Accurate Measurement

リファレンス・マイクロフォン

プロフェッショナル・メジャーメント・ツール

リファレンス&メジャーメント・マイクロフォンであるPRM1は、リアルタイム・アナライザーおよびスペクトログラフなど空間音響分析ツールのために、正確なリプロダクションを提供するリファレンス・マイクロフォンです。

リファレンスまたはメジャーメント・マイクロフォンとは

リファレンスまたはメジャーメント・マイクロフォンとは、オーディオ分析ツール(リアルタイム・アナライザーとスペクトログラフ)用途に、空間音響特性の正確なリプロダクションを提供するためにデザインされているコンデンサー・マイクロフォンを指します。一般的なリファレンス&メジャーメント・マイクロフォンは高額ですが、PreSonusのPRM1は高品質でありながら魅力的なプライスで提供されます。

PRM1は、¼インチのプリポラライズド(偏極型)のエレクトレットコンデンサー・カプセル、無指向性の極性パターンを採用しています。これにより、全方向に対して均等な感度を有しています。これは、マイクロフォンでリフレクション(ダイレクトな信号だけでなく)の測定も可能とし空間音響の正確な描写を提供。最大132dB SPLまで対応し20Hz〜20kHz間でリニア(フラット)な周波数特性を実現しています。

Smaartおよび他のオーディオ解析ツールに理想的

マイクロフォンによるリニア周波数のキャプチャとは、その指定された周波数幅の範囲内でブーストおよびカットもなく均等にすべての周波数をキャプチャし、正確に入力信号をリプロデュースさせます。これは、空間音響またはスピーカーをチューンし、音響システムで出力される信号の最適化が可能です。

PRM1のダイナミックレンジはナローです。これは、一定のレベルでテスト信号(ピンク・ノイズ等)をキャプチャすることを目的としてデザインされているため、一般的なレコーディング用途には推奨されていません。しかし、空間音響で正確にそれらのトラックをリプロデュースし音響システムをチューニングするためは理想的なマイクロフォンです。

PRM1は、MLSSA™、Spectrafoo™およびTEF™など様々なメジャーメント・アプリケーションで利用が可能ですが、特にPreSonus Virtual StudioLiveソフトウェアに含まれている Smaart Measurement Technology™とPreSonusのStudioLiveでの使用が推奨されています。この組合せでは、コンプリートでパワフル、そして魅力的なプライスでオーディオ分析と補正システムを手に入れることが可能です。


関連情報

Studio One 5登場

スコアリング機能、ライブ・パフォーマンス用ショー・ページなど数々の機能向上を提供するメジャー・バージョンアップ、Studio One 5が登場

PreSonus Sphere誕生

全てのソフトウェア、クラウド・ストレージ、メンバー限定サイト、トレーニング/イベントを提供するPreSonusメンバーシップが誕生

超絶マルチをGET

Kelly SIMONZ氏がStudio One Ampireを駆使した超絶データを特別提供!ギターサウンドはMCM 800/4x12 M65で構成し、ダイレクト音も収録されておりリアンプまでも可能

Studio Magic 2020

PreSonusハードウェア登録ユーザーに無償提供されるStudio Magicが2020へアップデート!総額10万円以上ものバリューに

millennium parade

King Gnuを率いる常田大希氏のmillennium parade。そのメイン・システムに選ばれたのがPreSonus製品です。総指揮を担う常田氏にインタビュー