山之内正

山之内正

オーディオ評論家

コンセプトにブレがなく、目指す音の方向が明確に伝わるヘッドフォンを完成させた

 

Austrian Audioは誕生したばかりの新しいブランドだが、コンセプトにブレがなく、目指す音の方向が明確に伝わるHi-X50Hi-X55ヘッドフォンを完成させた。

第一印象は、余分な音を出さないことに徹していて付帯音が非常に少ないこと。立ち上がりが俊敏で低音が緩まず、余分な音を残さない点も特筆に値する。次に、中音域の密度が高く、旋律やソロ楽器を力強く描き出すことに注目したい。声やホーン楽器は弱音でも音に芯があり、リズム楽器やベースに埋もれず一音一音が真っ直ぐ浸透する。特にオーバーイヤー型のHi-X55は遮音性も高く、タイトでダイレクトな音調はモニター用途で真価を発揮するだろう。

鑑賞用ヘッドフォンとしては、ピリオド楽器で演奏したバロックアンサンブルやアコースティックなジャズのピアノトリオなど、鮮鋭なリズムの切れが求められる音源と相性が良い。余分な演出で演奏の本質を曇らせることがなく、高揚感やテンションの高さを忠実に引き出してくれる。

メディア・イノベーション・ワークショップ|オンライン

CEOが最先端テクノロジーを語る特別講演決定!

音楽/音響の分野において「最先端がもたらす変化」を提案し続けてきたエムアイセブングループが、国内外のトップエンジニア/アーティストと共に開催する無料セミナー「メディア・イノベーション・ワークショップ|2020オンライン」を開催中。12月上旬予定のSession 4ではAustrian AudioのCEOマーティン・ザイドル氏がオーストリアよりリモート登壇!バックボーンに始まり、マイクやヘッドホンのテクノロジーや導入のメリット、ハンドメイドにこだわる理由、さらに、AmbiCreatorなど付属のプラグインの活用法など、「マイクロフォン・テクノロジーの最先端」を知ることができる貴重な講演です。

講演の詳細 | 予約

最新情報

MI7メルマガに登録

ザ・テイスティング

OC818とOC18のサウンドを体験