• Despite My Efforts

    remixed by CHIHEI HATAKEYAMA

Family Basik | Despite My Efforts

remixed by CHIHEI HATAKEYAMA

加藤遊、加藤りまによる兄妹デュオFamily Basik(ファミリー・ベイシック)。2018年2月にリリースされた2ndアルバム『Golem Effect』は、ザ・ハイ・ラマズ、ステレオラブ、ジム・オルーク、シー・アンド・ケイク、ヨ・ラ・テンゴなどのインディー・ポップの香りを濃厚ににおわせつつ、仕上がりは70年代的な暖かみのある音であり、大幅に導入されているアナログ・シンセなど電子音楽と、豊饒な生楽器群が絶妙に溶け合うような繊細なアレンジも冴え渡り、ビビオ、トロ・イ・モア、テイラー・マクファーリン、マイルド・ハイ・クラブなど現代的なドリーム・ポップやシティ・ポップにも通ずる仕上がりとなっています。
 Family Basikのプロフィール   Golem Effectの詳細

加藤遊、加藤りま、による兄妹デュオ。2007年結成。ASUNAによるaotoaoレーベルの『UMU Remix』、『Casiotone Compilation Vol.5』に1曲ずつ参加後、2014年にファースト・アルバム『A False Dawn And Posthumous Notoriety』を、2018年にはセカンド・アルバム『Golem Effect』をWhite Paddy Mountainよりリリース。加藤遊は10代の頃より音楽活動をはじめ、90年代には単身渡英しロンドンで2年間過ごす。現地でマイ・ブラッディ・ヴァレンタインをはじめ、当時のオルタナ〜シューゲイザーの中心バンドやクラブシーンなど肌で経験してきた。帰国後、2007年にFamily Basikを結成。加藤りまは90年代後半にネオアコ・ユニットのストロオズを結成し音楽活動を始め、ミディ・クリエイティブからCDデビュー。ストロオズ解散後、現在はソロ活動を行い、aotoaoからミニ・アルバム『Harmless』やカセット作品を、そして韓国ソウルのHelicopter Recrodsから『Four Songs / Cover Songs』をリリースし、2015年にファースト・フル・アルバム『Faintly Lit』をflauよりリリース。
 公式Twitter   公式Sound Cloud

今作はザ・ハイ・ラマズ、ステレオラブ、ジム・オルーク、シー・アンド・ケイク、ヨ・ラ・テンゴなどのインディー・ポップの香りを濃厚ににおわせつつ、仕上がりは70年代的な暖かみのある音となった。また、大幅に導入されているアナログ・シンセなど電子音楽と、豊饒な生楽器群が絶妙に溶け合うような繊細なアレンジも冴え渡り、ビビオ、トロ・イ・モア、テイラー・マクファーリン、マイルド・ハイ・クラブなど現代的なドリーム・ポップやシティ・ポップにも通ずる仕上がりとなっている。誰も知らない孤島の灯台でひっそりと育まれて来たような切なく優しい楽曲群が、英語詞で歌われる2人の絶妙なコーラス・ワークと実験的なアレンジを携えて、ついに海へと漕ぎだしたひとつの船・Family Basikの新たな航海がここから始まる。

制作陣は前作に引き続き、作曲・作詞・録音・ミックスを加藤遊が担当、マスタリングはChihei Hatakeyama。ジャケット絵は画家の天本健一、デザインはASUNAが担当。

 Golem Effectを購入

Chihei Hatakeyama氏がDespite My Effortsをリミックス!そのマルチトラック・データを特別提供

Studio Oneユーザーであり、アンビエント&ドローン・アーティスト、そしてミックス/マスタリング・エンジニアとしても活躍するChihei Hatakeyama氏は、White Paddy Mountainレーベルのオーナーであり、Family Basik作品のマスタリングも手掛けています。今回『Golem Effect』収録曲のDespite My EffortsをStudio Oneオーナー向けに特別にドローン・リミックス。そのマルチトラック・ファイルを全てのStudio Oneオーナーへ無償提供致します!

Despite My Efforts remixed by CHIHEI HATAKEYAMA(このドローン・リミックスのStudio OneファイルがGET可能)

Chihei Hatakeyama氏によるリミックス解説

「私が主宰するレーベル、White Paddy Mountainからリリースされている兄妹デュオFamily Basikの2ndアルバム『Golem Effect』からDespite My EffortsをStudio Oneオーナーのためにドローン・リミックスしました。今回のリミックスでは、洞窟の中でFamily Basikが響き渡っていたらどんな感じになるだろうと想像するところから出発しました。Studio One付属のディレイやリバーブを駆使して空間的な音の配置などを工夫しました。また、ドラムのパートなどはスピーカーで再生し、スタジオの中にオフでマイクを立てて、部屋のアンビエンスを録音し直しました。このようなアナログ的な手法も駆使しつつ、ギターやシンセでドローン・サウンドを足して行きました。計16chとなっております。色々と遊べると思うので、是非ダウンロードして楽しんでください」
 Chihei Hatakeyama氏のSwitch to Studio Oneストーリーを読む

Family Basikリミックス・チャレンジ!

Family BasikおよびChihei Hatakeyama氏のご協力により、本楽曲データを使用してリミックス & Sound Cloudで公開(ハッシュタグ #familybasik-remix 必須)することが可能です。運が良ければFamily BasikやChihei Hatakeyama氏からコメントも得られるかも!?我こそはという方は是非チャレンジを!

※ファイルの再配布および商用/営利目的での二次利用/二次創作は禁止されています。

 

Family Basikの2ndアルバム『Golem Effect』収録曲In A Frosty ForestのオフィシャルMV

Professional/Artistユーザー用収録内容

  • Studio One Professional/Artist用ソング・データ(以下内訳)
    16Bit 44.1kHz 16トラック・オーディオ・データ
    使用プラグイン:Analog Delay、Binaural Pan、Chorus、Compressor、Flanger、Level Meter、Limiter、Mixverb、Phase Meter、Pro EQ、Room Reverb、Spectrum Meter、X-Trem
    総容量:379.2MB

Primeユーザー用収録内容

  • Studio One Prime用ソング・データ(以下内訳)
    16Bit 44.1kHz 16トラック・オーディオ・データ
    総容量:383.6MB

Studio Oneを持っていない方...。ご安心ください、ベーシック・ミュージック・プロダクションに必要なレコーディングおよび編集機能を無償で提供するStudio One Prime日本語版が用意されています。無制限のトラック数、32Bit浮動小数点演算のオーディオ・エンジン、9種類のエフェクトを搭載し、もちろん時間制限もなく無償でStudio Oneのクオリティを体感できます。
 Studio One Prime情報/ダウンロード

プロのマルチトラックをGET

Chihei Hatakeyama氏がドローン・リミックスしたDespite My Effortsのマルチトラック・ファイルを入手するにはフォームの項目全てに入力し「マルチトラック・ファイルをGET」をクリックしてください。このファイルはStudio One 3以降でしか開けません。なお、お申し込みと同時にエムアイセブンジャパンのメールニュース・サービスMI7 Newsdeskをお送りさせて頂きます。

Studio Oneをより深く学びたいですか?

このStudio One日本語ポータルではStudio Oneをより深く学べることができる情報が満載です。「素材/ガイドブック/レッスン」ページでは、プロが制作したStudio Oneマルチトラック・データの提供や、Studio Oneが学べるオンライン・レッスン/ガイドブックなどの情報が得られます。また「PreSonusアーティスト」ページでは、Studio OneへSWITCHしたプロフェッショナル達のユーザーストーリーやStudio Oneレビュー記事が読めます。
 素材/ガイドブック/レッスン情報を見る PreSonusアーティスト記事を読む

 

所有しているStudio Oneのグレード

PreSonusのハードウェアはお持ちですか?

Family Basikの2ndアルバム『Golem Effect』はお持ちですか?

年齢

性別

都道府県

よく閲覧する音楽系情報サイト

よく利用しているSNS

メールアドレス