Record in Ultra-High Definition

DSP搭載USB 3.0オーディオ・インターフェース&コマンド・センター

クリエイトのためのI/O

Studio 192シリーズは、PreSonus初のUSB 3.0オーディオ・インターフェースであり、24Bit 192kHz Burr-Brown製コンバーター、リモート・コントロール可能なXMAXプリアンプ、Fat Channel用DSP、ゼロレイテンシー・モニター・ミキシング、内蔵トークバック、そしてStudio Oneとのシームレスな統合を実現。プロフェッショナル・モニタリングとミキシング・コントロールを組み合わせ、並外れた忠実度とフレキシブルな接続性を提供します。

 

スタジオのコマンド・センターとしても機能

Studio 192シリーズは、あらゆるプロジェクトやプロフェッショナル・スタジオのセントラル・ハブとして機能するようデザインされています。内蔵DimおよびMonoオプションでは、メイン・ミックスをコントロール可能。いずれかのヘッドフォン・アンプから任意のミックスをモニターでき、ワークフローに合わせて、モニター・ミキシング、スピーカー・スイッチング、あるいはその両方にアナログ・バランス出力を使用できます。柔軟なソフトウェアと豊富なI/Oにより、Studio 192シリーズはあらゆるレコーディング/プロダクション環境に適合します。

Studio 192シリーズの先進的機能の概要

  • Studio 192では最大26入力32出力、Studio 192 Mobileでは最大22入力26出力を48kHzで同時ストリーム
  • 数々の賞に輝くStudioLive™ Fat Channelプロセッシングをゼロレイテンシー・モニタリングで各アナログ入力に使用可能
  • XMAX™ プリアンプのリモート・コントロール、付属のStudio One Artistでゼロレイテンシー・モニター・ミックスを作成(サードパーティ製DAW使用時には、PreSonusの先進的ソフトウェアUC Surfaceを使用して、スピーカー・スイッチングやMIDI経由のStudio 192シリーズのプリアンプ・リモート・コントロールを使用してゼロレイテンシー・ミックスを作成可能)
  • コンピューター、iPad、タッチコントロール可能なPCからミックスを設定、スピーカー・スイッチングをコントロール
  • Studio 192シリーズをスタジオ・コマンド・センターとして使用して、モニター・ミキシング、Studio One® ArtistまたはUC Surface™からのスピーカー・スイッチング、ヘッドフォン出力を使用可能
  • リモート・コントロール機能搭載のDigiMax DP88プリアンプ・コンバーターを追加してI/Oを拡張可能

秀逸のサウンド

Studio 192シリーズにはオーディオのプロから高い評価を獲得しているBurr-Brown製コンバーターが搭載されており、最高192 kHzのトップクラスのデジタル変換を提供します。このコンバーターは118 dBのダイナミック・レンジを提供し、複雑な倍音成分をスムーズかつ自然にキャプチャし、ブレス、トランジェントなど、パフォーマンスのディテールを残さず捉えます。また、リコーラブルXMAX マイクロフォン・プリアンプは、驚くべき高ヘッドルーム、ディープな低域、スムーズな高域、豊かなサウンドを提供。録音に含まれるあらゆる息づかい、トランジェント、ディテールを聴くことができます。

リコーラブルXMAXプリアンプについて詳しく読む

レコーディング・クオリティを決める重要な要素はプリアンプ・デザインであるとPreSonusは考えています。Studio 192シリーズはさまざまなマイクロフォンに対応するハイ・ボルテージおよびディスクリートのカスタム・デザインによるXMAXクラスAマイクロフォン・プリアンプを搭載しています。

XMAXクラスAマイクロフォン・プリアンプは、次の3つの要素を特徴としています

  • 純A級 ― XMAXクラスAマイクロフォン・プリアンプは、回路に常に最適な電圧が流れている状態が保たれます。そのため、通常のオペアンプ回路で見られるクラスA/B回路と比較して、クラスA回路では電圧が切り替わる際に生じるクロスオーバー歪みがなく、よりピュアでクリーンな音楽的サウンドを実現。
  • ハイ・ボルテージ ― XMAXクラスAマイクロフォン・プリアンプは30Vものパワーレールを使用していますが、オペアンプを使用した一般的なプリアンプでは、10V〜18V程度のパワーレールが使用されています。ハイ・ボルテージ・パワーにより、余裕のあるヘッドルームが得られリッチな低音域、滑らかな高音域、奥行きのあるサウンドが得られるのです。
  • ディスクリート・デザイン — XMAXクラスAマイクロフォン・プリアンプは、オペアンプ回路を一切使用せずトランジスター、レジスター、コンデンサーのみで構成されています。一般的なオペアンプはノイズ、色づけ、ざらついた質感を付加してしまいますが、ディスクリート・デザインでは最小のノイズと透明度を提供します。

XMAXプリアンプ・デザインでは、大きなヘッドルーム、最小のノイズ、広いダイナミック・レンジと周波数特性、そして何よりも滑らかな高音域とリッチな低音域による妥協のない音楽性と透明度が得られるのです。

PreSonusは、1995年に初のスタジオ製品でアナログ回路を介したデジタル・コントロールの特許を取得しました。この技術に基づき、PreSonusは、賞に輝くアナログXMAXプリアンプ・デザインの忠実度を犠牲にすることなくデジタル・リコールの簡便性を提供する個々のデジタル・ボリュームコントロール回路を開発しました。

Studio Oneとシームレスに連動

オーディオ・インターフェースをレコーディング環境に統合できます。UC Surfaceを起動すれば、Studio 192シリーズのコントロールに必要なプリアンプ・コントロール、スピーカー・スイッチング、モノ、ディム、トークバック機能を操作可能。Studio Oneでは、Fat Channelプロセッシングを使用してゼロレイテンシー・モニター・ミックスを作成。Studio Oneミキサーから移動する必要はありません。Studio One独自のハイブリッドFat Channelプラグインは、コンピューターのプロセッサーとStudio 192シリーズ上のDSPで実行可能で、シームレスに切り替えることができます。ついに、再生と録音で同じオーディオをモニタリングしながらパンチインができるようになったのです。

Studio OneのZ-Mixについて詳しく読む

Studio Oneのリリース以来、PreSonusインターフェースのユーザーは、Studio One独自のZ-Mix機能を使用することでゼロレイテンシー・モニター・ミックスを設定することが可能でした。この機能は、指定のキュー・ミックス出力に対してZ-Mix(「Z」はゼロ・レイテンシーを示す)オプションを使用して、Studio Oneミキサーから操作可能なレベルおよびパンの専用コントロールを提供します。

PreSonusは、新しいハイブリッド・プラグイン・フォーマットで、新しいレベルのインテグレーションを追加しました。StudioLive Fat Channelは、このフォーマットを活用した初のプラグインです。ハイブリッド・プラグイン・フォーマットは、ハードウェア内蔵のDSPエンジン上、またはStudio One内のコンピューターのプロセッサー上のいずれかで動作することができます。つまり、レコーディング中、プラグインはStudio 192シリーズのDSP上で動作し、再生中はコンピューター上で動作します。

Z-Mixにもうひとつ追加されたのが、プリアンプ・コントロールです。Studio 192シリーズのアナログ入力をStudio One内のトラックの入力ソースとして設定すると、アナログ入力のプリアンプ・コントロールがStudio Oneミキサーに表示されます。Studio OneとStudio 192シリーズは同一プラットフォーム上に構築されているため、セットアップや設定は必要ありません。Studio Oneを起動するだけで準備完了です。

UC Surfaceでリモート・コントロール

統合されたStudio Oneエクスペリエンスをすべてのレコーディング用途で実現するのは不可能です。そこでPreSonusは、Studio 192シリーズに内蔵の機能を数々の実地テストで実証済みのUC Surfaceソフトウェアのインターフェースでコントロールできるようにしました。UC Surfaceは、優れたクオリティのモニター・ミックスを作成してレコーディングに戻るのに必要なすべての機能にすばやくアクセスできるその直感的なミキシング・インターフェースで高い評価を得ています。

UC Surfaceについて詳しく読む

Google Play で手に入れよう

モニターミキシング・アプリケーションとDAWの両方を管理するのは、マルチスクリーン環境でなければなかなか大変です。UC Surfaceはタッチスクリーン対応のWindowsコンピューターやiPadでワイヤレス使用が可能なため、DAWと画面スペースの取り合いになることがありません。また、ミュージシャンは各自モニター・ミックスをリモートで調整でき、高価なパーソナル・モニター・システムを追加する必要がありません。

高品質なモニター・ミックスを作成できることに加えて、UC Surfaceは、スピーカー・スイッチングとメインミックス・モノおよびディム機能を提供し、Studio 192シリーズをスピーカー管理システムに変化させるのにも使用できます。ミックスを複数ペアのリファレンス・モニターで聴けば、新たな洞察が得られるかもしれません。UC Surfaceのスピーカースイッチング・モードを有効にすると、Studio 192シリーズ上の3種類の異なる出力ペアを通じてメイン・ミックスを聞き、各ペア間で切り替えることができます。

優れたシグナル・プロセッサーはPreSonusの伝統

適切な量のエフェクトやプロセッシングをモニター・ミックスに加えることは、ミュージシャンの自然なパフォーマンスを行えるかどうかに大きな影響を与えます。これを受けて、Studio 192シリーズはFat Channelプロセッシングを各アナログ入力に備え、ステレオ・リバーブとディレイも搭載しています。 結果として、より良いパフォーマンスが行え、最終的にはより優れたレコーディングへとつながります。

Fat Channelプロセッシングについて

スタジオグレードのシグナル・プロセッサーFat Channelは、ACP88コンプレッサ―/ゲートから進化したもので、まずPreSonus StudioLive™ ミキサーに初めて組み込まれました。一体化されたシグナル・パスの音楽的で自然なサウンドは、StudioLiveミキサーを優れたサウンドのミックス作りを支援する能力に長けたミキサーとして瞬く間に有名にしました。

Fat Channelには、ハイパス・フィルター、キー・リッスン付きノイズ・ゲート、コンプレッサ―、4バンド・フルパラメトリックEQ、リミッターが含まれています。PreSonusのプロフェッショナル・カスタマーにより作成された50のファクトリー・プリセットが付属しており、望み通りのサウンドのすばやい作成を支援します。Fat Channelプリセットは、UC SurfaceまたはStudio One内で作成でき、UC SurfaceとStudio Oneの間で共有することもできます。また、他のStudio One、StudioLive、Studio 192シリーズ・ユーザーと設定を共有することも可能です。

必要に合わせてI/Oを拡張

Studio 192シリーズは18のデジタル入力および出力を装備し、必要に応じてさらにアナログI/OとHAを追加できます。DigiMax DP88マイク・プリアンプ・コンバーターは、ADAT経由でStudio 192シリーズに接続してStudio OneまたはUC Surfaceからのフル・リモート・コントロールが可能で、アナログ入力をサウンドだけでなく機能の両方から自然に拡張します。

Studio 192リア

Studio 192 Mobileリア

Studio Magic 2018プラグイン・スイートを収録

PreSonusの対象ハードウェアの登録ユーザーに、Plugin Alliance、Lexicon、Klanghelm、Output、Arturiaと連携した「Studio Magicプラグイン・スイート」を無償提供!7種類のプラグインが含まれており、Plugin AllianceからはSPL Attacker、Mäag Audio EQ2、Brainworx bx_opto、LexiconからはMPX-i Reverb、KlanghelmからはSDRR 2、OutputからはMovement、そしてArturiaからはAnalog Lab Liteが提供されます。

Studio Magicプラグイン・スイートの詳細を見る

Studio Magicプラグイン・スイートのコンテンツおよび提供条件は変更される場合があります。

2モデルをラインアップ

PreSonusのUSBフラッグシップStudio 192シリーズは、最大26入力32出力で1U仕様のStudio 192、最大22入力26出力でモバイルに最適なStudio 192 Mobileを用意しております。

Studio 192フロント&リア

Studio 192 Mobileフロント&リア

関連情報

DORIAN

トラック・メイカー/DJのDORIAN氏が、Studio One 4の新機能を中心にダンス・トラック・メイクを指南した「デモ・トラック|Studio One Prime EDITION」を特別提供。

ユーザー・ストーリー

藤井麻輝氏によるユーザー・ストーリー

レビュー記事

サウンド&レコーディング・マガジン「ヘッド・ルームに余裕を感じさせる素直でナチュラルな録り音。Studio One 3との連携でゼロ・レイテンシー・モニタリングを実現 by 山田ノブマサ」

Quantum

26入力32出力Thunderboltオーディオ/MIDIインターフェース

Quantum 2

22入力24出力Thunderboltオーディオ/MIDIインターフェース

StudioLiveシリーズIII RACK

ステージ・ボックス&ラック・ミキサー

StudioLive AR USB

アナログとデジタル・レコーディングを融合したハイブリッド・ミキサー