CC8

CC8

スモールダイアフラム・コンデンサー・マイクロフォン

Pristine Sound

 

ありのままにキャプチャ

Austrian AudioのCC8は、伝説的なCK1カプセルからインスピレーションを受け誕生したOCC7カプセルを搭載し、高SPL対応、トランスレス回路、2段階のハイパス・フィルター/パッド、オーストリア・ウィーンでのハンドメイドなど、伝統と最新技術を融合するスモールダイアフラム・コンデンサー・マイクロフォンです。

サウンドはナチュラル&オープンなサウンドで、中域から高域はシルクの様な滑らかさを誇ります。OCC7カプセルとトランスレス回路により、周波数特性は極めてリニアで最大156dBもの極めて高いSPLでも歪むことなく収録可能。これにより、弦楽器、木管楽器、金管楽器、打楽器などのクラシック・ソースに加えて、アコースティック・ギター、ピアノ、スネア、ハイハット、ドラムセットなどのレコーディングにも理想的なマイクロフォンに仕上がっています。さらに、出荷される個体感度差は全て1kHzで±0.5dB以内にキャリブレートされているため、どの2本を組み合わせてもステレオ・ペアとして利用可能です。

主な特徴

ハンドメイドOCC7カプセル

伝説的なCK1カプセルからインスピレーションを受け誕生。オーストリアでハンドメイドし伝統を継承しつつ現代のニーズにも対応

高精度の単一指向性

優れた指向性を提供

堅牢なデザイン

金属製の筐体、キャップ、グリル

2段階ハイパス・フィルター

60Hz(2次)または120Hz(2次)に切替可能

2段階アナログ・パッド

パッド(0、-10dB、-20dB)を使用することで最大156dBまで収録可能

いつでもステレオ・ペア

出荷される個体感度差は1kHzで±0.5dB以内にキャリブレートされているため、どの2本を組み合わせてもステレオ・ペアとして利用可能

CC8サウンドの秘密

OCC7コンデンサー・カプセル

Making Passion Heard

OCC7コンデンサー・カプセルは、Austrian Audioのスモールダイアフラム・マイクロフォン製品に採用されており、オーストリアのウィーンで開発されています。伝説的なCK1カプセルからインスピレーションを受け誕生したOCC7カプセルは、伝統を継承しつつ現代のニーズにも対応。カプセルに採用されている、薄さ3ミクロンの金メッキされたポリエチレン・ナフタレート(PEN)製ダイアフラムは、マイラー製の従来品に比べて遥かに堅牢です。さらに、周波数特性は極めてリニアであり高い音圧レベルにも耐えることが可能。自己ノイズが非常に低いことと相まって、優れたダイナミックレンジを実現しています。常にナチュラル&オープンなサウンドで、高SPLソースでも粗さを感じさせず、中域から高域はシルクの様な滑らかさを誇ります。

カプセルは伝統的な技能を有するエキスパートがオーストリアでハンドビルドしており、出荷される個体感度差は0.5dB以内にキャリブレートされているためどの2本を組み合わせてもステレオ・ペアとして利用可能です。

レビュー&視聴

専用プラグインのStereoCreatorがとても面白い!録音後に“部屋の広さ”をコントロールできる感覚です
照内紀雄
サンレコ クリエイティブ・ラウンジ2022「AUSTRIAN AUDIOが切り開く“弾き語りRECの新境地”」
星野誠×おおはた雄一
耳障りだったり不要だと感じる部分が無いOC818に対し、低音楽器に立てたくなるOC18のサウンドも魅力的
馬場友美
PolarDesignerを使うとEQなどとは全く違う感覚で空間における音の配置を立体的にコントロールできる
machìna
2機種ともモダンなコンデンサー・マイクでは個人的に最高峰、何に立ててもレスポンスが良くピーキーにならない
原真人
ピークが感じられないので初めはおとなしく聴こえますが、ミックスの際に処理が少なくて済む音なんだと気付きました
諏訪桂輔
音がしっかりとしている上に後で指向性を変えられるので、マイクを何本も立てていたような場面をシンプル化できそう
米津裕二郎
かつて体験したことのない新しい音色変化が得られるので、音作りに対するイマジネーションが広がります
星野誠
後からマイキングをデザインできるのは自宅録音に効果的、いかなる環境で録ってもベーシックな音に持っていけそうです
ichi takiguchi
原音忠実な音がスモール・ダイアフラムのマイクに多い中、ラージでそういった特性が得られるのはうれしいですね
藤城真人
ここまで癖が無くて万能に近いマイクも珍しく、次の世代のベーシックになり得ると思います
中村公輔
ニュージャズバンドBLU-SWINGを起用しOC818/OC18でレコーディング!そのDAWデータを特別提供中
ザ・テイスティング
Tomonao Hara Group「Circle Round」の録音でOC818が採用!Mick沢口氏のご厚意によりハイレゾ視聴も可能
Circle Round
カプセルから内蔵アンプまで徹底した品質管理を感じ、特に個体感度差が1dB以内という性能は驚異的です
近藤祥昭
指向性をマルチバンドで変えられるというのが大きく、録音が難しいディストーション・ギターにも効果的です
橋本まさし
指向性エディットによる音色変化が幅広く、ソフトの性能の高さから位相も良いんです
森元浩二.
Austrian Audio設立の経緯と同社のフィロソフィー、そして最初の製品となる2種類のコンデンサー・マイクロフォンについて話を訊いた
PROSOUND WEB

ドキュメント

This field is required!

ラインアップ

CC8

CC8

標準セット

¥59,400

 

製品情報

CC8 Stereo Set

CC8 Stereo Set

ステレオ・セット

¥117,700

 

製品情報

OC818

OC818

マルチパターン

¥154,000

 

製品情報

OC818

OC818 Black

マルチパターン

¥154,000

 

製品情報

OC18

OC18

単一指向性

¥99,000

 

製品情報

OC707

OC707

ハンドヘルド

¥57,200

 

製品情報

OD505

OD505

ハンドヘルド

¥35,200

 

製品情報

CC8

¥59,400

標準パッケージ内容

  • CC8マイクロフォン
  • 日本語ガイド
  • CCW8ウインドスクリーン
  • OCH8ホルダー
  • MSC8キャリング・ケース

指向性パターンと周波数チャート

技術仕様

指向性:
単一指向性
周波数特性:
20Hz~20kHz
感度:
15mV/Pa
ノイズ・レベル
16dB SPL(A特性)
最大SPL:
156dB
ハイパス・フィルター:
60Hz(2次)、120Hz(2次)
切り替え可能パッド:
-10dB、-20dB
インピーダンス:
275Ω(シンメトリー)
インピーダンス負荷:
> 1kΩ
電圧:
48V(< 3mA)
出力端子:
XLR 3ピン
サイズ:
140 x 23 x 23 mm
質量:
160g

OTOTEN2022

Austrian Audioヘッドフォンを体験!

東京国際フォーラム | 6月11日〜12日

最新情報

MI7メルマガに登録

ザ・テイスティング

OC818とOC18のサウンドを体験