Marshall Plexi Super Lead 1959

Marshall社所蔵のリファレンス機を遂にネイティブ・プラグイン化

スペシャル・プライス:Marshall Plexi Super Lead 1959が驚きの9,900円!

マーシャル社が所蔵する貴重なPlexiリファレンス機をネイティブ・プラグイン化したSoftube Marshall Super Lead 1959は、ハイ・ゲイン入力とロー・ゲイン入力が用意されており、トゥワンギー・サウンドから泣きのソロまで幅広いサウンドが得られます。さらにトニー・プラットが1960BHWキャビネットやマイキングまでも忠実に収録し、歴史的なロック・サウンドをDAWで再現できます。

  
Marshall Plexi Super Lead 1959の製品紹介ビデオ

クリックして「ロックンロールの歴史がここに」の画像を表示
ロックンロールの歴史がここに

ロック・ミュージックの歴史において最も重要な役割を果たしたアンプと言えばMarshall Plexi Super Lead。SoftubeはMarshallとのコラボレーションにより、マーシャル社が所蔵する貴重なPlexiリファレンス機(1967年初期モデル)のコンポーネントを丁重にモデリングし、可能な限りコントラストに富んだネイティブ初となるプラグイン・バージョンを開発しました。このプラグイン・バージョンは、どのような設定でも実機と同様なレスポンスが得られ、信じられない程に様々な演奏スタイルに対応します。

クリックして「数々のギター・ヒーローがチョイス」の画像を表示
数々のギター・ヒーローがチョイス

誰もが認めるロック・ギター・アンプのレジェンドであるPlexiは、更なるパワー、ボリューム、唸りを求めて元々ザ・フーのピート・タウンゼントの依頼によって設計されました。ハイボルテージ・ロックが炸裂しようとしていた1960年代半ば、エリック・クラプトンはクリーム結成時に‘Bluesbreaker’コンボからSuper Leadにスイッチし、ウッドストック・ミュージック&アート・フェアでのジミ・ヘンドリックスの伝説的パフォーマンスがSuper Leadだったことをご存知の方も多いでしょう。

Marshall初のフル・スタックはPlexiのために構想され、当初この強力な100Wヘッド・アンプのパートナーは1台の巨大な8x12スピーカー・キャビネットでしたが、まもなく2台の4x12(ストレート1台、アングルド1台)に替わりました。このアンプからは、語りつくせないほど多くの作品やパフォーマンスが築き上げられており、このアンプがなければ、ロック・ミュージックはビジュアルもサウンドも現在とは異なるものとなっていたでしょう。

クリックして「伝説的エンジニアがマイキング」の画像を表示
伝説的エンジニアがマイキング

アンガス・ヤングはAC/DCでこのアンプを愛用し、ジミー・ペイジはレッド・ツェッペリンでこのアンプを愛用していました。グレアム・コクソン、ジョニー・ラモーン、ジョン・フルシアンテ、スラッシュもまた然り。1959(‘1959’というのは型番であり生産年ではない)は多用途であり、また倍音を豊富に含む素晴らしいギター・サウンドを簡単に得られるため、ジャンルやムーブメントを特徴づけるアンプとなりました。

今回のプラグイン化にあたっては、AC/DCのエンジニアとして空前絶後のロック・アルバムを手掛けたトニー・プラットの協力を得て、複数の方法で各種ヴィンテージ・マイクを効果的に配置し、当時を代表とする1960BHWキャビネットのインパルス・レスポンスをロンドンのKore Studiosで収録。ミックスでそのまま使用できるこれらのサウンドは、何にも増して即戦力であり、アンプを知り尽くした世界的エンジニア達のノウハウによるものです。

クリックして「ディテールまで再現かつ多彩なトーン」の画像を表示
ディテールまで再現かつ多彩なトーン

リードとリズムに分かれた2つのチャンネルには、ハイ・ゲイン入力とロー・ゲイン入力が用意されており、両者を組み合わせる(ジャンプする)ことで幅広い種類のサウンドを作り出せ、温かくザラつきのあるトゥワンギー・サウンドから、ロックの神が降臨する哀感あふれる泣きのソロまで正に自由自在です。唯一無二のSoftube Marshall Super Lead 1959をぜひお試しください。混じり気のないロック・トーンが確実に得られます。

クリックしてMarshall Plexi Super Lead 1959の画像を表示
クリックしてMarshall Plexi Super Lead 1959の画像を表示
クリックしてMarshall Plexi Super Lead 1959の画像を表示

概要

  • 1967年に製造されたMarshall所蔵のPlexi Super Lead 1959リファレンス機をプラグイン化。当時を代表とする1960BHWスピーカー・キャビネットと組み合わせ、エンジニア/プロデューサーとして名高いトニー・プラットが録音
  • 有名なロンドンのKore Studiosにてトニー・プラットによるマイクの選択と配置で録音
  • きめ細かく調整された50種類以上のプリセットを収録(AC/DCのエンジニアであるトニー・プラットが設計)
  • マイクの組み合わせは「FET」、「Valve」、「Dynamic」の3種類
  • セッティング毎に異なる3本のマイク(クローズ2本、ルーム1本)
  • チャンネル・ストリップには、マイク毎にパン、ボリューム・フェーダー、ソロのほか、2バンドのメイン出力EQを装備
Softube Marshall Plexi Super Lead 1959開発秘話
Softube x Marshall presents
Marshall Plexi Super Lead 1959サウンドデモ

Marshall Plexi Super Lead 1959のサウンドデモ

Marshall Plexi Super Lead 1959を使用した様々なサウンド例