Console 1ページへ
Tube-Tech Complete Collection

スペシャル・プライス:Tube-Tech Complete Collectionが驚きの22,450円!

優れたミックスをDAWで得るための最良の方法は、多くのチャンネルまたはすべてのチャンネルに対して、わかりやすく一貫し、そして効果的なアプローチをとることです。チャンネルストリップ・プラグインを使用すれば、アナログ・コンソールのワークフローを素早く快適にエミュレート可能。しかし、実物と同じぐらい良い音が得られているでしょうか。つまりは、ちょっとした特徴が時には大いにものを言うのです。

Pultecスタイルの真空管駆動式パッシブ・イコライザーPE 1CMK IIとME 1B、世界的に有名なCL 1B光学式コンプレッサー。これら3つの独立したユニットから成るTube-Tech Classic Channel MK IIは、通常のストリップとは異なります。真空管段であらゆる音源を心地よく温めて飽和させ、ゆっくりとした滑らかなコンプレッションで穏やかにレベルを揃えます。

MK IIバージョンでは、CL 1Bの全面改良やSoftubeの最新のシグナル・プロセッシング技術を駆使したEQの更新といった、音に関するすべての改善点がその構成パーツに反映されています。さらに、美しい高解像度グラフィックスと追加機能もこのバージョンでは備えています。

今回のTube-Tech CL 1B MK IIはかなり実機に似ており、音だけではどちらがハードウェアでどちらがプラグインなのか判断できないくらいです。また、オリジナルのTube-Tech CL 1Bでは実機のように再現できなかった“ボーカルをうまく聴かせるコンプの使い方”が、Tube-Tech CL 1B MK IIでは可能でした。

森元浩二. (prime sound studio form)

SoftubeのTube-Tech Classic Channel MK IIでは、お気に入りのTube Tech製品が1つのプラグインにまとまっている。これはボーカル・チェーンやバス・チャンネルのほか、ステレオ・ミックス全体にも最適。トップ・エンドの空気感がよく、そしてコンプレッサーは、ミックスのわずかな圧縮にも、現代のポップ・ミュージックに欠かせないアグレッシブなベースやドラムの圧縮にも役立つ多才ぶり。

ジョー・チッカレリ(ミキサー/エンジニア/プロデューサー。ベック、U2、ザ・ストロークス、エルトン・ジョンなどを手がける)

M/S処理が加わり、ステレオイメージのコントロールという本格的な用途にも対応できるようになりました。例えば、オーバーヘッド・マイクからキックとスネアを別々に圧縮、イコライジングしよりワイドまたはコンパクトなドラム・ミックスを制作することができます。あるいはマスタリングで、信号の「Mid」部分のディテクター回路をローカットし、必要なものにフォーカスすることで、穏やかにボーカルと残りのトラックとのバランスをとることができます。

CL1B MK IIプラグインは救世主。まさに「正しい」と感じさせる。CL1Bのハードウェアを1台所有しているが、このプラグイン・バージョンではトラックにいくつでも使うことができる。そして新しい「Wet/Dry」コントロールは革新的。Classic Channel MK IIについては、これまでに使ったどのEQよりも柔軟だと思う。ドラマティックに使うこともさりげなく使うこともでき、チェーン内でCL1B MK IIと組み合わせれば、文句の付けようのないプラグインになる。これを使えば今までの問題のほとんどは解決できる。

ケビン・カディッシュ(グラミー賞にノミネートされたソングライター/プロデューサー。メーガン・トレイナーやジェイソン・ムラーズなどのアーティストを手がける)

イコライザーを使えば、トラック、バスまたはミックス全体のサウンドを素早く形作ることが可能。ほとんどの設定で、高域は滑らかで穏やかに、中域は軽やかで明確に、低域は豊かに太く響かせられます。

0.1 dB単位での精密な微調整のことは忘れて、Classic Channel MK IIはとにかく可能な限り良いサウンドを得るためのプラグイン。そして、良いサウンドを簡単に作り出すことができます。これはノブを回してみれば分かるはずです。

素晴らしい製品。サイドチェーン、ミッド/サイド、パラレル機能の追加は助かる。サブ・グループにもミックス・バスにも使えて重宝。サウンドは適度にゴージャスです(新しいグラフィックスに私が惑わされていなければの話)。 あらゆる点で大いに向上しています。

クリストファー・ハリス(プロデューサー/ミックス・エンジニア。ベル・アンド・セバスチャン、ゴーストポエット、ベアーズ・デンを手がける)

Tube-Tech Complete Collectionには、最新バージョンのClassic Channel MK II、PE 1C MK II、ME 1B MK II、CL 1B MK II全てに加えて、オリジナル・プラグイン全種(Classic Channel、PE 1CおよびME 1Bイコライザー、CL 1Bコンプレッサー)が含まれています。

概要

  • サウンドの向上。CL 1Bの全面改良に加え、Softubeの最新の信号処理技術を使用してEQを更新。
  • 新機能 – M/S処理。CL 1Bでは、サイドチェーン・ローカット・フィルターと、パラレル・ブレンド。
  • 目を見張る、新しい高解像度グラフィックス。
  • 変わることのない偉大なオーディオ・プロセッサー。
  • Pultecスタイルのローおよびハイ・エンド・イコライザー。
  • ミッドレンジ・イコライザーは、オリジナルと同じ真空管駆動、パッシブ設計。
  • CL 1B光学式コンプレッサー - あまたのジャンルに通じる現代の名機。
  • オリジナル・プラグインも収録。

Tube-Techについての詳細をご覧ください。

TUBE-TECHとPE 1Cの商標についての視覚的および聴覚的なすべての参照資料はLYDKRAFT社からの許可書に基づいて作成されています。その他すべての商標はそれぞれの所有者の所有物であり、情報提供のみを目的として使用されています。

Tube-Tech MK IIサウンドデモ

Tube-Tech MK IIで制作されたサウンド

Tube-Tech MK IIサウンドデモTube-Tech MK IIで制作されたサウンド
Tube-Tech Complete Collectionデモビデオ
Tube-Tech MK IIプレゼンテーション

1.iLokアカウントにデモライセンスをデポジットします

iLok.comユーザーID: *
メール・アドレス: *
都道府県: *
年齢: *
職業: *
使用用途: *

2.インストーラーをダウンロードします

最新のインストーラーはダウンロードページで入手できます。

3.iLokアカウントにライセンスを転送します

必ず最新のiLok License Managerをインストールしてください。

このフォームを使用して20日間デモのライセンスを生成します。全てのSoftube製品にはiLokアカウントが必要ですが、iLok Smart Keyはオプションです(iLokについて)。

通常は即座にライセンスが生成されてiLok.comアカウントにデポジットされます。ただし、場合によっては最長で1営業日を要します。

※デモリクエストと同時にMI7 Japan Newsdeskに登録されます。iLok.comユーザーIDはwww.ilok.comへのログインに使用している名前でiLokに印字されているシリアル番号ではありません。