StudioLive Remote AI
StudioLive Remote AI

StudioLive AIミキサー・シリーズのダイレクトなワイヤレス・コントロールを提供する無償iPad App



待望の新しいサービス
MI7マイページがオープン!
ユーザー登録/管理やショッピングなど便利な機能/情報を集約したユーザー専用のページ、それがMI7マイページ。誕生日を登録するともれなくクーポンをプレゼント中!PreSonus製品のユーザー登録を行っていない方は今すぐMI7マイページにご登録ください。
MI7マイページ



関連製品
StudioLive AI — StudioLive AIミキサー・シリーズは、ライブでもスタジオでも統合的で合理的な制作環境を提供
StudioLive AI


Virtual StudioLive™ AI — StudioLive AIミキサー・シリーズ用コントロール/エディター/ライブラリアン・アプリケーション
Virtual StudioLive™ AI



PreSonus SL Remote AI

iPad App(無償)



QMix-AI™

iPhone App(無償)



オールドスクール・ミキサーでライブをミキシングしていて、バルコニー下、あるいはバルコニーのサウンドをチェックする必要が出てくることがあります。また、サウンドチェック中、ステージ・モニターを直に聞きたい場合もあります。ミキシング・ステーションから出ることができない場合、誰かの耳を頼りにするしかありません。信頼できるクルーがいなければ、どうしようもありません。

しかし、StudioLive™ AIミキサー・シリーズと、Apple iPad®を使用すれば、問題は解決です!

StudioLive Remote-AI(SL Remote-AI)(iPad®用、Apple App Storeにて無償配布)は、StudioLive AIミキサー・シリーズのダイレクトなワイヤレス・コントロールを提供します。StudioLive AIミキサー・シリーズとiPadが同一のワイヤレス・ネットワークに接続されていれば、コンソールのコントロールが可能です (第1世代の StudioLive ミキサーのコントロールには、StudioLive Remote-AIではなく、StudioLive Remoteをご使用ください)。

分かりやすく、使いやすく

StudioLive Remote-AIの機能を使用してみれば、奥行きのあるアプリであることがお分かりいただけることでしょう。それにもかかわらず、iOSアプリらしくすばやく簡単に使用できます。

SL Remote-AIの[Overview]には、複数のチャンネルのパラメーターが一度に表示されます。Fat Channelプロセッシングの詳細ビューに切り替え、ゲート、コンプレッサー、EQなどを指操作ひとつで選択できます。

[Aux]ビューには、Auxバスのレベル、パンニング、グラフィックEQ、Fat Channelプロセッシング、および、内部FXバスのセンド・レベル、エフェクト編集、Fat Channelプロセッシングが表示されます。[GEQ]ページでは、メイン・バスのグラフィックEQを調整できます。

横向きでiPadを使用すると、1つのチャンネルのすべてのパラメーターが表示されます。

こちらで紹介したのは、SL Remote-AIの機能のごく一部です。シーンを変更したり、トークバック・システムをリモートでコントロールしたり。SL Remote-AIなら可能です。チャンネルとバスの名称変更も行えます。名前を変更すると、新しい名前がネットワークに配信され、QMix™-AIVSL-AICapture™、StudioLive AIミキサー・シリーズが更新されます。これは、StudioLive AI Software LibraryにActive Integrationテクノロジーが使用されているためです。

他のStudioLive AI Software Library同様、SL Remote-AIも一新。ライブラリ内のすべてのアプリケーションはソフトウェア・プラットフォームを共有しており、Active Integration™テクノロジーによる新機能に対応しています。

SL Remote-AIとその他のAIアプリは、すべてのStudioLive AIミキサー・シリーズと機能し、新機能に対応するよう事前設定されています。5つのStudioLive AI Software Libraryアプリケーションはすべて互いにそしてミキサーと通信します。

たとえば、SL Remote-AIに入力されているチャンネル名はネットワーク(Capture、QMix-AI、VSL-AIを含む)を経由して送信されるため、チャンネルの名称設定は1回で完了。StudioLive AIミキサーを含むどこからチャンネル名を設定してもかまいません。これらの優れた機能は、ほんの一部に過ぎません。

平均点のアプリとは一線を画す優れもの

Virtual StudioLive-AIコントロール/エディター/ライブラリアン・ソフトウェア(Mac®およびWindows®用)は、会場の周波数特性を表示し、ディレイ・システム・タイミングをすばやく計算・設定し、出力の接続を確認する3つのSmaart System Checkウィザードを含む、パワフルなSmaart Measurement Technology™オーディオ分析ツールを搭載しています。

これらは非常に便利な機能ですが、他のミキシング・システムでは提供されていません。

さらに、VSL-AI Smaartウィザードを携帯性に優れたiPadでコントロールできるとしたら?VSL-AIとSL Remote-AIは、互いに、そしてStudioLive AIミキサー・シリーズにも統合しています。

Active Integrationにより、VSL-AIとSL Remote-AIはワイヤレス・ネットワークを介して相互通信が可能です。そのため、VSL-AIでSmaart System Checkウィザードを起動し、ウィザード内でGo Remote機能を使用して、iPad用のSL Remote-AIからウィザードをコントロールするよう切り替えることができます。これにより、FOHに戻ることなく、ウィザードの次のステップに進むことができます。これは、測定用のマイクを配置する際に特に便利です。

StudioLiveミキサー・シリーズは、Rational AcousticsのSmaartテクノロジーを搭載した唯一のミキシング・プラットフォームです。Smaartを搭載したStudioLive AIミキサー・シリーズは、スマートな選択といえるでしょう。

システムをどこからでもコントロール

SL Remote-AIとワイヤレス・モニターがあれば、StudioLive AIミキサー・シリーズ(または複数のStudioLive AIミキサー・シリーズ)を、会場のあらゆる位置からコントロールできます。PreSonus Active Integration™テクノロジーにより、ワイヤレス・ネットワークの設定は極めて簡単です。

PreSonus Active Integration™テクノロジーには、パワフルなリアルタイムWi-Fiダイレクト・リモートコントロールが搭載されており、Wi-Fi接続さえあれば簡単にコントロールが可能です。

IpadからStudioLiveミキサーをワイヤレスでコントロールするには、SL Remote-AIを実行するご使用のiPadを、同一のワイヤレス・ルーターに接続します。設定はすばやく簡単。IPアドレスやサブネット・マスクの入力は必要はありません。これで完了です。iPad同様、StudioLive AIシリーズ・ミキサーも使用可能なネットワークのリストをスキャンして表示します。ご使用のミキサーをEthernetケーブルを使用してワイヤレス・ルーターに接続したい場合は、ケーブルを接続するだけですぐに使用を開始できます。

SL Remote-AIはワイヤレス・ネットワーク上のStudioLive AIミキサーをどれでもコントロールでき、複数のiPadで同一のStudioLive AIミキサーをコントロールできます。各iPadがこのネットワークに接続するたび、iPadにインストールされているSL Remote-AIが、ネットワーク上のStudioLive AIシリーズ・ミキサーすべてを検出します。そのため、複数のStudioLive AIシリーズ・ミキサーをすばやく簡単にコントロールできます。外部スタッフや企業用途に最適です。

安全、安定、セキュリティ万全。

パワフルなネットワーク接続とワイヤレス・リモート・コントロールはすばらしいことです。しかし、SL Remote-AIを使用している際に、何者かによりWi-Fiシステムがハッキングされ、ショーが乗っ取られたりしたら?遅刻を理由にクビにしたあのセカンド・エンジニアの顔がちらつきます…。遅刻魔でも頭は切れるし、クビにされて怒っているに違いない。もしかして…。StudioLive AIミキサーに搭載のセキュリティ機能なら、このようなハッキングの発生を防ぐことができます。

また、モニター・ミックスにのみアクセスできる権限を許可したいという場合もあるでしょう。そういった操作も可能です。

ライブでのミックスを手がけている方なら、ワイヤレス・リモート・コントロール・システムのセキュリティがハッカーの登場によりますます重要度を増していることはすでにご存じのことでしょう。StudioLive AIミキサー・シリーズに搭載されたシステム全体を効率良く保護するセキュリティ機能は、このような背景から生まれました。

StudioLive AIミキサー・シリーズでは、SL Remote-AIを実行しているiPadのネットワーク上のワイヤレス・デバイスでコントロール可能な機能を決定する権限を設定できます。さらには、ルーター・パスワードを持っているかどうかに関係なく、特定のワイヤレス・デバイスを完全にブロックし、ネットワークから閉め出すことも可能です。ショーを乗っ取ろうと考えているハッカーたちへ。残念でした!

あるギグで、モニター・エンジニアがおり、あなたはFOHに集中する手はずになっているとします。このモニター・エンジニアにSL Remote-AIがインストールされているiPadを渡して、ミキサーの[iOS Setup]エリアで、Auxのチャンネル・センドとバス・マスターのみへのアクセス権限をこのiPadに許可します。この操作は、あなたの使用するiPadに割り当てられている権限には影響しませんので、あなたはすべてをコントロールすることができます。

iPadを持っているミュージシャンに、それぞれのAuxセンドだけをミックスする権限を許可することもできます。

やっと自由に!

ワイヤレス・システムのセキュリティを心配することなく、会場内を自由に動き回り、ミックスを微調整できます。ステージからステージ・モニターを調整することも可能。リモート・コントロールでシーンを変更。iPadユーザーのアクセス権限を思いのままに設定することもできます。聖歌隊席でも、会議室でも、バーでもミックスを確認できます。

もう、あなたの動きを制約するものはありません。