楽譜作成ソフトウェアPreSonus Notion 6日本語版

Redefining Music Notation ー Notion 6がスコアリングを再定義

素早く直感的操作が可能な楽譜作成&作曲ソフトウェアNotion™ 6日本語版なら、インスピレーションを作品に昇華し、クリエイティビティを強化できます。思い付いたら、いつでも、どこでも、思いのままにスコアリング。Macでも、PCでも、そしてiOSスマホでも。MyScript™テクノロジーにより手書き入力だって可能です。Studio Oneとのより強力でシームレスな統合によりプロジェクトを次のレベルへ高めることができ、アビー・ロード・スタジオで収録されたロンドン交響楽団の音源によるリアルな楽譜再生能力も備えています。オーケストラからバンドスコア、リードシートやギタータブ譜まで、洗練されたスコアをこれまで以上に素早く提供します。

ミュージシャン、ソングライター、作曲家、アレンジャー、音楽教育や学生、そしてStudio Oneの純正スコアリング・ソリューションとして。市販されている楽譜作成ツールの中でNotion 6は最も直感的でモダンなソフトウェアです。


Notion 6
日本語版の購入


ダウンロード:14,500円
パッケージ:16,500円
バージョンアップ:5,000円

Notion 6 + Studio One 3
Artistバンドル:19,800円

Notion 6 + Studio One 3
Professionalバンドル:46,800円


iOSアプリ:1,800円

スコアリングを再定義するNotion 6の新機能

Notion 6の新機能と機能向上には、Notionユーザー・コミュニティから最も要望の多かったリクエストと、その他の楽譜作成プラットフォームのユーザーからのフィードバックが反映されています。

重要な機能向上には、クロスプラットフォームの手書き入力検出、プロフェッショナルなスコア出力を可能にする新レイアウト・コントロールと機能、小節と組段をドラッグで置換、Soundironの新インストゥルメント、より素早い映像用楽譜作成を可能にする新しいビデオ・ウィンドウ・コントロール、練習用または演奏用に100を超える名作を収録した新しいNotionスコア・ライブラリ、他のソフトウェアとのシームレスな転送を実現するMusic XML対応の向上、MP3エクスポート、各種DAWとの統合を向上させるReWire経由のMIDI、同一コンピューター上/ネットワーク上の複数のコンピューター間でのStudio Oneとの比類ないワークフロー統合などが実装されています。

作成した楽譜を、ワールドクラスのミュージシャン達が生演奏

Notionには、アビー・ロード・スタジオで収録されたロンドン交響楽団の演奏による比類ないリアリズムをもたらすオーケストラおよびスタインウェイ・サンプル、ギター・サンプルはニール・ザザ、ベース・サンプルはヴィクター・ウッテン、ドラム・サンプルはロイ"フューチャーマン"・ウッテンによる演奏サンプルが付属しており、他の楽譜作成ツールと比べて圧倒的な品位でのプレイバックを提供します。どのサンプルも、最高の機材を使用してトップ・エンジニア陣により精緻にレコーディングされています。ダイナミクス、アーティキュレーション、パフォーマンス・テクニックも幅広く提供します。Notion 6の新しいインストゥルメントには、Notion Harpsichordの他、SoundironのLakeside Pipe OrganとOlympus Micro Choirサウンドも含まれます。しかし、これらは優れたNotionのプレイバック機能の極一部でしかありません。

最高のサウンド、最高のプレイバック機能

Notionには豊富なサウンド・ライブラリが付属していますが、もちろん、使用できるサウンドは付属サウンドに限られません。PreSonusのMarketplaceでは、高品質でありながらリーズナブルなプライス設定がされたNotion純正のアドオン楽器パックを購入できます。もちろん、お気に入りのVSTインストゥルメントやライブラリもNotionで使用できます。

Notionには、市販されているVSTオーケストラ・ライブラリ向けのいくつかのルール・テンプレートが付属しています。例えば、Vienna Symphonic Library Special Editionの楽器をロードすると、VSTインターフェースやプログラミング・キー・スイッチを表示させなくても、ダイナミクス、効果、楽器テクニックなどを楽譜に素早く簡単に記述できます。Notion独自の機能により、クリックしてドロップダウン・メニューから選択するだけで、XMLファイルを編集しなくても任意のVSTライブラリに対してカスタムのルールを作成できます。これらの機能を使用すれば、構文エラーを心配することなく、ライブラリのサウンドを自由に組み合わせることができます。一度Notionのサウンドを体感してしまうと、あっという間にお気に入りのプレイバック・ソフトウェアになることでしょう。

楽譜を、スタジオでもモバイルでも

MacやWindows上のNotionで作成したスコアを、WindowsタブレットやiPad等で編集できます。また、iPhoneで即時に捉えたインスピレーションを、MacまたはWindowsコンピューターで編集を行うことも可能。このようなワークフローは、ソフトウェアとアプリを自社で開発するPreSonusならでは。NotionとiOS用Notionアプリ(別売)を使用すれば、Mac、Windows、iOSデバイスでスコアを作成、転送、そして開くことができ、いつでもどこでも作業を続行できます。プラットフォームに依存せず、Notionの高品質なプレイバック・サウンドをいつでもどこでも楽しめます。さらに、Notion 6は全プラットフォームで64Bitソフトウェアとなっているため、迅速で、効率に優れ、安定したパフォーマンスが得られます。

インタラクティブなツールで、素早く直感的に楽譜化

Notion 6のインタラクティブなフレットボード画面、キーボード画面、ドラムパッド画面を使用すれば、ギタリストもキーボーディストもドラマーも、音符の入力は簡単です。多くのミュージシャンにとって、ピッチ、ドラムパート、ギター運指をキャプチャするのに、これらは最も素早く便利な手段。フレットボードのギター弦数やドラムバッドの各ボイスの入力順序もカスタマイズすることもでき、歌詞は直接入力や任意のデジタル・ソースからペーストできます。

豊富なコード・ライブラリから和音の選択や、独自のコードも作成できます。スコアに表示させたいコード名やボイシングの入力も簡単。標準コード記号とフレットコード記号からの選択や、カスタムのコード記号やダイアグラムもデザインできます。コードがフレットボード上に残るので繰り返し入力に便利で、使用した和音を呼び出せます。和音記号は空の小節上の任意の位置に追加できるので、リードシートをあっという間に作成できます。

クロスプラットフォームで手書き入力にも対応

手書きスコアリングに慣れている方なら、Notion 6に新しく搭載されたMyScript™テクノロジーによるMac、Windows、iOS用手書き入力機能でスコア内に直接書き込むと、入力内容がデジタル記譜に自動変換されます!正に紙に書くのと同じようにデジタルで楽譜を書くことができるのです。タッチスクリーンを所有していなくても、Duet Displayアプリを使用してiOSデバイスをグラフィックス・タブレットとして使用でき、Wacom Intuos®などのグラフィックス・タブレットを使用することも可能。音楽教室では、インタラクティブ・ホワイトボードを使用してデジタル記譜に素早く変換できます。

Notion 6に搭載された新しいMyScript™によるMac、Windows、iOS用手書き入力機能では、音符、休符、臨時記号、拍子記号などをスコア内に直接書き込み、入力内容をデジタル記譜に自動変換できます。カスタムジェスチャーの習得やユーザーのスタイルをソフトウェアに学習させる必要もなく、紙に書くのと同じように楽譜を書くことができます。

手書き入力のオンとオフを切り替えて、スコアエリアに直接フリーハンドで描画することができます。大きなスコアで作業していて拡大縮小を繰り返したくない場合には、オプションの手書きウィンドウを開きます。メイン・ウィンドウでMIDIやステップ入力、オプションのウィンドウで手書き入力を使用すると両方の利点を活用できます。タッチスクリーンを所有していなくても、iOSデバイスをLightningケーブルでMacまたはWindowsコンピューターに接続し、Duet Displayアプリを使用してiOSデバイスをグラフィックス・タブレットとして使用できます。また、Wacom Intuos®などのグラフィックス・タブレットを使用することも可能。音楽教室では、記号の書き込みにインタラクティブ・ホワイトボードを使用してデジタル記譜に素早く変換できます。

MIDIパートをキャプチャ、そしてスコアで編集

インストゥルメントからのMIDIパフォーマンスの録音、MIDIデータの編集もNotionなら簡単。MIDIとスタンダード記譜を同時に表示させることができる、Notionならの直感的な機能です。キーボード、ギターまたはドラムを選択し、Notionがどのように演奏に合わせるかを微調整します。入力はリアルタイムまたはステップの2種類。MIDI演奏データは、Notionのシーケンサー譜表に表示されます。

さらに、シーケンサー・オーバーレイを使用すれば、記譜内容とMIDI演奏データを同一の譜表上に表示可能。各ノートのベロシティ、デュレーション、スタート位置、エンド位置をドラッグ&ドロップで編集できます。より詳細な編集には、各ノートをダブルクリックして直接数値を入力することもできます。Notionは、MIDIシーケンサーのパワーとスタンダード記譜の分かりやすさを、Notion独自のパワフルな方法で統合しています。

映像を確認しながらフィルム・スコアリング

映画、テレビ、ドラム、CM、そしてホームビデオ用の音楽を作曲する場合には、音楽と同期するビデオ・ウィンドウが必要。Notionのビデオ・ウィンドウには、新しいタイムコード・ビューが搭載されており、ヒットポイントの追加や、ボリューム、フレームレート、スタートタイムを選択できます。トランスポート・ボタンでは、ビデオ・ウィンドウからフレーム・コントロールを使用してスコアをコントロールでき、MP4、WMV(Windowsのみ)、H.264、MPEG、MOV、AVI、M4V、3GPを含む、主要なビデオ・ファイル・フォーマットに対応しています。

楽譜再生だけではない、ライブ演奏やプロデュースも

Notionでは、メトロノーム記号に合わせてスコアを再生できるだけでなく、テンポやベロシティを断続的にコントロールしてスコアをライブ演奏することもできます。反復のジャンプイン/アウト、小節のバンプ、フェードイン/アウトなど、コンピューター・キーボードやMIDIコントローラーからライブ操作でき、Notion 6にはパブリック・ドメインの楽譜をNotionフォーマットで収録したNotionスコアライブラリも付属しています。

Notionスコア・ライブラリは、パブリック・ドメインの楽譜をNotinフォーマットで収録したコレクションで、ヘンデルの『メサイア』(完全版)、メンデルスゾーンの『フルート協奏曲』、ハイデンの『トランペット協奏曲』、モーツァルトの『クラリネット協奏曲』、モーツァルトの『フィガロの結婚』からのセレクション、チャイコフスキーの『バイオリン協奏曲』などのオーケストラ作品やピアノ作品が含まれています。付属するNotionスコア・ライブラリは次のような用途で使用できます。

  • セットワークや編曲を教える音楽教室で使用するため
  • ロンドン交響楽団の演奏で合唱に伴奏を付けるため
  • 学生の協奏曲にワンフィンガーで伴奏を付ける楽器指導者
  • 拍をタップしてスコアを遊び感覚で演奏するため
  • MIDIキーボードを接続してリアルタイム演奏でタッチセンシティブ機能を活用するため

デジタル・ミックスを定義した敏腕チームが手掛けたパワフルなミックス・デザイン

PreSonusは、StudioLiveデジタル・ミキサーでライブ・サウンドを一変させ、Studio Oneソフトウェアで音楽制作の世界に大きな刺激を与えました。そしてNotionにも、これらの先進のミキシング機能が搭載されています。

内蔵ソフトウェア・ミキサーの最大32のステレオ・バスでプロフェッショナルなミックスが行えます。オーディオ・ファイルをインポートして、スコアに組み合わせたり、楽譜に書き下したりできます。FXインサート8系統を通じて、Studio One譲りのEQ、コンプレッサーをリバーブ、ギターアンプ・シミュレーター、EQ、コンプレッサ―、リミッターの各プラグインを使用してエフェクト処理や、お気に入りのVSTプラグインも活用できます。Notionは、単なる楽譜作成の範疇を超える数々の機能を搭載した、プロフェッショナルな楽譜作成&作曲ソフトウェアなのです。

強力なスタジオ統合

Notionは、そのミックス機能で他の楽譜作成ソフトウェアを大きく凌駕しますが、ReWireによる優れたリアルタイム・オーディオ/MIDIストリーミングを介してNotionを主要なDAWに接続することで、作曲作業を次のレベルに進めることができます。また、Notion 6をStudio One 3と組み合わせることで、オーディオ、ノート、トラック、VST、スコア・データをソフトウェア間で直接やりとりできる、強力な音楽制作ツールを構築可能。Notion 6とStudio One 3とのワークフローは、同一コンピューター上または同一ネットワーク上の任意のコンピューター上で動作させることができるポイントは他に類を見ません。

パワフルかつ操作が簡単な組み合わせに、Notion 6とStudio Oneのタイトな統合を活用しましょう。Studio Oneで作曲し、音符データをNotionへ瞬時に送信し、編集してパートを美しく印刷できます。ビデオ記譜機能を含むNotionの優れたサウンド再生と記譜機能、そして、Studio Oneの編集、プロセッシング、マスタリング(Studio One Professionalのみ)、Melodyne統合、マスタリング、デジタル・リリース機能を活用できます。Studio Oneのトラック毎にオーディオまたは音符データをエクスポートして、ネットワーク上のNotion 6にインポートできます。

さらに、Notion 6はネットワーク上のStudio Oneインスタンスを検索し、新規プロジェクトを自動で開き、楽器名、スコア順序、パンとゲインの設定、リハーサル・マーク、拍子記号、メトロノーム記号などはそのままに、オーディオ・ファイルまたは音符データ、トラック・データ、スコア・データをDAWに直接送信できます。

Notionで音写してリファレンス・トラックにしたい?あるいは、Notionでのライブ演奏中にトリガーするオーディオ・エフェクトを追加することもできます。Notion 6では、オーディオをStudio Oneからネットワーク上または同じコンピューター上の任意のNotionインスタンスに送信し、新規スコアを設定してそこにオーディオを添付できます。

Notion 6とStudio One 3の双方向の転送画面

NotionはReWireを介したオーディオとMIDIにも対応し、ホストまたはスレーブとして64-bitモードでも32-bitモードでも使用できます。Notionをホストとして再生中、コンピューター・キーボードやMIDIキーボードを使用して、Notionの再生および演奏機能にアクセスできます。スレーブとして使用する場合には、ステレオ・ストリームはミキサーのバスAに供給され、他のインストゥルメント同様、ゲイン、パン、エフェクトなどを変更できます。複数のMIDIトラックとバスをNotionから任意のReWire対応DAWに送信し、アーティキュレーションも含め、インストゥルメントを楽譜から直接操作できます。

スレーブ時には、NotionはホストDAWのコマンドに従います。Notionは、最大32ストリームをホストDAWに送信でき、再生の開始と終了、新規音符のプレビューが行えます。ホストDAWが再生を始めるまで、Notionがスレーブ・モードであることを忘れてしまうほどスムーズなワークフローです。

プロ仕様の楽譜と洗練のパフォーマンスを提供

Notionではレイアウトと記譜機能の選択の多くは自動で行われるため、オーナーは作編曲に集中することができますが、時には、読みやすくプロフェッショナルなスコアリングになる様にスコアを微調整する必要がある場合もあります。Notion 6に新たに搭載されたレイアウト・ハンドルでは、音符、小節線、拍子記号などをドラッグでき、思いがけない置換を防げます。そして、パートを組段毎に個別の表示/非表示や、スペースを増やして見やすくするために休符譜表を表示/非表示にもできます。さらに、ページ上で組段を上下にドラッグして間隔を調整することもできます。その後、Notionがレイアウトの位置合わせを自動で行います。

完成した楽譜を納品する場合も、Notionなら問題ありません。美しい楽譜を印刷したり、PDFとしてエクスポートしたりできます。他の楽譜作成ソフトウェアを使用するユーザーとのコラボレーション用に、スタンダードMIDIファイルやMusicXMLファイルとしてエクスポートすることも可能。また、全体または各パートのフルミックス済みのWAVファイルやMP3ファイルを納品することもでき、さらには、NotionからSoundCloud® に直接アップロードして作品を世界に公開することもできます。

本物のクロス・プラットフォーム、iOS用Notionアプリもラインアップ

MacやWindows上のNotionで作成したスコアを、iOS用Notionアプリで編集できます。逆に、iOS用Notionアプリで作業をスタートさせてから、MacまたはWindows上のNotionで編集を行うことも可能です。このようなワークフローは、ソフトウェアとアプリを自社で手掛けるPreSonusならでは。革新的な作曲家であり指揮者でもあるエサ=ペッカ・サロネン氏も愛用するiOS用Notionアプリで、いつでもどこでも音楽に集中できます。
エサ=ペッカ・サロネン氏のiPad Airストーリーを読む

コンピューターで楽譜作成し、iOSへ転送しさらに編集/プレイバックできるのはNotionだけ。NotionとiOS用Notionアプリ(別売)を使用すれば、Mac、Windows、iOSデバイスでスコアを作成、送信、編集、そしてプレイバックすることができ、いつでもどこでも作業を続行できます。プラットフォームに依存せず、Notionならではの高品質なプレイバック・サウンドをいつでもどこでも楽しめます。

ヤング・ギター連動、PreSonus Notion実用ガイド
〜目指せ!! 譜面の達人〜

ヤング・ギターWebで「PreSonus Notion実用ガイド 〜目指せ!! 譜面の達人〜」が公開。「簡単なスコアくらいは読めるけど、自分で譜面を書くのは苦手…」というギタリストは多いだろう。ただ音楽の世界で本気で活躍したいと考えている人なら、オリジナル曲をバンドのメンバーに伝えたり、自作曲のギター・スコアをネットで配布したり…と、譜面制作のスキルは遅かれ早かれ必要になってくる。今回はそんな向上心のあるギタリストのため、PreSonusの譜面制作用ソフトNotionを使用し、オリジナル譜面の制作方法を分かりやすく解説したい。
[目指せ!! 譜面の達人記事を読む]

Notion 6を入手しよう!

PreSonus Notion 6がスピードと効率性に優れ、操作が簡単で、最新の機能と優れたサウンドを提供する楽譜作成&作曲ソフトウェアであることがお分かりいただけたのではないでしょうか。Notion 6は、ダウンロード版、Notion 3〜5からのバージョンアップ版、パッケージ版(9月予定)に加えて、Studio One 3バンドルも各種ラインアップ。そして、教育機関向けにマルチライセンスも用意しています。

<無償バージョンアップのお知らせ>
2016年8月1日から8月25日までにNotion 5を購入されMy PreSonusに登録されている方はNotion 6が自動で無償提供されています。詳しくはMy PreSonusアカウントをご確認ください。


Young Guitar

Notionレビュー

目指せ!! 譜面の達人。Young Guitarオンラインで、ギタリストでも楽譜がスラスラ書ける楽譜作成&作曲ソフトウェアNotionの実用ガイドが公開!ギタリスト坂本光久氏がバンド譜とリード・シートの作成方法を6ページに渡り伝授!
レビューを読む

藤本健のDTMステーション

Notionレビュー

藤本健のDTMステーションにレビューが掲載。DTMユーザー、ギタリスト、Studio Oneユーザーだけでなく、全てのミュージシャンも要チェック!Notionの全容が分かりやすく解説されています。
レビューを読む


iOS用Notionアプリ

iOS用Notionアプリ

モバイルでもNotionクオリティを!革新的な作曲家であり指揮者でもあるエサ=ペッカ・サロネン氏も愛用するiOS用Notionアプリ
製品情報を見る

Studio One

Studio One

高度な編集/プロダクションが必要ならばNotionのベスト・パートナーであるStudio Oneが最適!無料のPrime版もラインアップ
製品情報を見る