image description

Central Station

究極のスタジオ・コントロール・センター



待望の新しいサービス
MI7マイページがオープン!
ユーザー登録/管理やショッピングなど便利な機能/情報を集約したユーザー専用のページ、それがMI7マイページ。誕生日を登録するともれなくクーポンをプレゼント中!PreSonus製品のユーザー登録を行っていない方は今すぐMI7マイページにご登録ください。
MI7マイページ



レビュー
サウンド&レコーディング
"DAW環境のモニター・システムを統括するパッシブ回路のコントローラー"
記事を読む



製品紹介ビデオ
Central Station製品概要



関連製品
CSR-1 — Central Station用リモート・コントローラー

究極のスタジオ・コントロール・センター

Central Station Central Station(セントラル・ステーション)は、近年主流のデジタル・スタジオに最適な究極のスタジオ・モニタリング・インターフェースです。Central Stationには、DAW、ミキサー、CD/DAT/テープ・プレイヤー、キーボード/サンプラーなどの入力ソースを切り替えることのできるステレオ・アナログ入力が3系統搭載され、2つのステレオ・アナログ入力はTRSバランス、3つ目のステレオ・インプットはトリム・コントロールを搭載したRCA入力となっており、入力信号のレベル合わせが可能。また、Central StationにはS/PDIFまたはTOSLINKによるデジタル入力2系統が搭載されており、最大24-bit/192kHzのD/A変換が可能です。そのため、DAWとCD/DAT出力を同一のプロクオリティ・コンバーター経由でモニターすることができ、極めて正確なA/B比較と最高クオリティのモニタリング環境を提供し、内蔵のD/Aコンバーターは、卓越したクオリティのアナログ回路と、117dBを超えるダイナミック・レンジを誇ります。Central Stationには3セットのモニター出力が装備されており、それぞれにトリム・コントロールが搭載されています。さらにモニタリング・セクションにも、ミュート、Dim(音量を下げる)、モノの各スイッチが搭載され、キュー出力も搭載されているのでヘッドフォン・アンプや別個のステレオのメイン・ライン・レベル出力に供給することができます。

パッシブ信号経路

Central StationCentral Stationはパッシブな信号経路で究極のソニック・パフォーマンスを提供します。Central Stationのメイン・オーディオ・パスには、ノイズ、色付け、歪みなどをサウンドに付加するオペ・アンプやアクティブICなどを含むアンプ段が一切使用されていません。オペ・アンプやICによる歪みは、耳にも負担を与えます。

Central Stationにおける信号のルーティングには、アクティブICではなく34のシールド・リレーが採用されており、最短の信号経路となるよう配慮されています。リレーにより極めてトランスペアレントな信号経路が得られ、ダイナミック・レンジ、周波数特性、ヘッドルームを最大限に広げ、ノイズと音色変化を最低限に抑えることができます。Central Stationは、誤差1%以内の軍用グレード・メタル・フィルム抵抗、マルチエレメント・ポテンショメーター、優れた耐久性のコネクターなど、最高のソニック・パフォーマンスを提供する極上のパッシブ・コンポーネントを採用しています。


メータリング

Central Stationには、高速レスポンスの30セグメントのピークホールドLEDが搭載されており、正確なメータリングが行えます。Central Stationのフロントパネルには、dBuおよびdBfsスケール、ピークホールド・クリア・スイッチ、メーター位置調整スイッチもあり、詳細なメータリングが可能です。

トークバック

Central Stationにはトークバック・マイクが内蔵されており、キュー出力を経由してアーティストとエンジニア間でコミュニケーションが可能。Central Stationのリア・パネルにはマイクXLR入力も搭載されており、外部マイクを使用することもできます。トークバック使用時には、コミュニケーションが取りやすいよう、キュー・ミックスの音量が自動的に下げられます。

CSR-1 CENTRAL STATION REMOTE同梱

Central Station Remote Control(CSR-1)をCentral Stationリア・パネルのDB15コネクターに接続すれば、ボリューム、トークバック、ミュート、入力ソースの切り替え、スピーカー・スイッチングなどの機能をコントロールすることが可能。CSR-1を使用することで、Central Stationをラックに設置したまま自由自在にコントロールできます。

ご注意: CSR-1(リモートコントローラー)のTB(トークバック)ボタンをオン/オフすると、SPEAKER SELECT 『C』もオン/オフと切り替わってしまう症状に加えて、Central StationにCSR-1(リモート・コントローラー)を接続時にDIGITAL入力に信号があり、インプットセレクトでDigitalを選択している場合、Sperker Select(スピーカーセレクト)が誤動作して、オン/オフと切り替わってしまう症状が確認されております。現時点で、この症状について改善する方法がないことを予めご了承頂きお求めください。



MI7 STOREでご注文可能