Console 1ページへ
Tube-Tech Equalizer Collection

スペシャル・プライス:Tube-Tech Equalizer Collectionが驚きの9,950円!

ファットで真空管ドライブ、パッシブ設計のイコライザーは、機能性に特化したツールの遥かに上を行くことがあり、あらゆる音源に特徴とスタイルを与えます。ドラム、シンセ、ボーカル、ギター、ストリングス、ブラス...何でもありです。このため、こうしたイコライザーは何十年もの間、世界中の一流スタジオで愛用されてきました。これらのサウンドは想像し得る全てのジャンルに渡る何千もの名盤のテクスチャを彩っています。

Tube- Tech Equalizers Collectionは、既に驚異的な存在であるプロセッサーにとって大きな一歩となりました。2機が1つのプラグインにまとまったことで、ワークフローが向上するだけでなく、Softubeの最新のデジタル・シグナル・プロセッシング技術によりサウンドを活性化することができます。

その極太なベースと艶やかで光沢のあるトレブルは、世界中のサウンド・エンジニアの愛好の的です。PE 1Cでは、Tube-Techの有名なPultec真空管駆動式パッシブ・イコライザーが現代の文脈で解釈。PE 1Cは他のイコライザーでは不可能なことを成し遂げます。また、ひとたびノブを回してみれば、思いのほか多用的であることもお分かり頂けるはずです。

ビッグで雰囲気のあるベースとキックのサウンドを得るのに最適な組み合わせ。フルレンジ・スピーカーと小型のラップトップ・スピーカーとの間でサウンドがうまく変換される。有名なPultec/Tube-techのローエンドと実直なミッドレンジEQのおかげ。

クリストファー・ハリス(プロデューサー/ミックス・エンジニア。ベル・アンド・セバスチャン、ゴーストポエット、ベアーズ・デンを手がける)

例えば、有名なPultec式ローエンド・トリックを試してみてください。低周波数帯をブーストさせるフィルターと減衰させるフィルターの周波数がわずかにずれているので(同じ周波数ノブで操作するのですが)、ブーストと減衰を同時に行うと、魅力的でフォーカスされた凹凸や切れ込みをロー・エンドに作成できるのです。例えばキック・ドラムにコクを加えてみましょう。60 CPSで激しくブーストしてから減衰させて濁りを処理します。凹凸は残りますが濁りは除去されます。

ME 1B MK IIはPE 1C MK IIイコライザーと併用するように設計されており、PE 1C MK IIでは調整できない周波数を操作対象とします。これ自体があらゆるオーディオ素材の中域を形成できる優れたツールですが、PE 1C MK IIとの併用によって、多用途で機能が充実したイコライザーになります。

ME 1B MK IIのユーザー・インターフェイスはとても分かり易く、低周波数ピーク、中周波数ディップ、高周波数ピークの3つのセクションに分かれています。中域のセクションがブーストされることはなく、常に選択した周波数が減衰されるという点にのみ注意が必要です。低周波数と高周波数のセクションでは、常に周波数がブーストされます。しかし、Tube-Tech PE 1C MK IIイコライザーと一緒にME 1B MK IIを使用すれば、これらのイコライザーが互いを完全に補い合っていることがすぐにわかります。

Tube-Tech EQ Collectionには、2機が組み合わさったTube-Tech MK IIイコライザーと、オリジナルPE 1CおよびME 1Bイコライザーが含まれています。

概要

  • サウンドの向上。Softubeの最新の信号処理技術を使用してアップデート。
  • 目を見張る、新しい高解像度グラフィックス。
  • 変わることのない偉大なオーディオ・プロセッサー。
  • Pultecスタイルのローおよびハイ・エンド・イコライザー。
  • ミッドレンジ・イコライザーは、オリジナルと同じ真空管駆動、パッシブ設計。
  • 1つのプラグインに統合することで過去最高のワークフローとサウンドが実現。

Tube-Techについての詳細をご覧ください。

TUBE-TECHとPE 1Cの商標についての視覚的および聴覚的なすべての参照資料はLYDKRAFT社からの許可書に基づいて作成されています。 その他すべての商標はそれぞれの所有者の所有物であり、情報提供のみを目的として使用されています。

Tube-Tech MK IIサウンドデモ

Tube-Tech MK IIで制作されたサウンド

Tube-Tech MK IIサウンドデモTube-Tech MK IIで制作されたサウンド
Tube-Tech Equalizer Collectionデモビデオ
Tube-Tech MK IIプレゼンテーション

1.iLokアカウントにデモライセンスをデポジットします

iLok.comユーザーID: *
メール・アドレス: *
都道府県: *
年齢: *
職業: *
使用用途: *

2.インストーラーをダウンロードします

最新のインストーラーはダウンロードページで入手できます。

3.iLokアカウントにライセンスを転送します

必ず最新のiLok License Managerをインストールしてください。

このフォームを使用して20日間デモのライセンスを生成します。全てのSoftube製品にはiLokアカウントが必要ですが、iLok Smart Keyはオプションです(iLokについて)。

通常は即座にライセンスが生成されてiLok.comアカウントにデポジットされます。ただし、場合によっては最長で1営業日を要します。

※デモリクエストと同時にMI7 Japan Newsdeskに登録されます。iLok.comユーザーIDはwww.ilok.comへのログインに使用している名前でiLokに印字されているシリアル番号ではありません。