Valley People Dyna-mite
  

スペシャル・プライス:Valley People Dyna-miteが驚きの8,900円!

Valley Peopleは、特徴的なサウンドをもたらすメーカーとして評価を得ており、そのユニットはオーディオ・エンジニアの秘密兵器として愛用されてきました。Valley People Dyna-miteは、ドラム・スカッシュ、スナッピーなベースライン、トラックのダイナミクスをエンハンス、ダッキング、ゲート、ディエッサーなど万能なリミッター/エキスパンダーです。その独自の性質は新しいサウンドを呼び覚まします。

Dyna-mitesは歯切れ良くアグレッシブな圧縮ができることで人気を得ていますが、その有用性はこれを遥かに超えるところにあります。コンプレッサーとして使用すればドラムの一打一打に驚くべき結果が得られますが、Dyna-mitesは非常に多用途なエキスパンダーや純粋なゲートとしても使えるのです。DAW時代の現在、編集機能は出揃っていますが優れたエキスパンダーは今なお有用なツールです。例えば、マイクのブリードを自然に調整するために役立ちます。そして、優れたゲートを使えば、編集に要する時間を大幅に削減できます。もちろん、ゲートは外部のサイドチェーンから動作させることもでき、これによって興味深い様々な可能性が得られます。

Valley People Dyna-miteには、リミット・モード、エキスパンダー・モード、ゲート・モード、ディエッサー・モードのほか、2つのサイドチェーン・モードが備わっています。これらのサイドチェーン・モードを使うと、トラックのダッキングや追跡ができます。どのように使用しても、Dyna-miteには格別の雰囲気と味わいがあり、現在では問題解決の手段としてだけでなく、クリエイティブなツールとしても評判です。独自の方法で明らかにサウンドに影響を与えます。

VALLEY PEOPLEといえば録音スタジオには必ずと言っていいほど常設されていたエキスパンダー&ゲートのKepex IIが有名ですが、今回はDyna-Miteという1980年代に活躍したリミッター&ゲートのプラグイン。この製品は海外のスタジオで見かけたことはありますが、国内のスタジオではあまり見ない機種です。そんなわけで実機との比較はできませんが、その特徴的なサウンドを探ってみましょう。 [レビュー記事を読む]

森元浩二
prime sound studio form

ドラム・サウンドを当時の質感でうまくクラッシュさせることができる

杉山勇司レコーディング・エンジニア|杉山勇司
「実機であるVALLEY PEOPLE Dyna-miteは、先輩エンジニアたちが使っているのを見たのが最初でした。通常のコンプとしてより、ドラムの音をクラッシュさせるなど、特殊な役割を担うことが多かったです。このプラグインも発表後、当時の感触がよみがえるかと期待して試しました。Dyna-miteのキモである自動メイクアップ・ゲインの具合がとても忠実に再現されているように思います...  [私が使うSOFTUBEプラグイン記事の続きを読む]

概要

  • リミッティング:ピークと平均のリミッティング。ネガティブ・レシオ(-20:1)でのリミッティングとディテクターHFフィルタリング(ディエッサーとして使用する場合)が収録
  • エクスパンディング:極端な設定とディテクターHFフィルタリングでハードにもソフトにも
  • 外部サイド・チェーンでダッキング・モードまたはキーイング・モードに(使用可能な場合)
  • 自動メイクアップ・ゲイン機能の付いた、スレッショルド・ノブ
  • 0.05〜5 sec/20 dBでのリリース。信号予測リリース計算(ARC - Anticipatory Release Computation)機能でパンピングを減少
  • 出力時のディストーションが正確にモデリングされた、クリップLED付きの出力ボリューム。
  • エキスパンドまたはリミッティングの最大量を調整する革新的なレンジ・ノブ
  • 現在の設定と有効になっているモードを表示する、組み込みの対話式ガイド

VALLEY PEOPLE DYNA-MITEの商標についての視覚的および聴覚的なすべての参照資料はPMI AUDIO社からの許可書に基づいて作成されています。 VALLEY PEOPLEとDYNA-MITEのロゴはPMI AUDIO GROUPの商標であり、使用許諾に基づいて使用されています。

リミッティング・モードのデモ

リミッティング・モードのデモ

エキスパンダー・モードのデモ

エキスパンダー・モードのデモ

キーイング(サイドチェーン・エキスパンション)のデモ

キーイング(サイドチェーン・エキスパンション)のデモ

ダッキング(サイドチェーン・リミッティング)のデモ

ダッキング(サイドチェーン・リミッティング)のデモ

ディエッシングのデモ

ディエッシングのデモ
ドラムのリミッティング
エキスパンションによるドラムの補強
クリエイティブなサイドチェーン(キーイング)
Reason REでのValley People Dyna-mite
アコースティック・ギターのディケイの短縮

コメント

クリックしてジョー・チッカレリの画像を表示

スネアやタンバリンのアタックに見事なフロント・エンドが得られます。本当にトラック内での表現力が増します。

ジョー・チッカレリ(ミキサー/エンジニア/プロデューサー。ベック、U2、ザ・ストロークス、エルトン・ジョンなどを手がける

クリックして、所有するWireWorld Studioでのマイケル・ワグナーの画像を表示

プラグインのサウンドがオリジナルに近いかどうかについては常に議論が交わされます。私が耳にしたSoftube Dyna-miteのサウンドは、オリジナルとの違いがないことが明らかです。Softubeはオリジナルを完全に把握しています。

マイケル・ワグナー(オジー・オズボーン、メタリカ、ドッケン、アリス・クーパーなどを手がける

クリックしてアンドリュー・シェプスの画像を表示

Dyna-miteを気に入っています。サウンドがダイナマイトのようですからね!ほかのコンプレッサーには見られない、唯一無二の特徴があります。

アンドリュー・シェプス(エンジニア/ミキサー。メタリカ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ウィーザー、オーディオスレイヴ、リンキン・パーク、グリーン・デイ、アデル、U2を手がける

クリックして、次の動きを考えるコーエン・ヘルデンスの画像を表示

Dyna-miteは秘宝であり、秘密兵器であり、忘れられていた伝説です。

コーエン・ヘルデンス(ロサンゼルスを拠点に活動する、国際的なミキシング・エンジニア。複数のプラチナ・ディスクを獲得。ビヨンセ、リル・ウェイン、ミッシー・エリオット、ティンバランドなどのアーティストを手がける)

クリックしてビル・ヴォルンディックの画像を表示

再びValley People Dyna-miteを手に取れるとは幸せです。Valley People Dyna-miteの初回生産時に、マーティ・ロビンズが自身のスタジオにこれを持ち込みました。彼のチーフ・エンジニアとして、私はずっとこれを使っていました。そして今、インサートとして再び使えるとは、何と素晴らしいことでしょう。記憶の中にあるサウンドです。

ビル・ヴォルンディック(エンジニア/プロデューサー。ブルーグラスとアメリカーナを専門とする。 マーティ・ロビンズ、アリソン・クラウス、ロンダ・ヴィンセント、ラルフ・スタンリーなど数多くのアーティストを手がけ、グラミー賞を7回受賞している)

クリックしてジョー・チッカレリの画像を表示

最近はDynamiteプラグインをドラムに使っています。FETコンプレッサーと組み合わせると、非常にアグレッシブなドラム・サウンドを必要なときにすばやく作成できます。スネア・ドラムはどのようなトラックを通じても、わずかな労力でピシッと決まるようです。

ジョー・チッカレリ(ミキサー/エンジニア/プロデューサー。ベック、U2、ザ・ストロークス、エルトン・ジョンなどを手がける

クリックしてジョー・チッカレリの画像を表示

長年にわたってステレオ・ユニットを持っていたので、Dyna-miteは馴染み深いです。これらは基本的には「'80年代のDistressor」でした。私はいつもドラムの音を潰すためにこれらを使っていました。Dyna-miteは猛烈な勢いでパンピングし、スネア・ドラムに弾けるような素晴らしいアタックを加えてくれました。'80年代半ばになっても、ドラムとシンセのパラレル・コンプレッションとしてこれらを使っていました。エレクトリック・ピアノとルーム・マイクにもDyna-miteは効果的でした。'80年代は、オインゴ・ボインゴやストラングラーズのほか、パット・ベネターのアルバムにもこれらを使いました。当時使っていたトリックの1つは、スネア・ドラムの8〜10インチ上にショットガン・マイクを設置し、Dynamiteでゲーティングと圧縮を行うというものでした。...

今やプラグインになったとは。Dynamiteなら必ず成し遂げてくれるでしょう。これを使えば、スネアやタンバリンのアタックに見事なフロント・エンドが得られます。本当にトラック内での表現力が増します。エレクトリック・ベースをシンセ・ベースに、アップライト・ベースをエレクトリックに変えることができます。このプラグイン・コンプレッサーは何か大きく誤解されています。しかし、トラックに最も「適した」サウンドになることもあります。ゲーティング機能が素晴らしいです。かつてのゲートをかけたスネア・ドラムのエコーが完全に復活します。時に'80年代はとてつもなくクールになり得ます.....

ジョー・チッカレリ(ミキサー/エンジニア/プロデューサー。ベック、U2、ザ・ストロークス、エルトン・ジョンなどを手がける

クリックして『Computer Music』のロゴを表示

Dyna-miteは音の割れと歯切れの良さが必要な場合に効果を発揮します。

『Computer Music』

Softubeは、復活の準備が整ったカルト・クラシックを誠実に掘り起こし、蘇らせたようです。

...Dyna-miteを試してみれば、病みつきになることがよくわかるでしょう。

『Music Tech』

Sällan har vi hört bättre trumkompression i mjukvaruform.

『Studio』誌(スウェーデン)

クリックして『Mix Magazine』のロゴタイプを表示

素晴らしく複雑怪奇なレコーディング/ミキシング機器は私の得意分野です。そんな私がDyna-miteにはまったく失望しませんでした。Softubeの輝かしいTubetech CL1-Bコンプレッサー・プラグインと同じぐらいDyna-miteを気に入りました。Dyna-miteは多くを約束したうえで、約束以上の結果をもたらしてくれます!私のTones 4 $ Studiosで強大な力を持つ勝者です!

バリー・ルドルフ(『MIX Magazine』誌の寄稿編集者、ロサンゼルス『Music Connection Magazine』誌の「New Toys」欄のコラムニスト

1.iLokアカウントにデモライセンスをデポジットします

iLok.comユーザーID: *
メール・アドレス: *
都道府県: *
年齢: *
職業: *
使用用途: *

2.インストーラーをダウンロードします

最新のインストーラーはダウンロードページで入手できます。

3.iLokアカウントにライセンスを転送します

必ず最新のiLok License Managerをインストールしてください。

このフォームを使用して20日間デモのライセンスを生成します。全てのSoftube製品にはiLokアカウントが必要ですが、iLok Smart Keyはオプションです(iLokについて)。

通常は即座にライセンスが生成されてiLok.comアカウントにデポジットされます。ただし、場合によっては最長で1営業日を要します。

※デモリクエストと同時にMI7 Japan Newsdeskに登録されます。iLok.comユーザーIDはwww.ilok.comへのログインに使用している名前でiLokに印字されているシリアル番号ではありません。