Advanced, Innovative DAW Control

FaderPortシリーズ

アドバンスドDAWコントロール・サーフェス

キーボードとマウスはその有効性が実証済みのDAWコントロール・デバイスですが、ミックスやオートメーション機能にFaderPortシリーズを組み合わせることで遥かに効果的になります。ミックス・エンジニアだけでなく、DAW内部完結させたいユーザーにとっても優れたソリューションであるFaderPortシリーズは、100mmストロークのタッチセンシティブ・モーター・フェーダーや多数の機能をカバーする各種ボタンを、デスクに収まるコンパクトなシャーシに統合した唯一のコントローラーです。FaderPortシリーズなら、これまでに経験したこともないような素早く効率に優れたワークフローが得られます。

制作をスピーディーに、そしてスマートに

FaderPortシリーズは、ミキシング・フローを見直すのではなく、そのフローをより良いものへと高める機能を備えています。これまで通りに、キーボードやマウスを併用しながら、任意の機能をFaderPortシリーズでハンズオンでコントロールし、ミックスを操作できます。

100mmストロークのモーター・フェーダーでミックスのコントロールやボーカル・トラックのオートメーション・ライティング。再生、停止、早送り、早戻し、録音、ループなどのトランスポート・コントロール。そして、トラック・スクロール、チャンネル・バンキング、タイムライン・スクロール、水平ズーム、垂直ズームなどのナビゲーション・コントロールなどを提供。さらにStudio One 4 Artistも収録し、すぐに音楽制作が可能です。ラインアップは、スタンダード機種の「FaderPort」、フェーダー/ボタン数を拡張しフルミックスまで対応した「FaderPort 8」と「FaderPort 16」の3機種を用意しています。

ボタンひとつで主要機能にアクセス

FaderPortシリーズのセッション・ナビゲーターでは、主要機能に素早くアクセスでき、最大限のフレキシビリティを提供しています。トランスポート、チャンネル選択、フェーダー・モード、ウィンドウ切替連ボタンを使用して、優れた効率性とスピードでエディットやミックスが行えます。また、エンコーダーでタイムライン上を、矢印ボタンで小節毎に素早くスクロール、エンコーダーでタイムライン上をズームイン/ズームアウト、矢印ボタンでトラックを拡大縮小、マーカーのナビゲート/ドロップ、メインレベルのコンスタントなコントロールも行えます。セッション・ナビゲーターを使用し始めれば、もうこれなしでのミックスは考えられなくなるでしょう。

*機能はご使用のソフトウェアにより異なる場合があります。

高速ワークフローを実現するセッション・ナビゲーターについて詳しく読む

FaderPortシリーズのセッション・ナビゲーターを活用する方法は無数にあります。ユニークでフレキシブルなこのコントロールを使用すれば、優れた効率とスピードで、トラック編集/ミックスが実現できます。以下はFaderPortで利用可能な機能の一部です。

  • エンコーダーで複数のトラックを通して、矢印ボタンでひとつずつ順に素早くナビゲート
  • エンコーダーでズームイン/アウトして編集。トラック・サイズを変更するには矢印ボタンをタップ
  • エンコーダーでタイムライン上を、矢印ボタンで小節毎に素早くスクロール
  • エンコーダーで複数のトラックを通して、矢印ボタンでひとつずつ順に素早くバンク
  • クリック・トラックをオン
  • マーカー・トラックを開き、エンコーダーまたは矢印ボタンを使用してマーカーを選択、エンコーダーを押してマーカーをドロップ
  • Studio Oneのアレンジ・トラック内のセクション、Mackie Control/HUI対応のDAWのイベントを素早くナビゲート
  • マスター・フェーダーのコントロールを一定に維持

様々なDAWに対応、そしてStudio Oneとのタイトな統合

FaderPortシリーズは、様々なエミュレーションへの対応により、実質的に全てのDAWを素早く簡単にコントロールできます。USBクラス・コンプライアントなのでドライバーのインストールすら不要。USB接続するだけでDAWのオートメーション、ミックス、トランスポートをコントロールできます。

対応DAWは、ネイティブ・モードでStudio One、エミュレーションでPro Tools、Logic、Cubase、Ableton、Nuendo、Bitwig、Reaper、Reason、Sequoia等に対応しています。PreSonus純正のDAWであるStudio Oneで使用すると更にその可能性が発揮され、Studio One 4 Artistも収録されています。

Studio Oneとのタイトな統合について詳しく読む

FaderPortシリーズは、様々なエミュレーションに対応しており、実質的に全てのDAWソフトウェアに互換しています。また、FaderPortシリーズは、数々の賞に輝くStudio Oneで使用するとさらに可能性を発揮。次のようなコントロールが行えます。

  • Studio OneにFaderPort設定が予め含まれており、即座に使用可能
  • ボタンひとつで、指定のトラック上の全てのプラグインをバイパス
  • チャンネル・エディターを開き、各チャンネルのカスタム・マクロをコントロールするフェーダーを有効化
  • リンク・パラメーターを使用すれば、パン/パラメーター・エンコーダーをマウスに追従させることができ、あらゆるパラメーターに対して即席のハンズオン・コントロールを提供可能。またエンコーダーを現在のパラメーターにロックすることも可能
  • FaderPort 8/16では以下の機能も利用可能:
    • セッション・ナビゲーターを使用してアレンジ・トラック内のさまざまなセクションを素早くスクロール

驚くほど高速で効率的なワークフローを体験

コンパクトでユーザー・フレンドリーなFaderPortシリーズなら、これまでに経験したこともないような、素早く効率に優れたワークフローが得られます。是非、PreSonus正規ディーラーでFaderPortシリーズをご体感ください。


関連情報

Inter BEE 2018

14日/16日の14時から浅田祐介氏と宮川麿氏による「POPミュージックでのイマーシブ制作テクニック」セミナーを実施!是非ブース(ホール1/1306)にお越しください。

DORIAN

トラック・メイカー/DJのDORIAN氏が、Studio One 4の新機能を中心にダンス・トラック・メイクを指南した「デモ・トラック|Studio One Prime EDITION」を特別提供。

レビュー記事

DTM Station「16chのFaderPort 16も登場して3ラインナップに。ムービングフェーダー、FaderPortは全DAWユーザーが持っておくべき!」

特集企画

TuneGate「ミックス用 / 演奏パフォーマンス用 / 音楽制作用の3タイプでチェック。DTMでのフィジカルコントローラーの選び方を徹底解説!」

ビデオ

「Studio Oneをもっとよく知ろうの会」会長であり、作編曲家の田辺恵二氏がFaderPort 8の魅力を紹介

Studio One

次世代の64BIt DAWソフトウェア

Monitor Station V2

モニター・コントローラー