Solid State Logic XL 9000 K
  

スペシャル・プライス:Solid State Logic XL 9000 Kが驚きの20,900円!

Console 1オーナーへのオプションであるSolid State Logic XL 9000 Kは、Console 1に付属するSolid State Logic 4000 Eとは異なるサウンドを提供します。また、XL 9000 Kにはディストーションが内蔵されていないことから、SoftubeのチャンネルにはSSLの有名なVHD(Variable Harmonic Drive)回路も搭載しました。

Solid State LogicのSL 4000 Eは、その少々粗く先進的なサウンドで、ポップスとロックのための優れたコンソールとして広く知られています。一方、Solid State Logic XL 9000 Kの回路設計は、極端な帯域幅、最小限の位相シフト、非常に少ない歪みを実現させます。これによって、XL 9000 KはヒップホップとR&B向けの世界で最も人気の高いアナログ・コンソールのひとつとなりました。ソリッドで奥深いロー・エンドと広範な高域は、先進的で大きく幅の広いサウンドを得るために効果的であり、クラシックとアコースティックのオーディオ愛好家向けのレコーディングにも愛用されています。

VHDモデルを搭載
XL 9000 Kは非常にクリーンなコンソールです。さらに、歪みをクリエイティブに使うというオプションのために、Solid State LogicのVHD(Variable Harmonic Drive)回路のモデルが追加されています。これはDualityシリーズ・コンソールの一部であり、アルファ・チャンネル・プリアンプです。Console 1のDriveノブは歪みの量を決めます。Characterノブは、アナログ版と同様、追加する歪みを2次歪み(真空管寄り)から3次歪み(トランジスタ寄り)、またはこの中間に変化させます。

ゲートとコンプレッサーの広範なオプション
さらに、XL 9000 K for Console 1のShapeセクションには完全に制御できるゲート・ユニットがあり、PunchノブとSustainノブでRangeレベルとHoldレベルを操作できます。これによって、迅速なワークフローが優先されたSL 4000 Eモデルよりも、個別の操作がしやすくなっています。コンプレッサーはPeakモードとRMSモードとの切り替えができ、広範なオプションをもたらします。イコライザーはクリーンで滑らか、自然です。

歴史
初代の9000シリーズ・コンソールは1990年代半ばにリリースされ、アナログ回路設計の画期的な発明となりました。信号の完全な整合性と歪みの少なさを保つため、音響経路にはコンデンサーがまったく使われていません。2002年にリリースされたXL 9000 Kは9000シリーズの最新作であり、最も発達をとげているバージョンです。このバージョンはピーター・ガブリエルのRealWorld Studios、ワイクリフ・ジョンとジェリー・ワンダのPlatinum Soundの基幹システムとなっています。なお、マイケル・ブラウアーがElectric Lady Studiosで使っているのはもう少し前の9000 Jです。

概要

  • 広大で滑らかなサウンド
  • VHD(Variable Harmonic Drive)モデルを追加
  • ゲートとコンプレッサーの広範な機能
SSLのクリスとジムがSoftubeのヘンリクに9000シリーズのすべてを語る

1.iLokアカウントにデモライセンスをデポジットします

iLok.comユーザーID: *
メール・アドレス: *
都道府県: *
年齢: *
職業: *
使用用途: *

2.インストーラーをダウンロードします

最新のインストーラーはダウンロードページで入手できます。

3.iLokアカウントにライセンスを転送します

必ず最新のiLok License Managerをインストールしてください。

このフォームを使用して20日間デモのライセンスを生成します。全てのSoftube製品にはiLokアカウントが必要ですが、iLok Smart Keyはオプションです(iLokについて)。

通常は即座にライセンスが生成されてiLok.comアカウントにデポジットされます。ただし、場合によっては最長で1営業日を要します。

※デモリクエストと同時にMI7 Japan Newsdeskに登録されます。iLok.comユーザーIDはwww.ilok.comへのログインに使用している名前でiLokに印字されているシリアル番号ではありません。