニタリングを提供します。EarMix 16MはAVBネットワーキング経由で16系統のモノ・チャンネルの入力に対応。また、StudioLive Series IIIミキサーを使用して複数のユニットをネットワーク接続することも可能です。

ラウドでクリア、カスタマイズ可能なモニター・ミックス

アーティストが最高のパフォーマンスを披露するためにはハイクオリティのモニタリングは必要不可欠。EarMix 16Mには、プロ仕様のインイヤー・モニターなどの低インピーダンス・イヤフォンをドライブできるラウドでクリアなヘッドフォン・アンプと最良のダイナミック・レンジとS/N比を実現するクラス最高峰のD/Aコンバーターを採用。また、幅広い種類のインイヤー・モニターやヘッドフォン、様々なインピーダンスで卓越したサウンドを提供するようにアンプ・デザインにも細心の注意を払っています。コントロールや入力は各ユニット上でカスタマイズ可能で、ミュージシャンはぞれぞれ独自にベストなミックスを作成可能。パーフェクトなモニター・ミックスが完成したら、シーン全体を内部メモリに保存し、最大16のミックス・シーンを瞬時に保存/呼び出しできます。

AVBネットワークとは?

オーディオ・ネットワーク接続は、単にデジタル・スネークを接続する手段にとどまりません。AVBネットワークを使用して、CAT5eまたはCAT6 Ethernetケーブルを使用してデジタル・オーディオ・デバイスを長距離接続し、ネットワーク上のあらゆる場所で超低レーテンシーでオーディオをルーティングできます。AVBは、オーディオにとって他のネットワーク・プロトコルに比べてより良い選択となるさまざまな利点を提供します。たとえば、AVBは高精度クロックを提供し、倍音歪みやフェージングを大幅に低減させ、オーディオを明瞭かつクリーンに保ちます。また、AVBは低レーテンシー・オーディオを伝送するのに十分な帯域幅をあらかじめ確保します。つまり、同じネットワーク上でネットサーフィンしていても大丈夫なのです。これらの重要な利点は、AVBだけの特徴です。

AVBについて詳しく読む

AVB(Audio Video Bridging、TSN(Time Sensitive Networking)とも呼ばれる)は、米国電気電子学会(IEEE)が定める音声と映像をネットワーク転送するための規格。ネットワークの整合性に妥協することなく、AVBトラフィックを処理可能な「スマート」・スイッチ経由でオーディオ、ビデオ、その他の形態のデータを伝送するシングル・デジタル・ネットワークです。

AVBネットワークはAVBスイッチ(PreSonus SW5Eなど)を使用します。これはネットワークのアクティブな部分で、非AVBトラフィックを加速させて超低レーテンシーでのオーディオの伝送に十分な帯域幅が常に確保されるようにします。そのため、他のネットワーク・トラフィックに関係なく、低レイテンシーのオーディオ・パフォーマンスが保証されます。

最後に、AVBは、プロプライエタリ・システムではなく、簡単に入手可能なCAT5e/CAT6 Ethernetネットワーク・ケーブルおよび端子を使用します。

PoE:ネットワーク・デバイスにリモートのパワーを提供

EarMix 16Mは付属の外部電源を使用できますが、ステージ上の複数のポジションに電力を共有するのが難しい場合などでは、PoE(Power over Ethernet)を使用する方が良い場合もあります。PoEは、ネットワーク・ケーブル経由での電力供給を可能とするテクノロジー。PoEなら、デジタル・オーディオなどのネットワーク・データと電力の両方を1本のケーブルで伝送できます。PoE互換デバイスは、ローカルの電力源を必要としないため、Ethernetケーブルを使用できる場合であればどこでも設置できます。さらに、5ポートAVBスイッチであるSW5Eを使用すれば、複数のEarMix 16MをAVBネットワークに接続し、PoE機能を提供します。

ニーズに合わせて拡張可能なシステム

EarMix 16Mは1台でも優れた機能を発揮しますが、バンド全体のモニタリングが必要な場合に特にその才能を発揮します。AVB端子ペアを使用することにより、複数のEarMix 16Mをチェーン接続し、さらにStudioLive Series IIIミキサーにも接続できます。さらに、複数のPreSonus SW5E AVBスイッチから複数のEarMix 16Mをさらにチェーン接続して拡張することも可能です。AVBネットワークが構築できたら、ネットワーク接続されたStudioLive Series IIIコンソールからのEarMix 16Mルーティングの設定、Mac、Windows、iPad、Android用のPreSonus UC Surface無償コントロール・ソフトウェアの使用も素早く簡単です。

耳、そしてバンドが喜ぶサウンド

EarMix 16Mの接続性、AVBネットワークとPoE、PreSonusの名高いハードウェア/ソフトウェア統合により、大規模な合奏にも対応できる真にプロフェッショナルなパーソナル・モニタリング・システムの構築に必要なツール全てを利用できます。マイク・スタンド・マウントといったオプションも用意。ラウドでクリアなヘッドフォン・アンプ、ハイエンド・コンバーター、トップクオリティのシグナル・プロセッシングにより、EarMix 16Mはユーザーが苦労して得たオーディオ・プロフェッショナルとしての名声をさらに高めるであろう並外れた音質を提供します。

関連情報

remixed by HATAKEYAMA

Chihei Hatakeyama氏がFamily Basikの楽曲をドローン・リミックス。そのStudio Oneマルチトラック・ファイルを特別提供中。

StudioLiveシリーズIII

第三世代コンソール・ミキサー

StudioLiveシリーズIII RACK

第三世代ラック・ミキサー

SW5E

PoE対応AVBスイッチ