Thanks for your help. We've received your bug report.
Cycling '74 creates software for innovation and exploration.


アーティスト・パッチ|インタビュー|レビュー

基礎的な機能ブロックをつなぎ合わせることで独自のソフトウェアを構築できるMax。そのMaxを愛用するアーティスト/クリエイターのパッチ/インタビュー/レビューを紹介。また、現在ネット上では数え切れないほどのMaxパッチがシェアされており、そのパッチのプレーヤーとしてMaxを活用するのもひとつの方法。サウンド&レコーディング・マガジン連動企画「MAXで作る自分専用パッチ」では、最先端のアーティスト/クリエイター達が作成したクールなパッチを披露!そのパッチの試聴、そしてパッチの無料ダウンロードも可能!MAXの30日間トライアル・バージョンで、アーティスト/クリエイター達が制作したパッチを直ぐに試すことが可能です。

Patch

Device 30では「Twitter経由で世界中とセッションできるパッチ」を紹介

Patch

Device 29では「サウンドの倍音成分をMIDIに変換して自動演奏」を紹介

Patch

Device 28では「ギター・アンビエント『Aerial Tone』」を紹介

Patch

Device 27では「動画でグラニュラー合成をコントロール」を紹介

Patch

Device 26では「遺伝的アルゴリズム・リズム・マシン」を紹介

Patch

Device 25では「パソコン本体で演奏するテルミン」パッチを紹介

Patch

Device 24では「音律の新たな組織法を考えるパッチ」を紹介

Patch

Device 23では「空間音声をミックスするためのMaxパッチ」を紹介

Patch

Device 22では「生演奏によるコンピューター音楽」のためのパッチを紹介

Patch

Device 21では「VJプレイのためのMax活用法」パッチを紹介

Patch

Device 20では「規則的な挙動を繰り返すサンプル・ルーパー」パッチを紹介

Patch

Device 19では「“えせDJスクラッチ”半自動演奏」パッチを紹介

Interview

ソフトウェア「2020」を発表したDUB-Russellの首藤氏にICONがインタビュー

Interview

Maxで全てを生成させた新作KicoelをリリースしたKatsuhiro Chiba氏インタビュー

Review

音楽制作に適したプログラミング・ソフトのメジャー・アップデート版

Patch

Device 18では「2d.wave~を活用したループ・シフター」パッチを紹介

Patch

Device 17では「Apple Logic for Max」パッチを紹介

Patch

Device 16では「自撮りシンセサイザー」パッチを紹介

Patch

Device 15では「1秒×100個のフラグメンツで奏でてみた」パッチを紹介

Patch

Device 14では「3Dモデルをポイントクラウド音に変換」パッチを紹介

Patch

Device 13では「新しいフレーズを生成するシーケンサー」パッチを紹介

Interview

VJ、プログラマーのMasato TSUTSUI氏のミニインタビュー。

Patch

Device 12ではCEO自ら「harmonics + subharmonics laboratory」パッチを紹介

Interview

Cycling "74 Maxの開発を手がける2人の異才にICONがインタビュー。

Patch

Device 11では「オーディオ・ファイルから自律的音響バリエーションの生成」パッチを紹介

Patch

Device 10では「JavaScriptを利用した非ステップ型シーケンサー」パッチを紹介

Article

Max Conference in Japanの感想やMaxによる音楽制作について対談

Project

Node/砂漠の老人のコンセプトと音響システムについてインタビュー

Patch

Device 09では「線画で電子音を奏でるLOOP MAKER」パッチを紹介

Patch

Device 08では「Music Today on Fluxusのため音像移動」パッチを紹介

Patch

Device 07では「キーボード入力でライブ・パフォーマンス」パッチを紹介

Patch

Device 06では「複雑なサウンド・レイヤーを自動生成」パッチを紹介

Patch

Device 05では「スクラブ再生を実現するプレーヤー」パッチを紹介

Patch

Device 04では「アンビエントな4chルーパー」パッチを紹介

Patch

Device 03では「予測不能のコラージュ・ルーパー」パッチを紹介

Patch

Device 02では「シンセに自動演奏機能とディレイを付ける」パッチを紹介

Patch

Device 01では「シンプルなシンセサイザー」パッチを紹介

Review

ユーザビリティと音質を向上させたビジュアル・プログラミング環境