image description

ADL 600

2チャンネル・ハイボルテージ真空管プリアンプ



Color As It is制作秘話公開記念
スペシャル・オファー
公開を記念してPreSonusのハイエンド・プリアンプ、ADL 700、ADL 600、RC 500が最大35% OFFで入手できる数量限定のスペシャル・オファーを実施!
スペシャル・オファー



待望の新しいサービス
MI7マイページがオープン!
ユーザー登録/管理やショッピングなど便利な機能/情報を集約したユーザー専用のページ、それがMI7マイページ。誕生日を登録するともれなくクーポンをプレゼント中!PreSonus製品のユーザー登録を行っていない方は今すぐMI7マイページにご登録ください。
MI7マイページ



The Professionals Reviews
Mick沢口
数々の輝かしい功績を収めているサラウンド寺子屋塾主宰/サウンド・プロデューサーのMick沢口氏が、PreSonus最高峰のハイエンド・チャンネル・ストリップADL 700をレビュー。ADL 700で収録したサウンドも試聴可能!
Mick沢口



関連製品
ADL 700 — 1チャンネル・ハイボルテージ真空管チャンネル・ストリップ
ADL 700



関連製品
Studio Channel — 12AX7真空管チャンネル・ストリップ
Studio Channel

絶対的な最高品質

PreSonusはこれまでに数々の優れた真空管プリアンプをリリースしてきました。しかし、ADL 600はその上を行くレベルの製品です。のどから手が出るほど欲しいという声も聞こえてくる、非常に人気の高いアイテムです。最高品質をお求めなら、ぜひこのADL 600プリアンプをお試しください。驚くほどのコストパフォーマンスを実現した極上のプリアンプです。

世界的な真空管回路デザイナーAnthony DeMaria Labs(ADL)とのコラボレーションによりデザインされたADL 600は、クラスAのディスクリート・デザインを採用し、トップグレードの真空管3基を各チャンネルに搭載。そして、±300Vのパワー・レースで動作することで最大限のヘッドルームと極めて優れたサウンドを提供します。さらに、デュアルトランス・デザインにより、超低ノイズと最大限のコモンモード・リジェクションを実現しています。

スイッチ・アッテネーター、アナログVU、LEDメーター、カスタム・デザインの特製トランスフォーマーと、最高品質のコンポーネントのみを採用。信号経路にオペアンプやICは一切使用しておらず、ポリプロピレン・フィルム・コンデンサーに至るまでハイエンドを追求しています。

その結果、存在感と温かみがあり、スムーズでクリアなサウンドを提供する、超低ノイズの真空管プリアンプADL 600が誕生したのです。大きく滑らかで表現力豊かなボーカル、ディープでタイトなベース、リッチで厚みのあるミックスが生まれ、あらゆる種類のサウンドを素晴らしいサウンドへと変えてしまう製品です。

ADL 600のプリアンプは±300Vものパワーレールを採用していますが、オペアンプを使用した一般的なプリアンプでは10V〜18V程度のパワーレールが使用されています。ADLシリーズの±300Vものハイ・ボルテージ・パワーによって、余裕のあるヘッドルームが得られ、リッチな低音域、滑らかな高音域、奥行きのあるサウンドが得られるのです。

ADL 600のプリアンプは、トランジスター、レジスター、コンデンサーのみで構成されており、超低ノイズと透明度を提供しています。一般的なプリアンプに使用されているオペアンプではノイズ、色付け、ざらついた質感を付加してしまいますが、ADL 600にはそれが一切ありません。

パワーアンプは、出力段のデザインによりクラスA、B、AB、D、G、Hの各級に分類されています。ADL 600のクラスAプリアンプでは、出力回路は信号スイングのサイクル全体やバイアス電流フローに対して常にオンの状態が保たれるため、一般的なクラスA/B回路と比較して、電圧が切り替わる際に生じるクロスオーバー歪みがなく、よりピュアでクリーンな音楽的サウンドを実現できます。

ADL 600は、大型で高品質、カスタム・デザインのシールド入出力トランスを採用しています。これらにより、プリアンプは(マイクおよびA/Dなどから)分離します。これは、ADL 600のようなハイボルテージ真空管プリアンプ・デザインでは非常に重要なファクターです。

ADL 600に採用したCineMag社製の入力トランスは、プリアンプのほぼフラット/リニアでディテールに優れたサウンドを実現。CineMag社製トランスは、並外れたクオリティのサウンドを提供します。加えて、ニッケル/アイアン・コアの大型出力トランスにより高いヘッドルームをもたらします。超高レベル時では、「クリーミー」と表現したくなるほど心地よいサチュレーションが生じ、これがサウンドに優れた仕上がりを付加するのです。

最大限のフレキシビリティ

極めて高いサウンド・クオリティに加え、ADL 600プリアンプはその操作性と柔軟性でも特別な存在です。2つの入力チャンネルには、マイク、ライン、インストゥルメント入力がそれぞれ用意されており、マイク入力インピーダンスを1500Ω、900Ω、300Ω、150Ωの4タイプから選ぶことが可能です。マイク入力インピーダンスを調整することで微妙なカラーリングやフィルタリングの効果を生みだし、EQを使用せずに幅広い音色を得ることも可能です。

一般的なマイク・プリアンプの入力インピーダンスは1〜2kΩの固定値となっていますが、ADL 600では可変マイク入力インピーダンスを提供しており、1500Ω、900Ω、300Ω、150Ωから設定可能です。

プリアンプの入力インピーダンスが下がるとマイクに負荷抵抗がかかりますが、これがマイクにダメージを与えることはありません。逆に、マイク入力インピーダンスを可変することで、微妙なカラーリングやフィルタリングの効果を生みだし、幅広いサウンドを得ることが可能となるのです。

一般的に入力インピーダンスが低い場合には、マイクのサウンドがより「暗く」「閉じた」音になり感度が変化します。この効果は、アクティブなマイク(コンデンサー・マイクまたはリボン/ダイナミック・マイク)よりも、パッシブなマイク(リボンまたは可動コイル)で際立ちます。

ADL 600のハイパス・フィルターにはロータリー・スイッチが採用されており、3種類のフィルター設定(6dB/オクターブで40Hz、80Hz、120Hz)を選択し、不要な響きや低周波ノイズをコントロール可能です。

入力ゲイン・アッテネーターは軍用グレードのロータリー・スイッチを採用し、最大73dB以上のプリアンプ・ゲインを5dB単位で提供する軍用グレードの8段階ロータリー・スイッチを採用しています。出力段には、可変アッテネーターにより±10dBのトリム調整が可能で、どのような用途であっても最適なゲインを得ることができます。もちろん、耐久性に優れた軍用グレードの+48Vファンタム電源、極性反転、20dBパッドも搭載しています。

メーターにも抜かりはありません。素早いレスポンスの8セグメントLEDメーターは、高速のトランジエントやピークを正確に検出。大型でバックライト付のアナログVUメーターには出力レベルが表示され、-6dBスイッチでは極度な信号をメータリングすることも可能です。

百聞は一見にしかず

技術仕様はもちろん参考にはなりますが百聞は一見にしかず。世界最高品質の真空管プリアンプがもたらす感動を正規ディーラーでご体験ください。



MI7 STOREでご注文可能


ガイド

PreSonusブランド・ガイド
ガイドを読む