Capture for iPad
Capture for iPad

Studio Oneへワイヤレス転送も可能なiPad用レコーディング・アプリ。しかもステレオ版は無料!



待望の新しいサービス
MI7マイページがオープン!
ユーザー登録/管理やショッピングなど便利な機能/情報を集約したユーザー専用のページ、それがMI7マイページ。誕生日を登録するともれなくクーポンをプレゼント中!PreSonus製品のユーザー登録を行っていない方は今すぐMI7マイページにご登録ください。
MI7マイページ



関連製品
AudioBox iシリーズ — USB 2.0/iPadレコーディング・システム(DAW/iPadアプリ付属)
AudioBox iシリーズ


AudioBox iTwo STUDIO — レコーディングと制作に必要なすべてを1パッケージにしたスペシャル・バンドル
AudioBox iTwo STUDIO



PreSonus Capture Duo

2トラック/ステレオ版(無償)



PreSonus Capture for iPad

32トラック版(有償)



モバイル・レコーディングがこれまでにない程簡単!しかもステレオ版は無料。

PreSonus®のCapture™ for iPad®アプリは、プロフェッショナル・クオリティでありながら軽快で高速なオペレーション、そして簡単なレコーディング環境をApple iPadにもたらします。しかもステレオ録音の無料版も用意!どれほど高速で簡単かと言えば…?正にワンタップでレコ―ディングがスタートできます!

PreSonus Captureアプリで新規レコーディング・セッションを作成すると、すべての入力に対して録音可能なトラックが自動的に作成され、録音ボタンをタップするだけで録音がスタート。とても簡単なのです!PreSonusが本当に望むテクノロジーは、PreSonus Captureアプリがユーザーの心を読みベストなタイミングで録音を開始することですが、残念ながらそのテクノロジーは完成していません..。しかし、現在提供できる最速で最も簡単なソリューションは、このワンタップ・レコーディングです。

セットアップは非常に簡単で、全てPreSonus Captureアプリ内で行えます。アプリを起動するとスタート・ページが開きます。ここから、録音済みセッションをブラウズしてロードしたり、セッションの名前を変更したり、セッションを削除したりできます。

操作もシンプル。メインのセッション・ページには、トラックが縦方向に、オーディオ・イベントが横方向のタイムライン上に分かりやすく表示されます。一番上のメニュー・バーには、セッション名(編集可能)、時間位置(時間単位または小節/拍単位)といった定期的に確認が必要な情報や、録音残時間、ヘルプ、転送、クローズ・ボタンが表示されています。トラックコントロール・セクションには、編集可能なトラック名およびミュート、ソロ、録音準備、入力モニターの各ボタンが用意されており、各トラックにはそれぞれ独立したボリュームおよびパンのコントロールも装備。全ての機能は分かりやすくレイアウトされており、直感的な操作が可能です。

録音中には、波形を表示する新規オーディオ・イベントが各トラック上に作成されます。トランスポート・コントロールを使用するか、手動で再生カーソルを任意のタイムライン位置にドラッグすることで、再生を開始したり新規録音を作成したりもできます。

シンプルでありながら優れたこのセクションでは、同一トラックにオーバーダブして、前回録音したイベントを上書きすることなく新しいオーディオ・イベントを最上部に作成できます。最上部のイベントを移動したり、イベントのスタート位置やエンド位置を変更して下にあるイベントを表示させたりも可能です。

無料で24Bit 96kHzステレオ録音が可能。マルチトラック版もラインアップ


AppleのApp Storeにアクセスすれば、誰でも無料の2トラック版PreSonus Capture Duoアプリを今すぐ利用可能です。また、最大32トラックまで対応するマルチトラック版のPreSonus Captureアプリも僅か1,000円で購入可能です。

無料のPreSonus Capture Duoアプリでは、最大24Bit 96kHzのステレオ録音/再生が可能です。2トラック以上が必要になった時には?AppleのApp Storeから購入可能なPreSonus Captureアプリが用意されています。併用するiPadオーディオ・インターフェースに合わせて最大32トラックの同時録音が可能です。

使用可能なトラック数を除けば、PreSonus Capture DuoアプリとPreSonus Captureアプリは同一の性能を有したアプリです。

PreSonus Captureアプリは主にサウンド収録向けにデザインされてはいますが、クリーンアップに必要なイベント編集にも対応。基本的なフィンガー・ジェスチャーを使用したオーディオの編集はシンプルかつ簡単です。

編集操作も非常に簡単ですが、タップ操作ひとつでヘルプを開くこともできます。「?」ボタンをタップするとクイック・スタート・ガイドが起動し、アプリの操作方法や、Studio Oneへのセッション転送方法が表示できます。もちろん日本語表示対応です。

 

iPadからStudio Oneへソングを転送—もちろんワイヤレスで


PreSonus Captureアプリは、どちらのバージョンでもiPadで録音したソングデータを、MacまたはWindowsのPreSonus Studio One® へ直接ワイヤレス転送が可能。そのままシームレスに編集、ミキシング、マスタリング作業までもが行えます。

PreSonus Captureアプリなら、いつでも、どこでもレコーディングが行えます。それでも、編集やミックスにはコンピューターが有利なのは事実。特に、数々の賞に輝いたPreSonusのMacおよびWindows対応のDAW、Studio One® がベストマッチです。

PreSonus Captureアプリで録音および保存をしてから、そのままPreSonus Studio One(バージョン2.6.3以降)へ直接ワイヤレス転送できます。世界最速かつ圧倒的なサウンド・クオリティを誇るStudio Oneソフトウェアを使用して、高度なミキシングや編集作業を行えます。もちろん、無料バージョンであるStudio One FREEへのワイヤレンス転送もサポートされています!プロジェクトが完成したら、Studio OneからSoundCloud™ へミックスをアップロードし公開、そしてNimbit® へアップロードして配信/プロモーションすることも可能。これらはすべてStudio One内で直接オペレーションが可能です。

また、PreSonus Captureアプリのソングや個々のトラックは、iPadをUSBまたはワイヤレス経由でコンピューターと接続することで、iTunesでコンピューターへコピーすることも可能です。

あらゆるiPadインターフェースに対応


PreSonus Captureアプリは、あらゆるiPad互換オーディオ・インターフェースおよび内蔵マイクに対応しており、Appleロスレス・フォーマットでファイルを保存します。

PreSonus Captureアプリは、あらゆるiPad互換オーディオ・インターフェースおよびiPad内蔵マイクに対応しています。ただ、どうせ録音するならばいい音で..。そんな方にお勧めなのがAudioBox iシリーズ。PreSonus純正のUSB 2.0/iPadオーディオ・インターフェースで、クラスAマイク・プリアンプを搭載し24Bit 96kHz対応のUSBバスパワー駆動。価格は驚きの13,800円からです。

設定も簡単!標準のLightningケーブルまたは30ピンApple USB接続ケーブルを使用してiPadをオーディオ・インターフェースのMFiポートに接続し、PreSonus Captureアプリを起動すれば準備は完了です(インターフェースによってはiPadからの電力供給に対応しておらず別途電源が必要な製品もあります)。

録音機材を何も持っていない方もご安心を!PreSonusでは、USB/iPadオーディオ・インターフェース、コンデンサーマイク、高解像度ヘッドフォン、そして各種接続ケーブルなどを1パッケージにしたコンプリートなDTMパッケージAudioBox iTwo STUDIOもラインアップしています。これだけ揃って27,800円です。

録音したサウンドはコンパクトなAppleロスレス・フォーマットでiPadメモリに保存されるので転送時間も大幅に短縮。もちろん、PreSonus Captureアプリでの録音したサウンドをStudio Oneへ転送すれば、さまざまなファイル・フォーマットに変換できます。

PreSonus Captureアプリでもトラックの保存は簡単。PreSonus Captureアプリは録音後に自動保存し、バッテリー切れやクラッシュなどのハプニングが生じても、自動保存したバックアップ・ファイルから録音内容を復元します。