• Video

    アーティスト・インタビュー&製品紹介ビデオ

Chihei Hatakeyama

 

デジタルとアナログの機材を駆使したサウンドが構築する美しいアンビエント&ドローン作品で世界から高い評価を得ているChihei Hatakeyama。2017年Spotifyランキングでは海外で最も再生された国内アーティストTOP 10にランクインするなどグローバルに活動しています。そんなChihei Hatakeyama氏の創作活動の中心となるのがPreSonusのStudio One。SWITCHした理由やマスタリング・テクニックを独占インタビューです。さらに、マスタリングを手掛けたFamily Basikの『Despite My Efforts』を特別にドローン・リミックス!そのStudio Oneマルチトラック・ファイルを無償提供です。
 Chihei Hatakeyamaのストーリーを読む  マルチトラック・ファイルをGET

Chara

 

一貫して「愛」をテーマに曲を創り、歌い続けている日本で唯一無二の女性アーティストChara。1991年デビュー。翌年日本レコード大賞アルバム・ニューアーティスト賞を受賞し、1997年には岩井俊二監督作品『スワロウテイル』で劇中バンドYEN TOWN BANDのボーカル役を演じ日本アカデミー賞主演女優賞を受賞するなど、そのマルチな才能を余す所なく創作し続けているCharaのソング・ライティング作業を助けるのがPreSonusのStudio One。曲創りは一筆書きと語るCharaに、作曲方法やSWITCHした理由を独占インタビュー。
 Charaのストーリーを読む

砂原良徳

 

電気グルーヴでの活動を経て、サウンド・クリエイター/プロデューサー/DJとして活躍し、高橋幸宏、小山田圭吾、TOWA TEI、ゴンドウトモヒコ、LEO今井によるスーパー・グループ、METAFIVEのメンバーとしても注目を集める砂原良徳氏のトラック制作に欠かせないのがPreSonusのStudio One。優れた操作性と軽快な動作、そしてナチュラルでクセのない音質を高く評価し、0.5秒の差でも制作活動に大きく影響を与えると語る砂原良徳氏に、SWITCHした理由やシーケンサー遍歴、トラック制作/マスタリング・ツールとしての魅力を独占インタビュー。
 砂原良徳氏のストーリーを読む

10年を振り返る

2009年9月27日に誕生したStudio One。このStudio One誕生10周年ビデオでは、これまでの10年間を振り返ります。最後にサプライズもあるのでお見逃しなく。

10周年祝福メッセージ

Studio Oneは世界中のミュージシャン&クリエイターが信頼を寄せるDAWソフトウェア。そんな彼らからの誕生10周年祝福メッセージをご覧ください。日本からは田辺恵二氏、SCRAMBLES、ナカシマヤスヒロ氏、COMiNUM氏、浅田祐介氏、サウンド&レコーディング・マガジン篠崎氏、Sleepfreaks金谷氏/大鶴氏、宮川麿氏、DTM Station藤本氏がご登場です。

Studio One 5新機能紹介

Studio One 5は、スコアリング機能、ライブ・パフォーマンス用ショー・ページ、サンプル精度のゲイン・エンベロープ、リデザインされたNative Effect、拡張ミキサー・シーン、リッスン・バス、最高レベルの64-bit/384 kHzレコーディング/マスタリングなど数々の機能向上を提供するメジャー・バージョンアップ。また、外部MTC/MMC同期、ポリプレッシャー/MPE対応、カラー・スキーム拡充、ArtistのVST/AU/ReWire標準サポートなど、多数のユーザー・フィードバックが生かされています。

開発者インタビュー

Studio One 5を象徴とするショー・ページやスコアリング機能は、どのようなコンセプトの元に誕生したのか。その開発秘話をPreSonus Softwareのアーンドとマティアスが語ります。

Switch to Studio One : 林ゆうき

Switch to Studio One : Kenta Matsukuma

Switch to Studio One : DJ URAKEN

Switch to Studio One : Yasushi Yamaguchi

Switch to Studio One : Yasuhiro Nakashima

Quantum 2626

ioStation 24c

Studio USB-C

Notion 6

AudioBox iTwo STUDIO