Monitor Station V2

プロ仕様のモニタリング機能をスタジオに導入。

複数のアナログ・オーディオ入力とデジタル入力、最大3基までのモニター・スピーカーの管理、ハイパワーな4系統のヘッドフォン・アンプによるトラッキング、ドラマーへのトークバック ― これらすべてをデスクトップから1台で制御可能。

さまざまなソースに対応。

最大4つのオーディオ・ソースをすばやく簡単に切り替え、入力タイプも選択可能。

パーソナル・スタジオでは、優れたオーディオ・インターフェースやS/PDIFデジタル出力を装備したデジタル機器などが用意されていることでしょう。また、スマートフォン、カセットデッキなどの3つ目のソースからのオーディオをモニターする必要や、オーディオ・インターフェースから2つの異なるステレオ・ミックスをモニターしたい場合もあると思います。Monitor Station V2は、サウンド・クオリティに妥協を挟むことなく、これらのソースを切り替えることができる便利なデスクトップ・コントロール・センターです。

¼” バランスTRSの2ペア、S/PDIFデジタル入力(44.1、48、88.2、96kHz)から選択可能な3番目の入力チャンネル、ゲイン・コントロールを搭載したアンバランスRCA Aux入力1ペア、RCA Aux入力と合わせられる1/8” アンバランスTRS入力の間で切り替えられ、アナログAuxとデジタルS/PDIF入力は、ボタンで切り替えが可能です。

Monitor Station V2では、ステレオ入力(TRS1、TRS2、Aux)をそれぞれメインまたはキューのオーディオ・パスへルーティングでき、2つの異なる信号(メインとキュー)をヘッドフォン・アンプ4基それぞれへルーティングも可能です。これについては後ほど詳しく説明します。

例えば、ミックスとクリック・トラックをTRS 2入力へ、メイン・ミックスをTRS 1へ送信し、ヘッドフォン・アンプを有効にしてキューまたはメイン・ミックスをモニターできます。メインのオーディオ・パスは、常にコントロール・ルームと同じソースを供給します。

​出力先を管理。

それぞれ個別のレベル・コントロールを搭載したスピーカー出力の3つのステレオ・ペアと、大音量の4つのヘッドフォン出力から選択し、音楽をモニター。

スモール・モニターとラージ・モニター ― 例えば、Eris E5の1ペアとSceptre S6またはS8の1ペアーは、どちらも素晴らしいサウンドを提供しますが、構造が異なっており互いに再現できる領域が異なります。だからこそ、両方を使用するのです。手放すことができない、お気に入りのビンテージのモニター・セットもあるかもしれません。しかし、これら3種類のモニター・セットを必要な時にその都度組み合わせるのは至難の業です。

心配ありません!Monitor Station V2なら、3つのモニター・セット間を簡単に切り替えることができます。それだけではありません。各セットのスピーカー・レベルを個別に設定でき、スピーカーを切り替えても、モニタリング・レベルは一定のままです。

¼” TRSスピーカー出力の3つの左/右ペアから始め、それぞれレベルをコントロールしてみましょう。これに、ラインレベル・バランス¼” TRSメイン出力の左/右ペアとバランス¼” TRSキュー出力を加え、こちらもレベルをコントロールします。メイン・スピーカー・レベル(ラインレベル出力ではない)は、Monitor Station V2コントロール・サーフェス上の大きな青色のノブでコントロールします。

すべてのスピーカーを同時に使用したり、一度に1ペアのみ使用したり、出力Cをサブウ―ファー用にアクティブにしたままスピーカーAとB間で選択することも可能です。

ヘッドフォンで遠隔コミュニケーションも問題なく

Monitor Station V2なら、メイン・ルームからドラマーを追い出し、ギタリストを浴室に閉じ込め、ボーカルをクローゼットに押し込めても、文句を言われることは(多分)ありません!

スタジオのメイン・ルームにドラムを置くスペースがないというケースは少なくありません。しかし、広いリビングでドラムを演奏すれば、優れたサウンドが得られるとします。また、6弦ギターのスリンガーとリグについても、浴室が一番自然なリバーブが得られる場所だったとします。さらに、ボーカル・ブースにウォークイン・クローゼットを活用しているとします。

このような場合、各ミュージシャンにヘッドフォンが必要になり、また各自にキューを出す必要もあります。しかし、これ以上機材を購入する予算はありません。

そんな時も、Monitor Station V2なら問題ありません。大迫力のヘッドフォン・アンプを装備した¼” TRSステレオ・ヘッドフォン出力を4系統も搭載。ミュージシャンが音を聴き逃すことはありません。各ヘッドフォン出力にはメイン/キュー・ソース・セレクターと出力レベル・コントロールが装備されています。これは、HP4ヘッドフォン・システムと同一です!

Monitor Station V2に内蔵のレベル・コントロールを搭載したエレクトレット・コンデンサー・トークバック・マイクを使用すれば、ヘッドフォンを介してミュージシャンとコミュニケーションをとることができます。赤のトーク・ボタンは、マイクを有効に切り替え、自動的にキュー信号を20dB減衰します。

スタイルに合わせてカスタマイズ。

Monitor Station V2は、ユーザーのスタイルに合わせて設定可能なパワフルなオプションを提供。

モニタリング・システムの管理は、I/O、レベル・コントロール、トークバックだけではありません。Monitor Station V2は、ユーザーが必要とする機能すべてを提供します。

8セグメントの3色LEDメーターは、左右の信号レベルを表示します。これらのLEDメーターは、+4dB、+10dB、+18dBの信号レベルで使用する3種類のモードから選択できます。

モノ・スイッチはステレオ出力を合計し、位相の問題を確認できます。便利に配置された大きなノブ・コントロールではメイン・スピーカー出力レベル(メインのラインレベル出力ではない)をコントロールでき、減衰ノブの付いたディム・スイッチではスピーカー出力を様々な値(-30〜-6dB)で下げることができます。もちろん、スピーカーをミュートすることも可能です。

ユーザーにより作業スタイルは異なります。Monitor Station V2は、スタイルに合わせてさまざまにカスタマイズが可能です。入力選択、スピーカー選択、前述のLEDメーター・モードは、電源オン時に好みのレコーディング・システムや方法に合わせて設定を変更し保存できます。

入力は、サミング・モード(TRS1、TRS2、Aux-S/PDIFがミックス)またはトグル・モード(TRS1、TRS2、Aux/Phonoのいずれか1つだけが選択)のいずれかに設定可能です。

スピーカーは、オール・オン・モード(スピーカーA、B、Cが同時に使用可能)、トグル・モード(スピーカーA、B、Cのうちいずれか1つだけが選択)、またはサブウーファー・モード(AとBのいずれかを選択し、AまたはBにCを追加)のいずれかに設定できます。

人間工学に配慮した直感的なレイアウト、幅広い機能とI/O、PreSonusならではの優れたサウンド・クオリティを持つMonitor Station V2は、デスクトップを使用したスタジオ・モニタリング・システムの管理に多目的かつ便利でコストパフォーマンスに優れたソリューションを提供します。是非PreSonus正規ディーラーにてプロ仕様のモニタリング・システムを体験してください。 



MI7 STOREでご注文可能



MI7マイページ

MI7マイページがオープン!

ユーザー登録/管理やショッピングなど便利な機能/情報を集約したユーザー専用のページ、それがMI7マイページ。誕生日を登録するともれなくクーポンをプレゼント中!PreSonus製品のユーザー登録を行っていない方は今すぐMI7マイページにご登録ください。
MI7マイページに登録する

関連製品

FaderPort — USBコントローラー
製品情報を見る


関連製品

Eris — 2ウェイ・モニター
製品情報を見る

関根青磁

関根青磁(agehasprings)

ミキサーからモニター・セクションを抜き出したモニター・コントローラーが世に出始めて10年あまり。今では多種多様な製品があり、プライベート・スタジオの構築もしやすくなりました。今回はその先駆の一つとも言えるメーカー、PRESONUSから登場したMonitor Station V2をチェックします。
関根青磁氏のレビューを読む