PreSonus Studio 192

クリエイションのためのI/O、Studio 192

Studio 192は、PreSonus初のUSB 3.0オーディオ・インターフェースであり、26x32チャンネル、24Bit 192kHz Burr-Brown製コンバーター、リモート・コントロール可能なXMAXプリアンプ、Fat Channel用DSP、ゼロレイテンシー・モニター・ミキシング、内蔵トークバック、そしてStudio Oneとのシームレスな統合を実現。プロフェッショナル・モニタリングとミキシング・コントロールを1ラックスペースに組み合わせ、並外れた忠実度とフレキシブルな接続性を提供します。

  • 最大26入力および32出力を48kHzで同時ストリーム — または192 kHz時で8 x 14が可能
  • 数々の賞に輝くStudioLive™ Fat Channelプロセッシングをゼロレイテンシー・モニタリングで各アナログ入力に使用可能
  • XMAX™ プリアンプのリモート・コントロール、付属のStudio One Artistでゼロレイテンシー・モニター・ミックスを作成(サードパーティ製DAW使用時には、PreSonusの先進的ソフトウェアUC Surfaceを使用して、スピーカー・スイッチングやMIDI経由のStudio 192プリアンプのリモート・コントロールを使用してゼロレイテンシー・ミックスを作成可能)
  • コンピューター、iPad、タッチコントロール可能なPCからミックスを設定、スピーカー・スイッチングをコントロール
  • Studio 192をスタジオ・コマンド・センターとして使用して、モニター・ミキシング、Studio One® ArtistまたはUC Surface™からのスピーカー・スイッチング、独立ヘッドフォン出力2系統を使用可能
  • リモート・コントロール機能搭載のDigiMax DP88プリアンプ・コンバーターを追加してI/Oを拡張可能

スタジオのコマンド・センターとしても機能

Studio 192は、あらゆるプロジェクトやプロフェッショナル・スタジオのセントラル・ハブとして機能するようデザインされています。内蔵トークバック・マイクは、あらゆるミックスにルーティングでき、内蔵DimおよびMonoオプションでは、メイン・ミックスをコントロール可能。いずれかのヘッドフォン・アンプから任意のミックスをモニターでき、ワークフローに合わせて、モニター・ミキシング、スピーカー・スイッチング、あるいはその両方に10系統のバランス出力を使用できます。柔軟なソフトウェアと豊富なI/Oにより、Studio 192はあらゆるレコーディング/プロダクション環境に適合します。

XMAXプリアンプにリモート・コントロール機能が搭載

  • トーンを色づけしないトランスペアレントなサウンド
  • Studio Oneから直接プリアンプをコントロール可能
  • MIDI経由でPro Tools、LogicまたはLiveからプリアンプ設定をコントロールでき、設定をレコーディング内容と一緒に保存可能
  • クラスAアナログ回路のクオリティを簡単なデジタル・リコールが可能に


Studio 192にはリモートコントロール可能な8基のXMAXプリアンプが搭載されており、高ヘッドルーム、低ノイズ、広ダイナミックレンジ、幅広い周波数特性を提供します。結果として音楽的でトランスペアレントな音となり、スムーズでソリッドなサウンドが再現できます。

レコーディング・クオリティを決める重要な要素はプリアンプ・デザインであるとPreSonusは考えています。Studio 192はさまざまなマイクロフォンに対応するハイ・ボルテージおよびディスクリートのカスタム・デザインによるXMAXクラスAマイクロフォン・プリアンプを搭載しています。

XMAXクラスAマイクロフォン・プリアンプは、次の3つの要素を特徴としています:

  • ハイ・ボルテージ ― XMAXクラスAマイクロフォン・プリアンプは30Vものパワーレールを使用していますが、オペアンプを使用した一般的なプリアンプでは、10V〜18V程度のパワーレールが使用されています。ハイ・ボルテージ・パワーにより、余裕のあるヘッドルームが得られリッチな低音域、滑らかな高音域、奥行きのあるサウンドが得られるのです。
  • ディスクリート・デザイン — XMAXクラスAマイクロフォン・プリアンプは、オペアンプ回路を一切使用せずトランジスター、レジスター、コンデンサーのみで構成されています。一般的なオペアンプはノイズ、色づけ、ざらついた質感を付加してしまいますが、ディスクリート・デザインでは最小のノイズと透明度を提供します。
  • 純A級 ― XMAXクラスAマイクロフォン・プリアンプは、回路に常に最適な電圧が流れている状態が保たれます。そのため、通常のオペアンプ回路で見られるクラスA/B回路と比較して、クラスA回路では電圧が切り替わる際に生じるクロスオーバー歪みがなく、よりピュアでクリーンな音楽的サウンドを実現。


XMAXプリアンプ・デザインでは、大きなヘッドルーム、最小のノイズ、広いダイナミック・レンジと周波数特性、そして何よりも滑らかな高音域とリッチな低音域による妥協のない音楽性と透明度が得られるのです。 

PreSonusは、1995年に初のスタジオ製品でアナログ回路を介したデジタル・コントロールの特許を取得しました。この技術に基づき、PreSonusは、賞に輝くアナログXMAXプリアンプ・デザインの忠実度を犠牲にすることなくデジタル・リコールの簡便性を提供する個々のデジタル・ボリュームコントロール回路を開発しました。

一般的に、リコーラブルなマイク・プリアンプはデジタル統合回路を使用して、サウンド・クオリティを犠牲にしてデジタル・リコールを実現しています。PreSonusは、1995年にアナログ回路を介したデジタル・コントロールを他に先駆けて開発に成功。全アナログ・パラメーターのデジタル・コントロールを搭載したアナログ・コンプレッサ―/ゲートDCP-8に搭載させました。この技術に基づき、PreSonusは、賞に輝くアナログXMAXプリアンプ回路にデジタル・リコールを提供する、個々のデジタル・ボリュームコントロール回路を開発しました。デジタル・ボリューム・コントロールをプリアンプの前段に配置。StudioLiveミキサーでチャンネルの入力ゲインノブを調整して入力ゲインを変更する場合と同じように、このデジタル・コントロールも、XMAXプリアンプ前段のゲインを調整します。デジタル・リコールの簡便性と、オリジナルのXMAXプリアンプを業界随一の人気製品にならしめるトランスペアレントなサウンドを得ることができます。

Studio Oneとシームレスに連動

オーディオ・インターフェースをレコーディング環境に統合できます。UC Surfaceを起動すれば、Studio 192のコントロールに必要なプリアンプ・コントロール、スピーカー・スイッチング、モノ、ディム、トークバック機能を操作可能。Studio Oneでは、Fat Channelプロセッシングを使用してゼロレイテンシー・モニター・ミックスを作成。Studio Oneミキサーから移動する必要はありません。Studio One独自のハイブリッドFat Channelプラグインは、コンピューターのプロセッサーとStudio 192上のDSPで実行可能で、シームレスに切り替えることができます。ついに、再生と録音で同じオーディオをモニタリングしながらパンチインができるようになったのです。

Studio Oneのリリース以来、PreSonusインターフェースのユーザーは、Studio One独自のZ-Mix機能を使用することでゼロレイテンシー・モニター・ミックスを設定することが可能でした。この機能は、AudioBox VSLおよびFireStudioシリーズ・インターフェースのモニター・ミックス・コントロール・ソフトウェアに代わるもので、Studio One内部からのレベルおよびパンのコントロールを提供します。出力ペアを「キュー・ミックス」として指定するだけで、Z-MixコントロールがStudio Oneミキサー内に現れます。

PreSonusは、新しいハイブリッド・プラグイン・フォーマットで、新しいレベルのインテグレーションを追加しました。StudioLive Fat Channelは、このフォーマットを活用した初のプラグインです。ハイブリッド・プラグイン・フォーマットは、ハードウェア内蔵のDSPエンジン上、またはStudio One内のコンピューターのプロセッサー上のいずれかで動作することができます。つまり、レコーディング中、プラグインはStudio 192のDSP上で動作し、再生中はコンピューター上で動作します。

Z-Mixにもうひとつ追加されたのが、プリアンプ・コントロールです。Studio 192のアナログ入力をStudio One内のトラックの入力ソースとして設定すると、アナログ入力のプリアンプ・コントロールがStudio Oneミキサーに表示されます。Studio OneとStudio 192は同一プラットフォーム上に構築されているため、セットアップや設定は必要ありません。Studio Oneを起動するだけで準備完了です。

ゼロレイテンシー・モニター・ミキシングとコントロール

統合されたStudio Oneエクスペリエンスをすべてのレコーディング用途で実現するのは不可能です。そこでPreSonusは、Studio 192に内蔵の機能を数々の実地テストで実証済みのUC Surfaceソフトウェアのインターフェースでコントロールできるようにしました。UC Surfaceは、優れたクオリティのモニター・ミックスを作成してレコーディングに戻るのに必要なすべての機能にすばやくアクセスできるその直感的なミキシング・インターフェースで高い評価を得ています。

Mac、Windows、iPad用のUC Surfaceコントロール・ソフトウェアは、直感的で迅速な操作向けにデザインされています。ミュージシャンのレコーディング準備が整ったら、正しいモニター・ミックスに調整するようコントロールや設定に困惑するような時間はありません。UC Surfaceなら、すべてのミュージシャン用のミックス作成に必要なすべてのコントロールに簡単にアクセスできます。さらには、バンドの各メンバーにiPadを使用して自分でコントロールさせることもできます。

UC Surfaceでは、ボタン、フェーダー、パラメーター・ボックスのコントロール対象、メーターが表示するパラメーターが一目で分かります。バーチャル・フェーダーとメーターの表示もクリア。分かりやすくラベル表示されたボタン、または数値をタイプ入力したりグラフィック表示内でパラメーターを調整できるパラメーター・ボックスでコントロールします。さらに、UC Surfaceの操作性に優れたレイアウトにより、必要な操作すべてを同時に実行できます。

8つのステレオ・モニター・ミックス、およびメイン出力ミックスにいつでもすばやくアクセスできます。ステレオ・リバーブとディレイは、モニター・ミックスに生命を吹き込みます。また、各プロセッサーには独自のミックス・バスが用意されており、エフェクトを絶妙な加減に調整できます。

26のチャンネルの数台のモニター・ミキサー、エフェクト・リターンと再生ストリームを管理するのはなかなか手強いタスクです。特に、クライアントを待たせた状態で、マイク配置と録音レベルの調整を行わなければならない場合はなおのこと。プロ仕様のミキシング・コンソールは、複雑なミックスの管理という課題に、一度に表示するチャンネルを制限するグループを使用し、DCAでチャンネルのグループの全体的なレベルをコントロールするという手法で対処してきました。

これらのソリューションの良い面を組み合わせたのが、フィルターDCAです。フィルターDCAでは使用可能な入力チャンネルとエフェクト・リターンを任意に組み合わせることができ、また必要に応じていくらでもフィルターDCAグループを作成できます。複数のフィルターDCA内に同一チャンネルを組み込むこともできるので、ミックスをさまざまな方法で管理することができるのです。

フィルターDCAマスター・ビューでは、任意のモニター・ミックス内でグループ化したチャンネルのマスター・レベルを調整できるので、ドラム・ミックスを一度設定すれば、あらゆるミックス内でその全体的なレベルを調整できます。さらには、必要なチャンネルやグループのみを表示するカスタム・レイヤーを作成することも可能で、すべての入力を使用しないセッションや、より管理のしやすい大型のセッションの作成に最適です。

UC Surfaceなら、ハイクオリティのモニター・ミックスをすばやく簡単に作成でき、レコーディングやパフォーマンスの作業に迅速に戻ることができます。

優れたシグナル・プロセッサーはPreSonusの伝統

適切な量のエフェクトやプロセッシングをモニター・ミックスに加えることは、ミュージシャンの自然なパフォーマンスを行えるかどうかに大きな影響を与えます。これを受けて、Studio 192はFat Channelプロセッシングを各アナログ入力に備え、ステレオ・リバーブとディレイも搭載しています。 結果として、より良いパフォーマンスが行え、最終的にはより優れたレコーディングへとつながります。

スタジオグレードのシグナル・プロセッサーFat Channelは、ACP88コンプレッサ―/ゲートから進化したもので、まずPreSonus StudioLive™ ミキサーに初めて組み込まれました。一体化されたシグナル・パスの音楽的で自然なサウンドは、StudioLiveミキサーを優れたサウンドのミックス作りを支援する能力に長けたミキサーとして瞬く間に有名にしました。

Fat Channelには、ハイパス・フィルター、キー・リッスン付きノイズ・ゲート、コンプレッサ―、4バンド・フルパラメトリックEQ、リミッターが含まれています。PreSonusのプロフェッショナル・カスタマーにより作成された50のファクトリー・プリセットが付属しており、望み通りのサウンドのすばやい作成を支援します。Fat Channelプリセットは、UC SurfaceまたはStudio One内で作成でき、UC SurfaceとStudio Oneの間で共有することもできます。また、他のStudio One、StudioLive、Studio 192ユーザーと設定を共有することも可能です。

アナログからデジタルへ、スムーズなトリップを

Studio 192にはオーディオのプロから高い評価を獲得しているBurr-Brown製コンバーターが搭載されており、最高192 kHzのトップクラスのデジタル変換を提供します。このコンバーターは118 dBのダイナミック・レンジを提供し、複雑な倍音成分をスムーズかつ自然にキャプチャします。ブレス、トランジェントなど、パフォーマンスのディテールを残さず捉えます。

必要に合わせてI/Oを拡張

DigiMax DP88プリアンプ/コンバーターは、Studio 192のアナログI/Oをシームレスに拡張するようデザインされています。DigiMax DP88は、デジタルコントロールXMAXプリアンプ8基、ADAT I/O最大96 kHz対応、ダイレクト・アナログ入力、DAC出力、ワード・クロックI/Oを搭載しています。DigiMax DP88マイク・プリアンプは、ADAT経由でStudio 192に接続してStudio OneまたはUC Surfaceからのフル・リモート・コントロールが可能で、アナログ入力をサウンドまた機能の両方から自然に拡張します。

また、Studio 192とDigiMax DP88をバンドルした16ch RECモデルと、Studio 192とDigiMax DP88 2機をバンドルした24ch RECモデルもラインアップしています。

触れて分かるStudio 192の良さ

オーディオ・インターフェースとスタジオ・コマンド・センターのパワフルな組み合わせを1ラックスペースで提供するのは、Studio 192だけ。最大192kHzのオーディオ品質、リモートコントロール可能なマイク・プリアンプ、モニター・ミキシング、スピーカー・スイッチング、ヘッドフォン・アンプ、タイトなDAW統合を提供します。


藤井麻輝

レビュー:藤井麻輝

Studio 192は本当にレンジが広く、この価格帯ではあり得ない音がしている
藤井麻輝レビュー記事を読む

山田ノブマサ

レビュー:山田ノブマサ

ヘッド・ルームに余裕を感じさせる素直でナチュラルな録り音。Studio One 3との連携でゼロ・レイテンシー・モニタリングを実現
製品レビュー記事を読む


Studio One

Studio One

圧倒的な音質を誇る次世代の64Bit DAW
製品情報を見る

DigiMax DP88

DigiMax DP88

Studio 192のI/Oをシームレスに拡張が可能な次世代のプリアンプ/24Bit 96kHzコンバーター
製品情報を見る