コーデック・アーチファクト除去&トランジェント除去

UNCHIRPは、非可逆コーデックのオーディオや、スペクトル・ノイズ除去などの他のFFTベースのプロセスに関連する不快なアーチファクトを除去するプラグインです。ノイズの低減、高周波チャープ(水中音、ワーブル、さえずり音などとも呼ばれる)の抑制、トランジェントの不鮮明化の補正、消失した高周波の復元 ― これらすべてをUNCHIRPは1度で実行します。エンコーディングにより音質劣化した楽曲、低ビットレートのナレーション、余計な部分までノイズ除去されてしまった素材、コンシューマー向け機材で撮影された映像の音声といった素材の再活用、また、素材に輪郭や響きを加えたい場合にUNCHIRPは活躍します。

UNCHIRP機能概要:

  • 高周波「チャープ」アーチファクトを抑制
  • 「音楽的なノイズ」アーチファクトを低減
  • 不鮮明、オーバーリミット、損失のあるトランジェントを補強または差し替えるトランジェント合成
  • サイコアコースティックに最適化したトレブル・ブースト回路と[Enhance]および[Excite]モード
  • ブレークポイント・カーブ・エディターに基づく周波数依存プロセッシング
  • ジョイントステレオ・エンコード素材を扱うサイドオンリー・アルゴリズム・モード
  • クオリティが向上したプロセッシング向けのよりCPUロードの高いHDアルゴリズム・モード(オフライン・プロセッシングを推奨)
  • 明瞭度のより高い信号トランジェントに同期したプロセッシングを実現するSYNCパラメーター
  • バッチ処理で使用する際の監視用出力リミッター
  • 時間効率に極めて優れたワークフローとUI

問題

非可逆コーデックおよび今日のDSPプロセス(デノイザーなど)の多くは、高速フーリエ変換(FFT)と呼ばれるプロセスを多用しています。このメソッドにはいくつかの利点がありますが、逆に欠点もいくつかあります。それらは、時間ドメインにおける局在化低下による音楽的ノイズ、高周波変調(チャープ)、トランジェントの不鮮明化、全体的な「ぼやけ」といったさまざまなアーチファクトの原因となります。人間の聴覚の仕組みのため、これらのアーチファクトは非常に目立ち、あきらかに不自然に聞こえます。さらに、非可逆コーデックとデノイザーは、しばしば高周波の消失の原因となり、さらにオーディオを劣化させます。UNCHIRPは、この様なアーチファクトすべてに対する特効薬となります。

Pitchmap

2つを組み合わせてより強力に

UNCHIRPさえずり音を検出し、Zynaptiq独自の適切なプロセッシングを適用してこれを除去します。同時に使用可能な2つの異なるアルゴリズム、Musical Noise ReductionDechirpingは、周波数依存プロセッシングに対してそれぞれ独自の技術アプローチを採っており、ユニークな音響特性とブレークポイント・カーブ・エディターを使用しています。Zynaptiqは最大限の可能性を提供します。

Electrify

いとも簡単に!

数々の賞に輝くリバーブ除去ソフトウェアUNVEIL同様、UNCHIRPは、トランジェントを回避し、極めて極端な設定であっても自然なサウンドをもたらします。それだけではありません。バイパス・スレッショルドに周波数依存を追加し、周波数依存トランジェント減衰/ブーストも追加しています。新しいトランジェント合成は、FFTプロセッシングや過剰なダイナミクス・プロセッシングにより損失が生じたトランジェントを置き換えることができます。最後に、同期機能は、プロセッシングを信号のトランジェントに同期させ、全体的な明瞭度やコヒーレンスを向上させます。これらのアルゴリズムは、問題のある素材の補正にも、優れたサウンドにインパクト、ディテール、輪郭を加えるのにも優れた機能を提供します。カーテンを開くような変化が得られるはずです。ぜひお試しください。

Electrify

輝き

トレブル・ブーストは、低ビットレート・エンコードのオーディオに生じがちな高域の「不感帯」に対処します。周波数において、指定のビットレートがキャプチャ可能な範囲にはハード限界があります。ブーストするものがないため、一般のEQでは対処できません。トレブル・ブースト回路は、このトレブルを埋め合わせる2種類の方法を提供します。サイコアコースティックに最適化されたEnhancer(不感帯の周波数成分を示すよう調整されたイコライゼーション)と、「隙間を埋める」新しい倍音を合成するExciterです。優れたサウンドなので、トレブル・プロセッシングに一様に使用したくなるかもしれません。すでに優れたサウンドであるオーディオ信号に、美しい輝きや響きを追加できます。 

Electrify

限界を超える

時間はなによりも大切なリソース。Zynaptiqはユーザーのために時短技術にも真剣に取り組んでいます。UNCHIRPは、さまざまなワークフロー機能を搭載し、超高速に結果を得られるよう支援。監視の必要のないバッチ処理を実現する出力リミッター、除去しようとしている内容をすばやく聞くことのできるI/O差異機能、ゼロにスナップする機能およびコピー/ペースト機能とブレークポイント・カーブを使用したすべての主要パラメーターに対する周波数依存プロセッシング、プリセットを記述してすべてのプラットフォームとフォーマットで使用できるプリセット・マネージャーを用意しています。UNCHIRPを導入すれば、バケーションに出る余裕が十分に得られるようになるでしょう。

シナジー

UNCHIRPのほか、リバーブ除去、アダプティブEQ、ポリフォニック・ピッチ・プロセッシングを提供する各プラグインUNVEILUNFILTERPITCHMAPは、個別またはZAP Bundleの一部として入手可能です。これらのツールを組み合わせて使用することで、これまでにないほどの深遠なオーディオ操作が可能となります。一度使用すれば、手放せないツールとなることでしょう。

Mac AU Compatible
  • UNFILTERの体験版

DL版:39,800円(税込)

(オープンプライス:MI7 STORE価格)


UNFILTER 60%OFF

マスタリング・グレードで自由曲線のアダプティブEQを実行可能なUNFILTERの最新バージョン1.3.0リリースを記念して5/31まで60% OFFを実施中!
UNFILTERの詳細


DTMステーションPlus!

DTMステーションPlus!第129回「ドイツの魔法のプラグインZynaptiq特集」のアーカイブ公開中。藤本健氏と多田彰文氏がZynaptiq製品を徹底チェックです。番組内で5/31まで有効な20%OFFクーポンも提供中。是非ご覧ください。

SUBSPACE - 驚きの無償

Zynaptiqのオールパス・リバーブ・モジュールをベースとしたリバーブ・プラグインがニュースレター登録で驚きの無償提供中。
SUBSPACEを無償でGET


ZAP II & REPAIR

UNCHIRPはZynaptiqプラグイン・バンドルの ZAP IIバンドルおよびREPAIRバンドルにも収録されています。

ZAPバンドル・スクリーンショット
REPAIRバンドル・スクリーンショット

遂にiLok対応に

PACEバージョンへクロスグレード

ZynaptiqはUNCHIRPのPACE iLokへの対応を発表しました。現在、UNCHIRP 1.xでコピープロテクトにeSellerateを使用したバージョンをお持ちの方は、無料でPACEバージョンへクロスグレードすることが可能です。これにより、PACE iLokでライセンスを管理することが可能となります。
[クロスグレードの詳細]

レビュー:森田良紀

小鳥のさえずりのようなノイズを除去、失われたトランジェントの回復も可能。高周波成分の復元機能を使ってエキサイター的な効果も得られる。
[レビュー記事を読む]

Mine-Chang

Mine-Chang

様々なフィルター効果による影響をリアルタイムに改善するUNFILTER。このUNFILTERを愛用しマスタリング・グレードのEQでもあると語るレコーディング・エンジニアMine-Chang氏がレビュー。ビフォー&アフターが分かる、この記事のために制作されたサウンド事例も要チェックです。
[インタビューを読む]

MI7マイページがオープン

MI7マイページ

重要:ユーザー登録/管理やショッピングなど便利な機能/情報を集約したユーザー専用のページ、MI7マイページがスタート。誕生日を登録するともれなくクーポンもプレゼント中!Zynaptiq製品をお持ちの方でユーザー登録を行っていない方は今すぐMI7マイページにご登録を。
[MI7マイページに登録|ログインする]